2014年02月01日

Expansion 61.8上のダンス 5日目



私のメインブローカー、昨日までのスリッページは0件です。

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

全体として
クロス円は200Pps以上下げましたたが、ドルストレートはおとなしめの下げの展開となりました。

ユーロ円 200Pipsの下げ相場、 ポンド円 220Pipsの下げ相場
ユーロドル 90Pipsの下げ相場、 ポンドドル 70Pipsの下げ相場


ちっ(怒った顔) 投資家の習い がく〜(落胆した顔)
コンサルタントに薦められた通りに売っていればよかった

わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
それを逆目指標と呼ぶトレーダーがいる


実は先日複数の金融機関の投資アドバイザーがドルを売れと電話をかけて来た。 小口のドル預金者に直接電話するぐらいだから、マネージャーにはっぱ掛けられて「ドル売り注文」を必死にかき集めているのだろう。 話しを聞けば、今、売らねばならぬ理由のオンパレードだった。 先物で売りが溜まっているところに新興国通貨不安ネタが現われたのだから、目先下げることに不自然さはない。 でも、いったい、どれほどの大迫力でレートを下げたというのだろう? 私がコンサルタントのお誘いに乗ったかどうかは丸秘だが、ドル円現物の先行きは月足を観ている。 ちょうど一月が終わったところなので、簡単なドル円の月足分析図を掲載する事にしよう。

USDJPY 2014 0204.jpg

あくまでも私個人の相場の見え方だ。 大手金融機関のコンサルタントと予想の力量を比べようってわけではないし、皆さんに特定の投資をお薦めしているわけもないし、ドル円の今後の展望を示唆しているわけでもない。 勘違いはしないでほしい。


東京時間 ユーロ円
営業時間外なので外野スタンドからヤジを飛ばしております。 80Pips下げてはいるが、この戻し方では戻り売りはできませんね。 利確ルール次第だけれども、一分足だとダブルゼロ近辺での呼吸が合わず、苦労しそうな気配だ。 ユーロ円も似たような雰囲気だ。

頑張れ東京市場!
アベノミクスで世界経済にを入れてやれ!



ロンドン時間 ユーロ円
下げの調整局面で店開きとなった。 戻り売りも逆張りも機会を逸しているので、局面が変わるのを待つしかない。 
17:30トレンド認定した。 17:45ダブルゼロ順張りは御法度だ。 18:15押しを付け始めたがダブルゼロなのでやる事はない、観ているだけだ。 18:55下げトレンド認定、戻り売りに備える。 19:25戻りを付け始めた。 はい、これです。
19:45 戻り売り

ポンド円は、19:40に戻り売りですね。


ニューヨーク時間 ユーロ円
下げ調整局面でニューヨーク時間となった。 21:40 下げトレンドが再開し、レートがダブルゼロに近づいて行く。 逆張りサインを見落とさないように気をつける。 22:20 孕み足ではサインにならない。 戻り売りサインに気をつける。 23:10 戻り売りサインだが損切り幅越えなので見送る。 25時に店仕舞い。

月末になったので、損益の勘定をすることにしよう。

いくらになったかは丸秘だ。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)
お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg


FXプライムもすべりませんね〜
FXプライム(アプリS) 468×60

損小利小が持ち前の短期トレーダーにとって「スリッページ」発生率は命と同じだ。 スプレッド小さくてよく滑る業者とか、約定力が高くてよく滑る業者は、確率的優位性が台無しになるので本当に使えない。


−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−
継続して収益を上げている現役トレーダー(お師匠様)に教わるのが上達の早道です。 松下先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、シンプルな投資方法を発見してから利益を上げ続けている方です。 私も一時期お世話になっておりました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みいただけます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 


posted by 南部藩札 at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

FX 勝率と儲けの関係

デル株式会社

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

FXで儲ける為には勝率を上げなければいけない。 これが事実ならば、勝率が5割を上回らないと儲けられません。 したがって、さらに儲ける為には、勝率を7割、8割と上げる事が必要になります。 これは、「勝率=収益高」と信じているため、「トレードの上達=勝率の向上」と自動的に信じこむからです。 勝率と獲得Pips(表の4段目)の関係を表にしてみましょう。

Average Panta.jpg


他方、勝率と獲得Pipsに関するトレーダーの捉え方は下表のようになっています。 (表の4段目が獲得Pipsです。)

Risk Reward.jpg

なんと、勝率が50%を下回っても儲けられます。 最悪の場合、勝率が20%でも儲けが出ます。 負けているのに儲かっているではないか!

なにがちがうのか? リスク・リワード比の考えを受け入れているかいないかが違っています。

例えば、ブレイクアウトを多用するトレーダーは、リスク・リワード比を1:5に設定していることがありますが、この場合、20勝80敗で200Pips儲けています。 200Pips儲けるために必要な勝率をリスクリワード比別にみてみましょう。
1:1では、勝率60%
1:2では、勝率40%
1:3では、勝率30%
200Pipsの儲けを得ることにたいして、勝率は何の影響力もない事が分かりますか。

トレードで儲けるためには、勝率を上げるのではなく、自分のトレード手法に適合するリスク・リワード比を、売買ルールのコンセプト作成の段階で決めておく事が大事です。


100トレードしてたったの200Pips
しか儲からないないようなルールなんかいらない? 

そう思う方は、200Pipsの価値を勘違いしています。 下表は、損切り幅から必要投資資金高を速算した表です。

Investment.jpg

この速算表によると、100Pips当たりの利回りは投資資金高の5%から20%になります。 百トレードするために一年かかったとしても、往年の銀行定期預金年利5%を越えているので、これは「成功したビジネス」になります。

すると、200Pipsの利回りは、10%から40%になります。 最小でも、往年の銀行定期預金の2倍以上の利回りを産んでいます。 実業界で年間40%の純利益をもたらすビジネスを持っていれば、「金を払うからそのビジネスを売ってくれ」と言う人が現れます。 有名なファンドマネージャーが運営するファンドでも、年間30%以上の利回りを毎年生むのは至難の業です。 投資一億円当たり年間4千万円の純利益を毎年確実に生み出すビジネスは世の中にどれだけありますか?

200Pipsを嘲笑っているから儲けられない

100Pipsあたりの収益金額は、貴方の必要投資資金に比例して、十万円、百万、千万、一億…、変化するだけの事です。 こんなルールじゃ儲からないのではなく、儲けられるように資金運用できていないのが本当のところです。


わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
金額は虚像、利幅と利回りは実像


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝


−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−

実際に継続して収益を上げている現役のトレーダーに教わるのが上達の王道です。 松下先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、簡単な利益の上げ方を発見して利益を上げ続けている方で、私も一時期お世話になっておりました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みください。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 





posted by 南部藩札 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

FT2 登録キーの再取得

FT2Long.jpg


当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

先日購入したトレード用パソコンにForex Tester2のお試し版をダウンロードし動作確認を取った。 数日間使ってみて調子よく動いていたので、DELL XPS 8700 & Windows8.1 のハードウェア環境に対してForex Tester2の登録キーを再発行してもらった。

今後、同じ経験をする方が現れると思うので、再発行プロセスに必要な入力情報を共有してほしい。 12月23日掲載「FT2を新しいパソコンに引っ越しさせるにはどうするのか。」も併せてお読みくだされば内容的に十分かと思われます。

再発行プロセスは次の通りです。
お試し版の「ヘルプ→プログラムの登録」→「登録キーを持っていません」→「はい、既に購入し、登録キーが必要です。」の順にやっていけば、メールで新しい登録キーが届きます。

この時に必要な入力情報は次の通りで、Forex Tester2購入時に届くメールにほとんどの必要入力情報が記載されています。

Your Name (as it was on your order):
   太郎 山田
order number:
   xxxxxx
email address:
   xxx@xxx.xxx.xxx
Reason to request the registration key:
   HardwareID was changed ←プルダウンメニューより
Old registration key:
   xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Message (describe the reason for changing the key):
   I've purchased a new desktop pc. ←キーボードから入力

以前に登録キーを再発行してもらっている場合、Old registration keyは直近の登録キーになりますので注意してください。

万が一、新しい登録キーが無効になってしまう場合、登録キーを知らせてくれたメールに次の文章でリプライして下さい。
--------------------------------------------------------------------
Hello,
The key you sent me is invalid. My new HardwareID is XXXXXXX.
Please send correct key.

Thanks,
Taro
--------------------------------------------------------------------
個人的な経験則では、メールが一往復するのに半日かかります。

何をどう監視しているのかはわからないが、下記のようなことをするとForex Tester2は動作しなくなる。 そんな時は「登録キーを再発行」してもらわなければならない。

   *別のパソコンにインストールした
   *O/Sを再インストールした
   *O/Sをアップグレードした(XPから7など)
   *インターネット・プロバイダーを変えた


無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
メンタルコントロールを知りたい方は、このバナーをクリックしてメールアドレスを登録しましょう。 サイコサイバネティクスの無料レポートをダウンロードできます。





お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝




posted by 南部藩札 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Forex Tester2 | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

クロス円、20週移動平均下抜け



私のメインブローカー、昨日までのスリッページは0件です。

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

全体として
ユーロドルは若干揺れましたが、他の通貨は大きく値を下げた日となりました。 とにかくレートが動いてくれないことにはトレード稼業上がったりなのだが、ルールがはまるかどうかは相場が動いてみないと分からない。 
ユーロ円 170Pipsの下げ相場、 ポンド円 400Pipsの下げ相場
ユーロドル 60Pipsの上げ相場、 ポンドドル 150Pipsの下げ相場


利幅が取れれば嬉しいし、損が出れば悔しい、出番がなければ不安だ、人間だからそう感じて当たり前だ。 
しかし、何百Pips上げようが下げようが出番がなければ、今日は確率的優位性を発揮できない日だったということだ。 この日に出番がなかったことと、トレードの収益には何の因果関係もない。 また、トレードで勝とうが負けようが期待値分のPipsが仮想口座に「ちゃりん、ちゃり〜ん」と積み上がるだけだ。

ちっ(怒った顔) 投資家の習い がく〜(落胆した顔)
一昨日は5万損したけど、昨日10万儲かった

わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
締日が来るまで金勘定をしてはいけない

プロのギャンブラーはテーブルを離れてから金勘定をします。 ゲームの最中に金勘定をすると金額に気を取られてギャンブルがおろそかになるからです。 これと同じことで、FXトレードの最中に金勘定やPips勘定をすると、損を穴埋めしたくなったり、一獲千金を狙ったり、利益を守ったりして、ルール違反トレードを始めてしまいます。 これを防ぐために、自分で決めた締日が来るまで金勘定をしないというルールを作ります。 締日ではなく、100トレード毎といった「一定のトレード回数」でもいいでしょう。


東京時間 ユーロ円
営業時間外なので外野からヤジを飛ばします。 損切りにはなるけれど、09:40ダブルゼロ逆張りだね。 12:05〜12:25にもダブルゼロ逆張りのチャンスは来るけれど、蝋燭足パターンが合いません。 調整局面ですが上げトレンドがまだ生きている時間内なので、14:40の迷い足+包み足がダブルゼロ逆張りのサインです。
ポンド円は、08:45押し目買い、09:20ダブルゼロ逆張り、ってな感じでしょうか。

頑張れ東京市場!
アベノミクスで世界経済にを入れてやれ!



ロンドン時間 ユーロ円
下げの初動が始まったところで店開きとなった。 15:15下げトレンドを認定、15:35戻りをつけ始めた。 
15:45 戻り売り

レートがもう一段戻っていったので損切りとなるが悔しがる必要はない。 勝とうが負けようが仮想口座に期待値分のPipsが積み上がったのだ、ありがたい、ありがたい。
17:15 ダブルゼロ逆張り

ダブルゼロから反落したレートは、19:45に目先底をつけて戻っていく。 レートが落ちていったので利幅が取れたのだが喜ぶ必要はない。 勝とうが負けようが仮想口座に期待値分のPipsが積み上がったのだ、ありがたい、ありがたい。

20:45 戻り売り

レートがもう一段戻っていったので損切りとなるが悔しがる必要はない。 勝とうが負けようが仮想口座に期待値分のPipsが積み上がったのだ、ありがたい、ありがたい。

ポンド円は、16:10戻り売り、17:55戻り売り、18:15~45イベントによるトレード中断、でしょうか。


ニューヨーク時間 ユーロ円
目先底から上げトレンドが発生したところでニューヨーク時間となったのだが、22:15にはらみ足が出た直後に、レートが反落していった。 理由はわからなくていい、目の前のチャートがすべての事実を語っている。
戻り売りのサインを見逃してはいけない。 これだ!
23:40 戻り売り(綾戻しだが移動平均反落している)

ダブルゼロを紙のように突破して、24:35に戻りをつけ始めた。 レートが落ちていったので利幅が取れたのだが喜ぶ必要はない。 勝とうが負けようが仮想口座に期待値分のPipsが積み上がったのだ、ありがたい、ありがたい。 戻り売りのサインが出る前に閉店時刻となりました。

ポンド円は、23:40に戻り売りサインが出るのだが、損切り幅制限に引っかかるので見送りとなる。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)
お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg


FXプライムもすべりませんね〜
FXプライム(アプリS) 468×60

損小利小がモットーの短期デイトレーダーにとって「スリッページ」発生率は収益性を左右しかねない頭の痛い課題です。 スプレッドは小さいがよく滑る業者とか、約定力が高くてよく滑る業者は、確率的優位性が台無しになるので本当に使えない。 甘い言葉や見てくれに惹かれると、とんでもない目にあう。


−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−
継続して収益を上げている現役トレーダー(お師匠様)に教わるのが上達の早道です。 松下誠先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、シンプルな投資方法を発見してから利益を上げ続けている方です。 私も一時期お世話になり目の覚める思いをしました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みいただけます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方、収益が不安定で伸び悩んでいる方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 



posted by 南部藩札 at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

クロス円、20週移動平均下抜け二日目



私のメインブローカー、昨日までのスリッページは0件です。

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

全体として
昨日、一昨日と、同じようにユーロドルは若干の揺れに終始し、他の通貨ペアが大きく値を動かす展開となりました。 ルールがはまるとか、はまらないとかすら気にならなくなってきた今日この頃ですが、値動きに興味がなくなったわけではありません。 一銭の儲けにも繋がらない苛立ちが一つ減ったように思えるが、良い兆しかどうかも気にしないことにしよう。

ユーロ円 130Pipsの上げ
ダブルゼロ攻防戦の両端に短い上げトレンドがついているチャートではどうにもなりません。

ユーロドル 50Pipsの調整
レンジ相場のルールがある人は稼ぎになったかもしれません。

ポンド円 200Pips越えの上げ
東京時間とロンドン時間のトレンドで順張りできたかどうかでしょう。

ポンドドル 120Pipsの上げ
ロンドン時間からニューヨーク時間の下げで順張りできればラッキーですね。


ちっ(怒った顔) 投資家の習い がく〜(落胆した顔)
ルールがチャートにはまらないんだよ...

わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
ルールに言い掛かりをつけても始まらない


チャートにルールがはまったとか、はまらないいうのは結果論です。 本来トレードの結果は未知で不定なので、「原因と結果の因果関係が分からない」ものです。 なのに、チャートの流れにルールがはまらないから、エントリーができない、利益が取れない、損をすると、自分が思うようにならない現実に直面している「原因はルールにある」のだと難癖をつけているわけです。 言い掛かりも甚だしいのですが、わかりますでしょうか?

トレードの原則は「確率的優位性のある行動を繰り返してトータルでプラスに持っていく」ことです。 売買ルールは「このサインでエントリーすれば確率的優位性がある行動をとれる」と言っているだけ。

売買ルールは、
勝率が高いトレードのサインを点灯させているのではないし、
一回でも多くエントリーできるように知らせているのでもない。



東京時間 ユーロ円
営業時間外なので外野からヤジを飛ばします。 11:15ダブルゼロ逆張りですね。 そのあとはどうにもならない。 ポンド円も同じタイミングで逆張りなのですが、こちらはダブルゼロではないので私は見送ります。

頑張れ東京市場!
アベノミクスで世界経済にを入れてやれ!



ロンドン時間 ユーロ円
下げトレンドが30Pipsの長大な包み足で反転したところで店開きとなりました。 はい、押し目買いですよ、押し目買い。 これです。
18:30と18:50に押し目買い

19:20の押し目買いは損切り幅越なので見送りです。 ちっ(怒った顔)たった45分で損切り二連発のうえに見送りだ、とほほ...がく〜(落胆した顔) たった45分で期待値分のPipsが「ちゃりん、ちゃり〜ん」っと2回積み上がったのだ、あ〜、ありがたい、ありがたい。 何を嘆いているんだ???
18:45ダブルゼロ逆張り

こちらも見事に損切りとなりました。 やぁ〜、ほんとありがたいわ。 また、「ちゃりん、ちゃり〜ん」だよ。 三連敗するとめげるのが素人悪いところ、損をしていると信じているから仕方ないんだけどね。 それ、いけ! 「ちゃりん、ちゃり〜ん」だ!
19:40押し目買い

この仕組みが納得できないと四連敗が怖くて見送るんだろうな。 そして、見送ると利益が乗るんだよ。 かつての自分もそうだった。

ポンド円は、18:45が切込みなので押し目買い見送り、天井のダブルトップは汚くて入れない。


ニューヨーク時間 ユーロ円
ダブルゼロ攻防戦の真っ只中でニューヨーク時間となった。 気持ち移動平均線が上向いているように見えなくもないが、上がった内には入らないね〜。 攻防戦の決着を見ることもなく、店じまい時間前のポジションクローズシーケンスに取り掛かる。 お〜、高めで利確できた。 勝っても負けても「ちゃりん、ちゃり〜ん」。 四連敗も三勝一敗も違わないのだよ。 勝率20%で200Pipsの利益が見込めるルールだってあるんだよ。 そのためには、確率的優位性のある行動を繰り返す、それが一番大事なことだ。

ぼんやり見ているとポンド円は取り付く島なしの調整局面に見えるが、時間と値幅に着目して良く良く観ると、18:5の目先天井から60Pips落ちてきた下げトレンドで、23:10に目先底を付けている。 23:45にダブルボトム+包み足し逆張りのサインが出ている。 トレーダーが「時間と値幅」の視点を置き去ってはいけない。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)
お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg


FXプライムもすべりませんね〜
FXプライム(アプリS) 468×60

損小利小がモットーの短期デイトレーダーにとって「スリッページ」発生率は収益性を左右しかねない頭の痛い課題です。 スプレッドは小さいがよく滑る業者とか、約定力が高くてよく滑る業者は、確率的優位性が台無しになるので本当に使えない。 甘い言葉や見てくれに惹かれると、とんでもない目にあう。


−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−
継続して収益を上げている現役トレーダー(お師匠様)に教わるのが上達の早道です。 松下誠先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、シンプルな投資方法を発見してから利益を上げ続けている方です。 私も一時期お世話になり目の覚める思いをしました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みいただけます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方、収益が不安定で伸び悩んでいる方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 



posted by 南部藩札 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

クロス円、20週移動平均下抜け三日目



私のメインブローカー、昨日までのスリッページは0件です。

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

概観
三日連続でユーロドルは若干の揺れに終始し、他の通貨ペアが行って来い相場を繰り広げました。 要は、大勢に変化なしということ。 体制に変化なくても利幅が取れるのが、デイトレのいいところだね。

EURJPY, 90Pipsの行って来い;
利がどれだけ乗ったかはさておき、東京時間の下げ順張りをホールドできた人はおめでとう。 ロンドン時間は、上げたいのか下げたいのかさっぱりわからない。 イベントに振られてレートが動いたニューヨーク時間は、取り付く島がない。

EURUSD, 50Pipsの調整;
大山鳴動鼠一匹、二度のイベントで限定的な動揺が発生しただけだ。 できることは何もありません。

GBPJPY, 210Pips越えの行って来い:
東京時間に順張りしたポジションをイベント(イギリスPMI)前まで持っていられればラッキーだ。 イベント後に順張りできれて次のイベント(ADP)まで持っていられれば、さらに利幅が取れたでしょう。 本日底値からの切り返しに続く上げトレンドを5分足でとるのは無理でしょうね。 イベントかわしつつこれだけ取れれば、お腹一杯でしょう。

GBPUSD, 90Pipsの行って来い;
ロンドン時間はイベント(イギリスPMI)前にかすめ取れればラッキー、イベント後は入れない。 本日底値からの切り返しで逆張りできるかはルール次第ですね。 その後の上げはイベントによるものなのでトレード対象外だ。


ちっ(怒った顔) 投資家の習い がく〜(落胆した顔)
俺は本番には強いんだ

わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
本番では練習した以上のことはできません


トレーダーにとって練習とは、検証済ルールに従って行うバックテストに他ならない。 本番で練習以上の実力を出せるということは、「ルール違反」トレード以外の何物でもない。 日ごろの練習を怠らないから、本番で反射的に体が反応するのだが、これが分からない素人の目には超人技に見えてしまう。

練習通りやれば、ルール遵守率100%だ



東京時間
営業時間外なので外野からヤジを飛ばします。 
ユーロ円は、10:30戻り売り以外に見当たらない。 ポンド円は、09:55と10:55に戻り売り、12:40ダブルボトム逆張り、13:25押し目買いでしょうか。 ユーロドルは、スルーだね。 ポンドドルも、スルーだね。


ロンドン時間 ユーロ円:
ダブルゼロ攻防戦の真っ只中に店開きです。 ダブルゼロ順張りは御法度なので観ているだけ。 トレンドを確認して順張りするのがセオリーです。 これです。
18:55戻り売り

ショートポジションをとった直後にダブルボトムが出現した。 レートがダブルゼロ目指して上げていくトレンドができた。 ロングのポジションを持っていないのでダブルゼロ逆張りに備える。 これです。
18:55ダブルゼロ逆張り

55Pips下げた後に戻り売りのサインが出ないまま、ニューヨーク時間に突入した。

ポンド円とポンドドルは、入れない。 ユーロドルは15:40にダブルゼロ逆張りの局面だが、私のタイミングではない。


ニューヨーク時間 ユーロ円:
動意不明の局面でニューヨーク時間となった。 ADPなのでトレードは中断だ。 なぜか走らないがレートが上がり始めた。 ダブルゼロ逆張りに備えるが、蝋燭足パターンが合わないので逆張りを見送った。 直後に、ISM非製造業のイベントでトレードは中断だ。 サインが出ないまま閉店時刻になった。

ポンド円の上げは押しを付けなかったので入れない。 ポンドドルはイベントによる上げなので入れない。 ユーロドルの上げ下げはイベントによるものなので入れない。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)
お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg


FXプライムもすべりませんね〜
FXプライム(アプリS) 468×60

損小利小がモットーの短期デイトレーダーにとって「スリッページ」発生率は収益性を左右しかねない頭の痛い課題です。 スプレッドは小さいがよく滑る業者とか、約定力が高くてよく滑る業者は、確率的優位性が台無しになるので本当に使えない。 甘い言葉や見てくれに惹かれると、とんでもない目にあう。


−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−
継続して収益を上げている現役トレーダー(お師匠様)に教わるのが上達の早道です。 松下誠先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、シンプルな投資方法を発見してから利益を上げ続けている方です。 私も一時期お世話になり目の覚める思いをしました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みいただけます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方、収益が不安定で伸び悩んでいる方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 



posted by 南部藩札 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.