2015年10月20日

毎度毎度、動かない月曜日

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

好い値動きをしたのはポンド円のみでした。 いつもの退屈な月曜日となりました。

相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、
忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間に「反応する」のが
投資・投機である。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
18:00【欧連】建設支出


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆値動き(下げ)
下げトレンドの後の安値調整をしている印象です。
終値は、目先天井195.5から-1060、綾押し目底181.0から+390、買い方抵抗線175.5から+940です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始184.3、終184.5、高184.7、安183.7、実+20 、幅10 、比
当日 始184.2、終184.9、高185.0、安184.2、実+70 、幅80 、比+40
目先抵抗線
売方 06/17~ 195.5 
買方 02/03~ 175.5
値幅 +2400

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間午前の上げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 07:20 15:20 逆張り買い  ダブルボトム
 10:40 18:40 押し目買い  反転パターン
 12:35 20:35 逆張り売り  ダブルゼロ+ダブルトップ

−ロンドン午前
ロンドン時間開始まもなくダブルボトム逆張りサインが現れ、レートが反転上昇しています。 目先天井は、9時45分、ダブルゼロ+70突き抜けです。 レートは押し目を描き順張りサインが現れ、上げトレンドが再巡行しています。 目先天井は、12時0分、ダブルゼロ+10です。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入間もなく、ダブルゼロでダブルトップ逆張りサインが現れていますが動意とならず、レートは再度ダブルゼロ付近まで再上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
レートはダブルゼロから再度下落していますが、動意になっていません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
06:35 上げ  60 3.0
09:45 押し  30 1.0
10:35 上げ  60 1.5
12:00 下げ  40 2.0
14:00 上げ  40 2.5
16:20 下げ  50 3.0
19:30 調整  30 1.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きになってしまいました。 135.00を挟んで調整中と言った印象です。
終値は、6月4日の目先天井141.0から-560、買い方抵抗線127.0から+840、9月4日の綾押し目底132.0から+340です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始135.6、終135.7、高135.9、安135.0、実+10 、幅90 、比
当日 始135.6、終135.4、高136.1、安135.1、実-20 、幅100、比-30
目先抵抗線
売方 12/08~ 150.0
買方 04/13~ 126.5
値幅 -2300

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 12:35 20:35 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
イベントをきっかけに下げトレンドが発生しています。 目先底は、11時20分、ダブルゼロ手前です。

−ロンドン午後
戻りを描き順張りサインが現れていますが、再下落しているレートは目先底を突破していません。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失いレートが横這いしています。


−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
07:55 下げ  70 3.5 欧建設支出
11:20 調整  40 9.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きです。 5月14日と5月4日をレンジの上下限にしているような印象です。
終値は、目先天井1.590から-400、下限1.500から+460、上限1.580から-340です。
値動き(アジアを除く)
当日 始1.547、終1.543、高1.548、安1.543、実-40 、幅50 、比
当日 始1.544、終1.546、高1.549、安1.544、実20 、幅50 、比+30
目先抵抗線
売方 2014/10/28~ 1.620 
買方 2015/04/13~ 1.455
値幅 -1650

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 12:00 20:00 逆張り売り  ダブルゼロ

−ロンドン午前
8時半ごろからレートが上昇しています。 途中押し目をつけていますが、順張りサインが現れないまま、上げトレンドが再巡行しています。 目先天井は、12時0分、ダブルゼロ手前です。

−ロンドン午後
ダブルゼロ逆張り売りサインが現れていますが、動意を失いレートが横這いしています。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.5
08:30 上げ  40 0.5
09:10 押し  30 1.5
10:35 上げ  50 1.5
12:00 調整  40 9.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆値動き(上げ)
FOMC利上げネタにより値が揺らぎ続けている印象です。 この調整価格帯の上限は5月15日の1.150、下限は5月26日の1.090です。
当日終値は、調整価格帯上限1.150から―180、下限1.090から+420、3月14日の買い方抵抗線1.050から+820です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始1.138、終1.136、高1.139、安1.134、実-20 、幅50 、比
当日 始1.137、終1.132、高1.137、安1.131、実-50 、幅60 、比-40
目先抵抗線
売方 06/18~ 1.150
買方 03/11~ 1.050
値幅 -2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
イベントをきっかけに下げトレンドが発生しています。 目先底は、11時20分、ダブルゼロ―90です。

−ロンドン午後
レートは戻りを描いていますが、14時25分の戻り天井からの下落が続かず、ダブルゼロを突破することができません。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  10 0.5
07:20 下げ  70 4.0 欧建設支出
11:20 調整  40 9.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ネタがない...

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

あるアナリストの報告によると、ヘッジファンド業界は7月から9月の間に11兆円越えの損を出したらしい。 四半期の収益では過去4年間で最大のマイナスとの事です。

収益がマイナスになった理由が「相場が乱高下したから」です。 素人並みの理由に失笑を禁じ得ません。 まさか、フェッジファンドが投資信託よろしく予想に基づいて組上げたポートフォリオをほったらかしにしていたのでしょうか???(爆笑) 投資成果に関わらず、預かり資産高に比例した手数料収入で大金持ちになれるなら、ファンドとは口達者な怠け者にうってつけの商売なのかもしれませんね。

一世を風靡したスパイ映画の007シリーズに「死ぬのは奴らだ」
(俺じゃない)ってのがありましたね。


株投機は世界で最も魅力的なゲームだ。
しかし、怠惰な人、感情をコントロールできない人、
それに、手っ取り早く儲けようなどと思っている人は、
絶対に利益を上げることはできない。

ジェシー・リバモア 投資で絶対に利益を出せない人の特徴


◆当日のイベント
17:00【欧連】経常収支
21:30【米国】住宅着工件数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆値動き(下げ)
下げトレンドの後の安値調整をしている印象です。
終値は、目先天井195.5から-1060、綾押し目底181.0から+390、買い方抵抗線175.5から+940です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始184.2、終184.9、高185.0、安184.2、実+70 、幅80 、比+40
当日 始184.9、終185.1、高185.5、安184.7、実+20 、幅80 、比+20
目先抵抗線
売方 2014/06/17~ 195.5 
買方 2014/02/03~ 175.5
値幅 +2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが垂直上昇しています。 目先天井は、+90、8時15分です。 買いは続かず、反落しているレートの目先底は、-60、ダブルゼロ突き抜け、8時55分です。

−ロンドン午後
イベントを挟んでレートがゆっくりと上昇し、14時10分に直近目先天井付近に到達していますが、買いが続きません。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともにレートがゆっくりと下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 0.5
07:30 上げ  90 1.0
08:15 下げ  60 1.5
09:55 調整  50 11.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きになってしまいました。 135.00を挟んで調整中と言った印象です。
終値は、6月4日の目先天井141.0から-560、買い方抵抗線127.0から+840、9月4日の綾押し目底132.0から+340です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始135.6、終135.4、高136.1、安135.1、実-20 、幅100、比-30
当日 始135.3、終135.9、高136.2、安135.3、実+60 、幅90 、比+50
目先抵抗線
売方 2013/12/08~ 150.0
買方 2014/04/13~ 126.5
値幅 -2300

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
12:35  20:35 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが垂直上昇を始めています。 目先天井は、+60、イベント45分前です。 イベントをかわした値動きが押し目を描いていますが、順張りサインは現れていません。 再巡行している上げトレンドの目先天井は、+70、11時40分です。

−ロンドン午後
値幅40Pips弱のダブルゼロ攻防戦に突入しています。

−ロンドン手仕舞い後
ダブルゼロを横這いしています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 0.5
07:20 上げ  70 2.0
09:10 押し  30 1.0 欧経常収支
10:05 上げ  70 1.5
11:40 調整  40 9.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きです。 5月14日と5月4日をレンジの上下限にしているような印象です。
終値は、目先天井1.590から-400、下限1.500から+460、上限1.580から-340です。
値動き(アジアを除く)
当日 始1.544、終1.546、高1.549、安1.544、実+20 、幅50 、比+30
当日 始1.548、終1.546、高1.550、安1.546、実-20 、幅40 、比+00
目先抵抗線
売方 2014/10/28~ 1.620 
買方 2015/04/13~ 1.455
値幅 -1650

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:55  18:55 逆張り売り  ダブルゼロ+ダブルトップ

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが上昇していますが、ダブルゼロを突破できずに押し戻され、チャートはダブルトップを描いています。

−ロンドン午後
ダブルトップを描いたのは良いものの、イベントすら動意にならずに横這いしています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢の手仕舞い時間帯からレートが下落を始めています。 目先底は、ニューヨーク時間14時10分、ダブルゼロ―60突き抜けです。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  10 0.5
07:35 上げ  40 0.5
08:10 調整  40 6.5
14:35 下げ  50 6.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆値動き(上げ)
ネタが尽きてレートが揺らいでいる印象です。 この調整価格帯の上限は5月15日の1.150、下限は5月26日の1.090です。
当日終値は、調整価格帯上限1.150から―160、下限1.090から+440、3月14日の買い方抵抗線1.050から+840です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始1.137、終1.132、高1.137、安1.131、実-50 、幅60 、比-40
当日 始1.133、終1.134、高1.138、安1.133、実+10 、幅50 、比+20
目先抵抗線
売方 06/18~ 1.150
買方 03/11~ 1.050
値幅 -2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:10  18:10 綾押し目買い 移動平均線反騰

−ロンドン午前
ロンドン開場後からレートが上昇を始めています。 目先天井は、11時40分、ダブルゼロ+80突き抜けです。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともにレートが下落を始め、午前中の上げを帳消しにしています。 目先底は、15時50分、ダブルゼロ―70です。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  10 1.0
08:00 上げ  60 3.5
11:40 下げ  50 4.0
15:50 調整  20 5.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

やはり、ネタがない...

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

この日は、開店休業でした。 事前に値動きが分かっていれば休みにしたのですが、値動きが分からないからこそトレードで儲けることができるのです。(笑)

別にふてくされているのではありません。 値動きを事前に知ることはできないが、儲けることはできる。 このパラドックスが胃の腑に落ちているかどうかが、トレードビジネスの成功に大きく関わっています。 

レートがどう動こうとトレーダーがやる仕事はただ一つ。 じっと椅子に座って値動きを観察してサインに反応する事です。


頼りになるのは株価であって、思惑ではない。
相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆値動き(下げ)
下げトレンドの後の安値調整をしている印象です。
終値は、目先天井195.5から-1050、綾押し目底181.0から+400、買い方抵抗線175.5から+950です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始184.9、終185.1、高185.5、安184.7、実+20 、幅80 、比+20
当日 始185.1、終185.0、高185.5、安184.8、実-10 、幅70 、比+10
目先抵抗線
売方 2014/06/17~ 195.5 
買方 2014/02/03~ 175.5
値幅 +2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅70のダブルゼロ攻防戦ですが、逆張りの決め手が掴めません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに、60Pips下落してきたレートがダブルゼロゾーン下側から反騰しています。 目先天井は、+80、10時15分です。

−ロンドン午後
当日高値付近で揉み合っています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱寸前にレートが40Pips弱垂直上昇した後、反落を始めています。 目先底は、−80、ニューヨーク時間14時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
06:30 下げ  60 2.0
08:15 上げ  80 2.0
10:15 調整  40 6.0
16:15 下げ  80 3.0
19:00 調整  30 2.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きになってしまいました。 135.00を挟んで調整中と言った印象です。
終値は、6月4日の目先天井141.0から-560、買い方抵抗線127.0から+840、9月4日の綾押し目底132.0から+340です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始135.3、終135.9、高136.2、安135.3、実+60 、幅90 、比+50
当日 始136.2、終136.0、高136.4、安135.9、実-20 、幅50 、比-90
目先抵抗線
売方 2013/12/08~ 150.0
買方 2014/04/13~ 126.5
値幅 -2300

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ダブルゼロからダブルゼロ+40のレンジを揺らいでいるだけです。

−ロンドン午後
ダブルゼロからダブルゼロ+40のレンジを揺らいでいるだけです。

−ロンドン手仕舞い後
ダブルゼロを横這いしているだけです。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  50 14.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きです。 5月14日と5月4日をレンジの上下限にしているような印象です。
終値は、目先天井1.590から-440、下限1.500から+420、上限1.580から-380です。
値動き(アジアを除く)
当日 始1.548、終1.546、高1.550、安1.546、実-20 、幅40 、比+00
当日 始1.543、終1.542、高1.547、安1.542、実-10 、幅50 、比-40
目先抵抗線
売方 2014/10/28~ 1.620 
買方 2015/04/13~ 1.455
値幅 -1650

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
営業時間前の横這いライン、1.544を中心に20Pips幅でレートが揺らいでいます。

−ロンドン午後
動意がありません。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱寸前にレートが40Pips弱垂直上昇してから反落が始まっています。 目先底は、−60、ニューヨーク時間14時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 上げ  50 3.5
10:15 調整  30 4.0
14:15 上げ  50 2.0
16:15 下げ  60 3.0
19:00 調整  20 2.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆値動き(上げ)
ネタが尽きてレートが揺らいでいる印象です。 この調整価格帯の上限は5月15日の1.150、下限は5月26日の1.090です。
当日終値は、調整価格帯上限1.150から―160、下限1.090から+440、3月14日の買い方抵抗線1.050から+840です。
値動き(アジアを除く)
昨日 始1.133、終1.134、高1.138、安1.133、実+10 、幅50 、比+20
当日 始1.135、終1.134、高1.137、安1.134、実-10 、幅30 、比+00
目先抵抗線
売方 06/18~ 1.150
買方 03/11~ 1.050
値幅 -2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
レートは上下していますが、動意があるとは言い難いでしょう。

−ロンドン午後
動意がありません。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 2.0
08:50 下げ  50 1.5
10:25 調整  30 10.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

ECB 量的緩和継続を表明

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

イベントによる値動きを外して、イベント後の値動きを美味しくいただくトレードコンセプトにぴったりの値動きとなりました。

イベントを挟んだ前後15分はトレード禁止時間帯です。 この時間帯の値動きに関心がある方はチャートをそのまま続けて観察していればいいでしょう。 関心がなければ風呂にでも入ってリフレッシュするといいでしょう。

トレードでは採れる所を採れば自然に儲かります。 採れる所とはサインが現れた所に他ありません。 トレードのリスクを取るとは、大きな損を覚悟することではなく、限定した損失を受け入れる事です。


頼りになるのは株価であって、思惑ではない。
相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
17:30【英国】小売売上高指数
20:45【欧連】ECB政策金利
21:30【米国】新規失業保険申請件数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆値動き(下げ)
下げトレンドの後の安値調整をしている印象です。
終値は、目先天井195.5から-970、綾押し目底181.0から+480、買い方抵抗線175.5から+1030です。
値動き(アジアを除く)
前日 始185.1、終185.0、高185.5、安184.8、実-10 、幅70 、比+10
当日 始184.6、終185.8、高185.8、安184.6、実+120、幅120、比+80
目先抵抗線
売方 2014/06/17~ 195.5 
買方 2014/02/03~ 175.5
値幅 +2400

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
12:25  20:25 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが上昇を始めたレートが、英国小売売上高イベントにより80Pips垂直上昇しています。 買いは続かず、イベント直後からレートが50Pips反落してイベント待ち合わせモードに入っています。

−ロンドン午後
新規失業申請件数イベントによりレートが80Pips瞬間変動したのち、14時15分から上げトレンドが発生しています。 目先天井は、+60の直近目先天井、15時0分です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯はレートが横這いしています。

−ロンドン手仕舞い後
高値をブレイクアウトするように再上昇しているレートの目先天井は、+50、ニューヨーク時間15時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:50 上げ  50 3.5
09:30 瞬変  90 0.0 英小売売上高
09:35 下げ  50 1.0
10:45 調整  40 3.0
13:30 瞬変  80 0.0 新規失業申請件数
14:15 上げ  80 2.5
16:35 押し  40 0.5
17:00 上げ  50 3.0
20:00 調整  20 1.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きになってしまいました。 135.00を挟んで調整中と言った印象です。
終値は、6月4日の目先天井141.0から-560、買い方抵抗線127.0から+840、9月4日の綾押し目底132.0から+340です。
値動き(アジアを除く)
前日 始136.2、終136.0、高136.4、安135.9、実-20 、幅50 、比-90
当日 始135.6 終134.1、高135.8、安134.1、実-150、幅170、比-190
目先抵抗線
売方 2013/12/08~ 150.0
買方 2014/04/13~ 126.5
値幅 -2300

◆5分足チャート
−概観
イベント前後の下げトレンドがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
08:10  16:10 戻り売り   反転パターン
18:00  26:00 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
時間外から発生している下げトレンドが、ロンドン時間開始とともに戻しを描き順張りサインが現れています。 ロンドン開場まもなく再巡行している下げトレンドの目先底は、-60、9時10分です。

−ロンドン午後
新規失業申請件数イベントにより、レートが140Pips瞬間変動しています。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯に戻りを描きレートが下落を始めています。

−ロンドン手仕舞い後
再巡行している下げトレンドの目先底は、-50、ニューヨーク時間12時0分です。 レートは再度戻りを描き順張りサインが合われれています。 レートは再下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:40 戻し  30 2.5
08:05 下げ  60 1.0
09:10 調整  40 4.5 新規失業申請件数
13:30 瞬変 140 0.0
14:20 戻し  30 1.0
15:25 下げ  40 1.5
17:00 調整  40 4.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆値動き(上げ)
はっきりしない値動きです。 5月14日と5月4日をレンジの上下限にしているような印象です。
終値は、目先天井1.590から-510、下限1.500から+390、上限1.580から-410です。
値動き(アジアを除く)
前日 始1.548、終1.546、高1.550、安1.546、実-20 、幅40 、比+00
当日 始1.543、終1.539、高1.550、安1.537、実-40 、幅110、比-70
目先抵抗線
売方 2014/10/28~ 1.620 
買方 2015/04/13~ 1.455
値幅 -1650

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともに、指数関数的にレートが上昇しています。 目先天井は、+80のダブルゼロ+10手前、9時30分です。 こういったチャートの常のように買いが途切れ、50Pips反落したのちにイベント待ち合わせモードに入っています。

−ロンドン午後
新規失業申請件数イベントによりレートが瞬間変動した後に下げトレンドが発生しています。 目先底は、-90のダブルゼロ―10突き抜け、14時25分です。 

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢の手仕舞い時間帯からチャートは戻しを描き、ニューヨーク時間1時35分から下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-60、12時30分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 上げ  80 2.5
09:30 下げ  50 1.0
10:35 調整  30 3.0
13:30 瞬変  50 0.0 新規失業申請件数
13:35 下げ  70 1.0
14:35 戻し  40 2.0
16:35 下げ  60 1.0
17:30 調整  40 3.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆値動き(上げ)
ネタが尽きてレートが揺らいでいる印象です。 この調整価格帯の上限は5月15日の1.150、下限は5月26日の1.090です。
当日終値は、調整価格帯上限1.150から―390、下限1.090から+210、3月14日の買い方抵抗線1.050から+610です。
値動き(アジアを除く)
前日 始1.135、終1.134、高1.137、安1.134、実-10 、幅30 、比+00
当日 始1.133、終1.111、高1.134、安1.111、実-220、幅230、比-230
目先抵抗線
売方 06/18~ 1.150
買方 03/11~ 1.050
値幅 -2400

◆5分足チャート
−概観
ロンドン勢手仕舞い時間帯から始まる下げトレンドがトレードチャンスです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
15:40  23:40 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートがダブルゼロまで40Pips下落しています。 その後、順張りサインが現れることなく、アメリカのイベント待ちモードになっています。

−ロンドン午後
新規失業保険申請件数イベントにより、レートが100Pips超えの瞬間変動をしています。 目先底は、14時55分、-170です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯にチャートは戻しを描き、順張りサインが現れています。

−ロンドン手仕舞い後
再巡行している下げトレンドの目先底は、-90、ニューヨーク時間16時00分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
08:05 下げ  40 1.0
09:10 調整  20 4.5
13:30 瞬変 170 1.5 新規失業申請件数
14:50 戻し  30 0.5
15:35 下げ  90 5.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

中国 再度利下げに走る

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

トレード日誌から「値動き」を削除しました。 理由は、売買ルールのインプットにならない情報だからです。 トレーダーはトレードで使う情報を減らそうとしますが、増やそうとしません。

「最新情報をたくさん集めて多角的な視点から総合的に投資判断する」と書くと、賢く確実な行動様式に感じるかもしれませんが、トレードではこれが裏目に出ます。

私が投資に活用している情報は、次の3つしかありません。
● 現在価格
● チャートパターン
● 蝋燭足パターン

良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。
最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
16:30【独逸】サービス業PMI
17:00【欧連】製造業PMI、サービス業PMI


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに70Pips垂直降下した後、この時間帯いっぱい安値調整を続けています。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともにレートが垂直上昇しています。 目先天井は、+90、12時40分です。 その後、レートは値幅60Pipsのダブルゼロ攻防戦を繰り広げています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失い、ダブルゼロを横這いしています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 0.5
07:30 下げ  70 0.5
07:15 調整  30 4.5
11:40 上げ 100 2.0
13:55 下げ  80 0.5
14:35 上げ  60 0.5
15:05 下げ  60 0.5
15:30 上げ  50 4.0
19:40 調整  30 1.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
70Pips幅で反対トレンドが連続しています。 トレンド反転ポイントでは逆張りサインが現れていないので、トレードを仕掛けることができません。

−ロンドン午後
この時間帯前半まで、反対トレンドが連続しています。 13時35分に戻りを描き始めたかのように見えますが、既に勝負あったようで動意を失っています。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.0
08:05 下げ  80 0.0
08:15 上げ  60 2.0 独欧PMI
10:10 下げ  60 2.0
12:15 上げ  60 0.5
12:40 下げ  80 1.0
13:45 調整  40 7.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
動意がありません。 ダブルゼロを中心にレートが揺らいでいるだけです。

−ロンドン午後
アメリカ勢のポジション調整が終わるとともにレートが下落を始めています。 目先底は、-90、15時30分です。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢の離脱後、下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-50、ニューヨーク時間15時30分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 5.5
12:40 下げ  90 3.0
15:30 戻し  30 0.5
16:00 下げ  50 5.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間午後の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
15:30  23:30 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
イベントをやり過ごした10時10分からレートが下落を始め、時間帯終了間際に下げトレンドが発生しています。

−ロンドン午後
12時20分に-60で目先底をつけた下げトレンドが、アメリカ勢のポジション調整により戻しを描き、トレンドが再巡行しています。 

−ロンドン手仕舞い後
この下げトレンドの目先底は、ニューヨーク時間13時55分、-110のダブルゼロです。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.5
08:15 上げ  50 2.0 独欧PMI
10:10 下げ  60 2.0
12:20 戻し  30 0.5
12:40 下げ 110 6.5
18:55 調整  20 2.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

ロンドン 冬時間始まる

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

トレーダー泣かせのはっきりしない値動きが続いています。 どんな値動きをしようと、トレーダーはサインに従うだけです。

とはいっても、レートには動いてほしいもの。 そろそろ11月なのでクリスマス前の追い込みが合ってもよさそうなのですが、FRBが煮え切らないのでは動きようもないのかな...

良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。
最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
18:00【独逸】IFO企業景況感指数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 単発の反対トレンドが連続しています。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
08:50  16:50 綾戻り売り  移動平均線反落
14:10  22:10 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが下落しています。 目先底は、-50、8時15分です。 2時間ほど揉み合った後、レートは反転上昇しています。 目先天井は、+60、10時55分です。

−ロンドン午後
アメリカ勢の参入とともにレートが反転下落しています。 目先底は、-80、15時0分です。 20Pipsの下髭をつけた手繰り陽線が現れて、レートが反転上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+80、16時10分です。 押しをつけた後、上げトレンドがダブルゼロまで再巡行しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
04:30 下げ  60 4.0
08:15 上げ  70 2.5
10:55 下げ  80 4.0
15:00 上げ  80 1.0
16:10 押し  30 1.0
17:10 上げ  40 4.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
イベントがありましたが動意になっていません。

−ロンドン午後
アメリカ勢の参入とともにレートが下落を始めています。 目先底は、-50、14時25分です。 売りが続かず、レートが反転上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+70、ニューヨーク時間13時5分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 5.0
11:50 下げ  50 2.5
14:25 上げ  70 3.5
18:05 調整  20 3.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 単発の+70トレンドの両端でレートが揺らいでいるだけです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
動意がありません。

−ロンドン午後
この時間帯後半に、単発の上げトレンドが発生しています。 目先天井は、+60、15時25分です。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)

時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 7.5
14:25 上げ  60 1.0
15:25 調整  40 5.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が狭すぎます。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
イベントをやり過ごした後、レートがゆっくりと下落しています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-50のダブルゼロ手前、14時20分です。 ロンドン勢の手仕舞い時刻に向けてレートが下落分を上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 2.0
09:10 下げ  50 5.0
14:20 上げ  60 4.0
18:10 調整  20 3.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.