2014年08月01日

相場に元気がないのはイエレンのせいか???

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.

概況
トレードできるチャートは結果的にボラが小さく、順張りでも逆張りでも利鞘を抜くことができません。 トレードコンセプト次第なので、一分足だからといって荒稼ぎできるはずもない。 イエレンが辞めてくれれば少しはましになるんじゃないかと、言いがかりをつけて気を紛らわすことにしよう。
ん? 任期は最低四年… orz

当日のイベント
15:00【独逸】小売売上高指数
15:00【英国】ネーションワイド住宅価格
16:55【独逸】失業者数
18:00【欧連】失業率
18:00【欧連】消費者物価指数(HICP)
21:30【米国】新規失業保険申請件数
22:45【米国】シカゴ購買部協会景気指数


GBPJPY ポンド円:
単発の下げトレンドの後が調整では、利鞘を抜き取ることは難しいでしょう。 18:30頃から始まる戻しで順張りサインが現れています。 後付チャートでみるとサインらしく見えないのですが、レートの相互関係と蝋燭足3本で反転パターンを識別しているので仕方ない事です。 ここから下げトレンドが再巡行しているチャートになっていたとすれば、それこそサインらしく見えるのです。
とにかく、サインが現れたなら、全ての思考(実は妄想)をかなぐり捨ててエントリーすることが大事です。 なぜなら、確率的優位性がある行動を繰り返し行うことにより、トータルでプラスになるからです。

5分足の動き
全日 ボラ 60Pips、実体 30Pips、陰線
調整  20Pips  6.5H 当日高値
下げ  60Pips  3.0H 当日安値
戻し  30Pips  3.0H 新規失業保険申請件数
調整  30Pips 11.5H
サイン
19:45、5分足、戻り売り、移動平均反落


EURJPY ユーロ円:
まるで、水面に浮かぶ浮きのように、レートがぷかぷか浮き沈みしていますというか、レート自体が浮きを動かしている波ですね。 こんな程度の波ではサーフィンを楽しむこともできません。 アイスでも食いながら、「動かねぇなぁ」と観ているのが、トレーダーの仕事です。

5分足の動き
全体 ボラ 30Pips、実体 20Pips、陰線
調整  30Pips 24.0H
サイン
売買サインは現れていません


GBPUSD ポンドドル:
ネーションワイド住宅価格の発表後に60Pipsの下げトレンドが発生しています。 レートの下げ全体の三分の二辺りで戻りをつけ、順張りサインが現れています。 下げトレンドが再巡行するかのように見えるのですが、突然レートが上昇しています。 相場で何があったか知る必要はありませんが、相場の先を読むのは本当に無意味だと、改めて思わせられるチャートです。

5分足の動き
全体 ボラ 70Pips、実体 40Pips、陰線
調整  20Pips  6.0H 当日高値、
下げ  60Pips  2.0H 当日安値、ネーションワイド住宅価格
戻し  20Pips  3.0H
下調  30Pips  2.0H 新規失業保険申請件数
上調  30Pips  1.0H
調整  10Pips 10.0H
サイン
20:05、5分足、戻り売り、移動平均反落


EURUSD ユーロドル:
ダブルゼロ下10Pipsを、一日中右往左往しているチャートなのでトレードできません。

5分足の動き
全体 ボラ 30Pips、実体 10Pips、上付き迷い陰線
調整  30Pips 24.0H
サイン
売買サインは現れていません


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





posted by 南部藩札 at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

ポンド円、5波下げトレンド発生

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.

概況
トレンドが発生したから利鞘が取れるのなら、誰でも相場で簡単に儲けられるだろう。 トレンドに乗って儲けるというのは推論の順序が逆転しており、カモを呼び込むセールストークか、素人の戯言だ。 また、利鞘を抜き取ることに苦楽を感じるのは、勝とうとしている未熟者の証しであり、相場ではどんな愚か者でもたまには利益を上げることができる。

トレードにおける三つの原則
正しい銘柄を間違ったタイミングで買えば損をする
間違った銘柄でも正しいタイミングで買えば儲かる
価格が上がる原因は、売りを上回る買いが存在するからだ

オリバーペレス

こういった問題自体に熟達するための答えが隠されているのに気が付かないから、いつまでたってもトレーダー気取りの未熟者のままなのだ。 


当日のイベント
16:55【独逸】製造業購買担当者景気指数(PMI)
17:00【欧連】製造業購買担当者景気指数(PMI)
17:30【英国】製造業購買担当者景気指数(PMI)
21:30【米国】雇用統計
21:30【米国】個人所得
21:30【米国】個人消費支出(PCE)
21:30【米国】個人消費支出(PCEコア・デフレーター)
21:30【米国】非農業部門雇用者数変化
22:55【米国】ミシガン大学消費者態度指数・確報値
23:00【米国】ISM製造業景況指数


GBPJPY ポンド円:
ポンド系のメインイベントで下げトレンドがフライング気味に始まっています。 18:00頃の戻しは早すぎるので見送ります。 19:00頃に戻しをつけ始めていますが、天井が平らなためサインが現れません。 米国の雇用統計を挟んで60Pipsの下げトレンドが再巡行し、22:30頃から戻しをつけ始めています。 米国の製造業PMIをきっかけに戻り天井をつけ、ためらったあとに、50Pips垂直降下しています。 26:00頃につけた目先底が当日安値となり、頭二つの戻りを作ったところで今週が終わっています。

5波で構成される下げトレンドですが、イベントが近接しているのでタイミングが取れずトレードはやりにくいでしょう。 一回目の戻しは天井が分からず順張りできません。 調整の目的がイベント待ちの場合は、順張りサインが現れたとしてもイベント前にポジションをクローズするので利鞘は採れません。 二回目の戻しは天井が警戒対象イベントなのでトレード対象外です。 一分足でも同様にイベントを避けるので、ポイントはトレンド終盤の23:48と24:34あたりかもしれませんね。

5分足の動き
全日 ボラ 150Pips、実体 110Pips、大陰線
調整  30Pips  8.0H 当日高値
下げ  70Pips  3.0H 英製造業PMI
戻し  20Pips  1.0H
下げ  60Pips  2.0H 米雇用統計
戻し  30Pips  0.5H 米ISM製造業景況指数
下げ  70Pips  2.0H 当日安値
戻し  30Pips  3.0H
サイン
売買サインは現れていません


EURJPY ユーロ円:
12時間半かけてダブルゼロ手前までレートが上昇して、雇用統計に20Pips幅で反応しています。 レートの動きを作ったのは、むしろ、ISM製造業景況指数の方でしょう。 ダブルゼロから単発の下げトレンドが発生して戻しをつけていますが、順張りサインは現れていません。 その後レートは調整に入っています。

5分足の動き
全体 ボラ 40Pips、実体 10Pips、迷い陽線
上調  40Pips 12.5H 当日高値
下げ  40Pips  2.5H 当日安値、米雇用統計、ISM製造業景況指数
戻し  20Pips  1.0H
調整  20Pips  4.5H
サイン
売買サインは現れていません


GBPUSD ポンドドル:
同じポンド系ですが、ポンド円とは雇用統計後のチャートの形が違っています。 ロンドン時間に発生しているイベント主導の下げトレンドは19時頃に戻しをつけていますが、天井の蝋燭足パターンが合わないので順張りを見送ります。 雇用統計後のチャートは汚くて、トレードできません。
一分足でもイベントを避けるので、ロンドン時間の下げトレンドは採れません。 目先底をつけた後の調整は戻しというよりもレンジに近いでしょう。 雇用統計後の21:44あたりがポイントかもしれません。

5分足の動き
全体 ボラ 80Pips、実体 70Pips、陰線
調整  20Pips  8.0H 当日高値、
下げ  70Pips  2.0H 英製造業PMI
戻し  20Pips  1.0H
下調  30Pips  1.5H
上げ  50Pips  0.0H 米雇用統計
押し  40Pips  0.5H
上調  40Pips  2.0H ISM製造業景況指数
下調  40Pips  5.0H
サイン
売買サインは現れていません


EURUSD ユーロドル:
イベント主導で発生した単発トレンドですから、トレードチャンスはありません。 ISM製造業景況指数イベントを避けるので、22:50は順張りサインではありません。

5分足の動き
全体 ボラ 70Pips、実体 40Pips、上髭陽線
調整  20Pips 12.5H 当日安値
上げ  60Pips  2.5H 当日高値、米雇用統計、ISM製造業景況指数
押し  20Pips  0.5H
調整  20Pips  4.5H
サイン
売買サインは現れていません


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





posted by 南部藩札 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

確率的優位性を検証できる時間軸はどれか

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


結論を先に言うと、確率的優位性を検証できるのは「1時間足よりも短いチャート」です。

確率的優位性は大数の法則を利用していますから、売買ルールの検証には少なくとも1000ケース以上の標本サンプルが必要になります。 自分が気づいたトレードアイディアの雰囲気を知る程度ならば、250ケース程度でいいでしょう。 FX専業の私の場合、1000ケースの検証に必要な時間は、FT2(ForexTester2)で5日程度です。

得られる標本サンプル数は、時間軸が長くなるほど減り、時間軸が短くなるほど増えますので、時間軸が長くなるにつれて確率的優位性の検証が困難になります。 例えば、ダブルゼロ逆張りの確率的優位性を検証する場合、日足以上になると標本サンプル数が足りませんが、1時間足よりも短くなると十分な標本サンプル数を得られます。

したがって、長時間軸のトレードは予想や直観で当てるギャンブルになりますが、確率的優位性を検証できる短時間軸でのトレードは、ローリスク・ハイリターンの金融ビジネスです。

では、そもそも、短期デイトレードの優位性とはどこにあるのでしょうか。 考えてみましょう。

一般的に、デイトレードに始まる短期投資は投機と呼ばれる、ギャンブルに等しい危険な投資と信じられています。 他方、経済分析と景気予測と経済理論を活用している中長期投資は、大金を運用するリスクはあるが投機よりもはるかに安全だと信じられています。

しかし、トレーダーの視点では違ったとらえ方になります。 好い投資とは、
◆ 資金エクスポージャーが低く
◆ 利回りが高く
◆ 資金回転率が高い
ものになります。

例えば、千万円を1年間建玉して利回り20%を目標とする投資よりも、十万円を1日建玉する利回り1%の投資を二百回複利投資するほうが好い投資となります。 エクセルで計算すると、どちらが儲かるかすぐ分かります。 複利投資の初期は少額の儲けですが、繰り返すことにより恐ろしい勢いでお金が増えていく様子が分かるでしょう。 確率的優位性を利用すると1トレード当たりの期待値を算定できますから、これを使って計算します。

一般的に、建玉期間が長くなるほど損をする可能性が高まり、決済期間が長くなるほど資金回転率が劣悪になり再投資の機会を失います。 また、損失引当は投資高と投資期間に依存して増えますから、短期投資の方が死金が小さくすみます(資金運用率が高い)。 したがって、長期投資はハイリスク・ローリターンで、デイトレードに始まる短期投資はローリスク・ハイリターンとなります。 ウォール街の連中は、顧客にバイアンドホールドによる場外ホームラン狙いを奨め、自分たちは短時間で目先の数ティックを抜くことに血道をあげているのは、これが理由です。

利回りとリスクだけでは片手落ちなので、肝心な儲けるプロセスを比較してみましょう。 デイトレードは確率的優位性を用いますが、中長期投資は予想を用います。 確率的優位性は統計的事実ですが、予想は希望や期待です。 コイン投げの結果を予想しても、表が出る確率が二分の一であることは変わりません。 高度な予想を繰り広げる事によって将来が確定されることはありません。 これが予想の致命的な欠点です。 不確定な将来を相手に安定した収益を上げ続ける方法は、確率的優位性のある行動を繰り返し実行する以外にありません。 これは、ラスベガスのカジノ場とプロギャンブラーが実際に使用している儲けの方法論です。

銀行が長期貸し出しに対して担保を取るのは、自分が大博打をうっている自覚があるからです。 銀行同士が無担保で短期貸をしあうのは、リスクを限定できる商取引だからです。 銀行が短期貸だけに走らないのは、複数市場に多角投資できる巨大な資金を持っているからです。

投機に走るものは愚かで、投資を行うものは賢いうえに崇高だと考えられていますが、本当でしょうか。


以下、笑い話です。 時間のある方は読み進めてください。


FXで儲けている人たちには、株から流れてきた人たちが少なくない。 株取引の文化に染まってきた人たちは外国為替(FX)の相場で、持ち前の知識、経験、哲学、情報、技法を披歴する。 何を考え何をしようと個人の自由だから構わないのだが、一部の人たちは私の平凡な日常生活に笑いを与えてくれる。 

「日足で儲けられないならデイトレは無理だ」
「タネが小さいなら他の仕事をしたほうがいい」

は、そのうちのひとつだ。 なぜ、笑ってしまうのだろう? それは、バイアンドホールドのような中長期巨額投資で「大儲けすること」が価値判断基準になっていて、再投資と利回りとリスクの視点が欠落しているからだ。

トレードはれっきとした金融業であり、およそ金融業に関わって収益を得ようとするならば、儲けるためのプロセスが事業の生命線を握る。 資金高と収益高は事業規模に過ぎない。
◆ 貸出先
◆ 利率
◆ 貸倒引当
◆ 資金回転率
儲けるためのプロセスがしっかりしていれば、時間の経過とともに、嫌でも事業規模が拡大していくのが金融業のうまみだ。 事業が順調に成長していると、この事業に投資したり、手数料ビジネスを展開して、おこぼれにありつこうとする者が現れるのが金融業の実態だ。
しかし、株で儲けた人たちは、儲けるためのプロセスを抜きにして、勝負に勝つことに喜びを見出し、金持ちだから大儲けできると自慢するのだから笑わずにいられない。 博打うちの武勇伝に学ぶものは何もない。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





タグ:FX 専業 ルール
posted by 南部藩札 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

皆が愛する安定した相場

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.

概況
師匠は、この相場状況をいつもの夏枯れ相場だという。 何もしないのに時間ばかりが過ぎていき利益が得られないのだから、ほとんどの人にとって耐え難い苦痛だろう。 困難な局面でも何とかして儲けたいと思うのは人情だが、レートが動かない時でも利鞘を採れようになることが熟達ではない。

実は、夏枯れ相場は未熟者が「無作為の技」を体得する時期だ。 レートが動かなければ採れないという、当たり前のことを意の腑に落ちるまで納得できているか、収益が伸びない自分の売買ルールを信用できているかがはっきりするからだ。 信じられないだろうが、何とかして儲けようとする自分が心の中から消え去れば熟達である。

あることがきっかけで破産したリバモアは、再起をかけて、懇意にしているブローカーから金を借りた。 普通のトレーダーならば、とりあえず資金を小幅に増やそうと目先の建玉に走るのだろう。 しかし、リバモアは相場をよくよく観察し、自分の売買タイミングが訪れるまで、3か月以上建玉しなかった。 自分のルールに従って仕掛けたトレードは利益を生み出し、リバモアは自分の資金管理規則に従って、一定の評価益に達した時に持ち株を担保に追撃を仕掛けた。 このたった一回のトレードで、リバモアは相場の世界に戻ってきた。 私が思うに、リバモアは半年でも一年でも、自分の売買タイミングが訪れるまで根気よく待ち続けたに違いない。


当日のイベント
17:30【英国】建設業購買担当者景気指数(PMI)
18:00【欧連】卸売物価指数(PPI)


GBPJPY ポンド円:
ドイツ時間に単発の下げトレンドが現れ、その戻しで順張りサインが複数現れています。 後発のサインの出現を知ることはできないので、最初のサインで売ります。 レートはもう一段上がってから下げていますが、直近下げトレンドの目先底付近で反騰して、ゆっくりとダブルゼロまで60Pips上げています。 チャートはダブルボトム的ですが、左足と右足の間隔が6時間半あるので自分がとりたいと思うチャートの形からかけ離れています。

5分足の動き
全日 ボラ 50Pips、実体 40Pips、陽線
上調  40Pips  6.5H
下げ  40Pips  2.0H
戻し  30Pips  4.0H 英建設業購買担当者景気指数(PMI)
調整  30Pips  2.0H 当日安値
上調  60Pips  6.0H
調整  10Pips  3.0H 当日高値
サイン
18:10、5分足、戻り売り、移動平均反落


EURJPY ユーロ円:
動きがゆったりとしていて掴み所がないチャートですから、トレードする機会はありません。

5分足の動き
全体 ボラ 50Pips、実体 10Pips、迷い陰線
調整  30Pips  6.5H 当日高値
下調  50Pips  8.5H 当日安値
調整  30Pips  9.0H
サイン
売買サインは現れていません


GBPUSD ポンドドル:
動きがゆったりとしていて掴み所がないチャートですから、トレードする機会はありません。

5分足の動き
全体 ボラ 50Pips、実体 40Pips、切込み陽線
調整  20Pips 10.5H 当日安値
上調  50Pips 13.5H
サイン
売買サインは現れていません


EURUSD ユーロドル:
ダブルゼロ上20Pipsを横這いしているチャートですから、トレード機会はありません。

5分足の動き
全体 ボラ 20Pips、実体 10Pips、上付き迷い陰線
調整  20Pips 24.0H
サイン
売買サインは現れていません


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





posted by 南部藩札 at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ヴァケーション

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.

トレーダーが夏枯れ相場にやることは、ヴァケーションです。 かなり小規模短期間ですが。(爆笑) 
投稿をしばらくお休みさせていただきます。

わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





posted by 南部藩札 at 00:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

イベント主導の単発トレンドではね…

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.

概況
ヴァケーション明けで「さぁ〜、気合を入れて頑張るぞ!」と意気込むようではトレーダーとしていまいちかな? 
各通貨ペアともにイベント主導で動いたが、5分足で利幅が取れるチャートではありませんでした。 イベント主導で動いた後に順張りで利幅を採りたければ、5分足よりも1分足の方がやりやすいでしょうが、1分足とて売買ルールなく無分別にエントリーできるわけでもありません。 タイミング、損切り、利確の3つの確率的優位性と収益性を検証せねば、博打をしているのと同じこと。


当日のイベント
15:00【独逸】消費者物価指数(CPI)
15:00【独逸】卸売物価指数(WPI)
17:30【英国】失業率
18:00【欧連】鉱工業生産
18:30【英国】BOE四半期インフレレポート
20:00【米国】MBA住宅ローン申請指数
21:30【米国】小売売上高


GBPJPY ポンド円:
ドイツ時間に始まっている上げトレンドは、途中に押し目がないので入れません。 イベント主導で大きくレートが下げているロンドン時間は、戻しを待つしか手がありませんが、順張りサインは現れていません。
一分足でトレードするならドイツ時間の方がやりやすく、下落速度が急激に落ちるロンドン時間はやりにくいでしょう。

5分足の動き
全日 ボラ 170Pips、実体 100Pips、上髭大陰線
調整  10Pips  6.0H
上げ  70Pips  2.5H
押し  40Pips  1.0H 英失業率
下げ 160Pips  2.0H 当日高値、英BOEインフレレポート
戻し  20Pips  1.0H
下調  30Pips  2.5H 当日安値
調整  30Pips  9.0H
サイン
売買サインは現れていません


EURJPY ユーロ円:
アメリカの小売売上高をきっかけに単発の上げトレンドが発生しています。 目先天井からの押し目で順張りサインが現れていますが、ダブルゼロ順張りはご法度なので見送ります。 その後レートはダブルゼロ下10Pips近辺を横這いしています。

5分足の動き
全体 ボラ 60Pips、実体 20Pips、上髭陰線
調整  30Pips  9.5H 当日安値
上げ  40Pips  3.5H 当日高値、米小売売上高
押し  30Pips  1.5H 
調整  20Pips  9.5H
サイン
売買サインは現れていません


GBPUSD ポンドドル:
英国のイベント主導でレートが垂直降下しているチャートですから、大きな下げトレンドはトレード対象になりません。 米国の小売売上をきっかけに戻しをつけていますが、順張りサインは現れていません。

5分足の動き
全体 ボラ 160Pips、実体 120Pips、上髭大陰線
調整  30Pips  9.5H
下げ 150Pips  2.0H 当日高値、英BOEインフレレポート
戻し  30Pips  1.5H 米小売売上
下げ  40Pips  3.0H
調整  10Pips  8.5H
サイン
売買サインは現れていません


EURUSD ユーロドル:
ロンドン時間からニューヨーク時間にかけての上げトレンドは、イベント主導なので入れません。 ダブルゼロゾーンに到達したレートが反転下落していますが、ダブルゼロ逆張りサインは現れていません。 下げトレンドは単発で、目先底からの戻しでは順張りサインが現れていません。

5分足の動き
全体 ボラ 70Pips、実体 0Pips、下付き十字線
調整  30Pips  9.5H 当日安値
上げ  70Pips  3.5H 当日高値、英失業率、米小売売上
下げ  60Pips  3.5H
調整  20Pips  8.5H
サイン
売買サインは現れていません


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝



5分足、1分足トレードなら、マネーパートナーズにお任せ下さい





posted by 南部藩札 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.