2015年11月03日

嘘でしょ、ユーロが三日続伸してる?

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

レートが動かなかった翌日のアナリストレポートは要注意である。 毎日何か一言書かなければならない彼らは、レートが動かなければネタを創り出す以外に記事を書く方法がないのである。

例えば、この日の値動きに関するタイトル、「ユーロが三日続伸!」であろう。 日足を観る限り3日目は陰線である。 贔屓目に観れば終値は昨日終値を超えている。 しかしながら、当日高値は昨日高値を超えていないため線組は極めて感じが悪い。

しめくくりは恒例の権威づけである。 ユーロが三日続伸したのはドラギ発言が理由だとのたまう。 しかし、ドラギ発言でレートが何Pips続伸したのかすら書いていないうえに、それが値動きの理由なのかを確かめる術はありません。 値動きの理由を証明できないなら、その理由は間違っているともいえないし正しいともいえないのだろう。(大爆笑)


情報はすべて危険である。
情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
17:55【独逸】製造業PMI
18:00【欧連】製造業PMI
18:30【英国】製造業PMI


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午後の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
13:55  22:55 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン勢のポジション調整が綾押し目的なチャートを描き、レートが上昇を始めて上げトレンドが発生しています。 建設業PMIイベントの瞬間変動によってできた目先天井は、+140のダブルゼロ手前、9時35分です。 レートは押し目をつけ損なったように反落しています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-80、14時30分です。 戻しをつけた後に再巡行している下げトレンドの目先底は、-70のダブルゼロ―20手前、15時55分です。

−ロンドン手仕舞い後
レートは+50反発していますが、ダブルゼロまで再下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
03:40 上げ 140 6.0 建設業PMI
09:35 下げ  80 5.0
14:30 戻し  40 0.5
15:00 下げ  70 1.0
15:55 瞬変  50 0.0
16:00 調整  40 5.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が中途半端のうえにチャートが汚いです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに上げトレンドがダブルゼロゾーン上側で目先天井をつけて反落し、調整モードに入っています。 建設業PMIイベントの後に、ダブルゼロでダブルトップ的なチャートを描きますが、動意になっていません。

−ロンドン午後
アメリカ勢の参入とともにレートが上昇していますが、13時55分に+50の目先天井をつけた後、ダブルゼロゾーン上側を横這いしています。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:25 上げ  50 2.5
07:50 押し  40 2.0 欧建設業PMI
10:00 上げ  50 4.0
13:55 調整  30 7.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 下げトレンドで順張りサインが現れていません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
建設業PMIイベントによりレートが瞬間変動し、+80のダブルゼロ手前、9時30分に目先天井をつけています。 その後の買いが続かず押し目をつけ損なっています。

−ロンドン午後
この時間帯の前半は戻しを描き、後半の14時5分から下げトレンドが再巡行しています。 下落はロンドン勢の手仕舞い時間帯から本格化しています。 目先底は、-70のダブルゼロ手前、15時55分です。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。 ダブルゼロ手前まで、レートがゆっくりと下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.5
08:35 上げ  70 1.0 英建設業PMI
09:30 下げ  40 3.0
12:40 戻し  20 0.5
12:55 下げ  70 3.0
15:55 調整  30 5.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 50Pips幅で揺らいでいるだけです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
イベントを挟んで50Pipsの下げが起き、ダブルゼロで反発しています。

−ロンドン午後
反発の流れを引き継ぎダブルゼロ+50まで上昇していますが、買いが続かず、ゆったりと下落しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。 流れを引き継ぎ、ゆったりと下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 0.5
07:40 下げ  50 2.5
10:00 上げ  60 4.0
13:45 調整  50 8.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

ネタがない...

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

ネタがない割には、この日のポンド系は動いた方ではなかろうか。 人はなぜ、値が動くことに理由付けをしたがるのだろう。 理由が分かれば「確実に儲けられる」と自動的に思考してしまうからです。 しかし、このようにして値動きに確実性を求める限り相場で儲けることはできません。

値動きは相場参加者の総意や合意によって形成されるのではありません。 値動きにつられた相場参加者が、個人的思惑に基づいて売買を仕掛けることによりさらに値が動くという循環系を形成しています。 値は売り方と買い方の綱引きで決まります。 値が上がっている理由は買い方のエネルギーが売り方よりも勝っているからであり、値が下がっているのはその反対です。 両者のエネルギーが拮抗していれば値は動きません。 値動きが一方的に連続しない理由は、相場参加者が自分勝手な理由で売り方に付いたり買い方に付いたりできるからにすぎません。

更なる値上がりを期待して買いを入れる。 更なる値下がりを期待して売りを入れる。 値動きが期待に反したら損切りし、期待に合えば利確する。 値動きに逆らって建玉を保持すると破産する。 トレードの原理原則とは、たったこれだけのことです。


明白なのは上げ相場では強気筋、
下げ相場では弱気筋になれということだ。
『損が明らかな時には損切り』
『利益が見込める時には利喰わない』が鉄則だ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
18:30【英国】製造業PMI


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 ロンドン午後の上げは押しがありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
11時30分に一過性の下げトレンドが発生しています。 

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-50、12時15分です。 ダブルゼロでダブルボトムを描いて、レートが反転上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+90、ニューヨーク時間12時30分です。 その後、40Pips幅の調整となっています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 4.5
11:30 下げ  50 1.0
12:15 調整  20 1.0
13:25 上げ  90 4.0
17:30 調整  40 3.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が狭すぎます。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
09:50  18:50 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
横這いしていたレートが、ロンドン開場とともに下落を始めています。 目先底は、-50、10時50分です。

−ロンドン午後
横這いのレンジが-30にシフトしています。 動意がありません。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:55 下げ  50 3.0
10:50 調整  20 10.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:30  19:30 戻り売り   反転パターン

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが下落を始めています。 9時30分の建設業PMIイベントが-50の目先底となり戻りを描き始め、11時30分に下げトレンドが再巡行を始めています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-70、14時55分です。 利確のためかレートが反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
流れを引き継ぐようにレートが上昇を続けています。 目先天井は、+80、ニューヨーク時間15時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
07:55 下げ  40 2.0 建設業PMI
09:50 戻し  20 1.5
11:30 下げ  70 3.5
14:55 上げ  80 4.0
20:00 調整  20 1.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:15  19:15 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン時間開始まもなくレートが下落を始めています。 この下げトレンドの目先底は、-50、10時55分です。

−ロンドン午後
アメリカ開場とともに下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-50、14時55分です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯に入ってもレートは大きく反発していません。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:15 下げ  60 5.5
12:05 戻し  20 1.0
13:00 下げ  50 2.0
14:55 調整  30 6.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 13:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

FRB 12月利上げの可能性はある

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

レートが進んだ方向にポジションを採るのはトレードです。 しかし、レートが進むであろう方向を予想してポジションを採るのは博打です。

レートが進んだ方向は1トレーダーの主観によって判断されます。 客観的な判断方法はこの世に存在しません。 なぜならば、人間は将来を前もって知ることができないからです。

したがって、自分の判断が正しかったらポジションを保持して利確する、間違っていたら損切りする。 これが適切なトレード手法です。


強気か弱気かではない。 正しいか否かということなのだ。
明白なのは、上げ相場では買い方につけ、
下げ相場では売り方につけということだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
17:55【独逸】サービス業PMI
18:00【欧連】サービス業PMI
18:30【英国】サービス業PMI
19:00【欧連】卸売物価指数(PPI)
22:15【米国】ADP雇用統計
22:30【米国】貿易収支(9月)


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が狭いうえに汚いダブルゼロ攻防戦チャートです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始間もなくレートが上昇を始めています。 目先天井は、+70、サービス業PMIイベント完了後10分です。 反転パターンとともにレートが反落しています。 目先底は、-70、11時10分です。

−ロンドン午後
ADP雇用統計イベントは動意になっていません。 イベント後一時間したところで40Pipsの垂直降下を始めたかに観えますが、ロンドン勢の手仕舞い時間帯に差し掛かるとともにレートが反騰しています。 目先天井は、+70、15時55分です。

−ロンドン手仕舞い後
値幅40Pipsのダブルゼロ攻防戦が続いています。 取り付く島は全くありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:25 調整  20 2.0
07:30 上げ  70 2.0 サービス業PMI
09:40 下げ  70 1.5
11:10 調整  30 3.5
14:35 下げ  50 0.5
14:55 上げ  70 1.0
15:55 調整  40 1.5
17:10 下げ  50 1.5
18:45 調整  40 2.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が狭すぎるため順張りが決まりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始まもなく下げトレンドが目先底を打ち、調整モードに入っています。 サービス業PMIとPPIの二つのイベントがありましたが動意になっていません。

−ロンドン午後
ADP雇用統計イベントをきっかけにレートが下落を始めています。 目先底は、-70のダブルゼロ-20手前、15時30分です。 ロンドン勢の利確のためか、レートがダブルゼロゾーン上側まで反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
01:55 下げ  70 6.5
08:10 調整  30 4.0
12:05 下げ  70 3.5 ADP
15:30 調整  30 5.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が中途半端なので順張りが決まりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
16:50  25:50 逆張り買い  ダブルボトム

−ロンドン午前
サービス業PMIイベントがありましたが、動意にならずレートが横這いしています。

−ロンドン午後
アメリカ勢の参入とともにレートが下落を始めています。 ADP雇用統計イベントがきっかけとなり、レートが下落を始めています。 目先底は、-80、15時0分です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯は、レートが30Pips幅で揺らいでいるだけです。

−ロンドン手仕舞い後
値は動いていますが、動意があるとは言い難いでしょう。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 3.0
09:55 下げ  80 5.0 ADP
15:00 調整  30 6.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 イベント後に戻しをつけずに下落しています。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが下落を始めています。 目先底は、-40、欧サービス業PMIイベントです。 次のイベントを待ち合わせていますが、欧PPIイベントは動意になりませんでした。

−ロンドン午後
ADP雇用統計イベントにより、レートが下落を始めています。 トレンド中盤で綾戻しをつけていますが、サインは現れていません。 目先底は、-90、15時45分です。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
06:00 下げ  40 3.0
08:55 調整  20 4.5
13:15 下げ  90 2.5 ADP
15:45 調整  30 5.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

年内利上げ確率上昇

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

トレードにおける正しい判断とは何を対象にしたものなのであろうか? 多くの人達は、「値動き予想が当たったら正しい判断であり、外れたら間違った判断」と答えるだろう。 残念ながら、これは見当違いである。

プロトレーダーは、「売買ルールに規定されているサインに反応したら正しい判断であり、規定されていないサインに反応したら間違った判断」と答える。 なぜだろう?

どんなに高度で複雑な予想をしてもトレードの損益は不確定ですが、確率的優位性がある売買ルールに従ったトレードの損益はトータルでプラスになることが予め分かっているからです。


強気か弱気かではない。 正しいか否かということなのだ。
明白なのは、上げ相場では買い方につけ、
下げ相場では売り方につけということだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
19:00【欧連】小売売上高
21:00【英国】BOE金利発表


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 ロンドン午前中の上げで順張りサインが現れないまま、イベントによる一発下げが起きています。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが上昇を始めています。 途中綾押し目をつけますが順張りサインが現れないまま、レートが再上昇しています。 目先天井は、+90、イベント2時間前です。

−ロンドン午後
BOE政策金利イベントによりレートが-170瞬間変動した後に、12時50分から下げトレンドが発生しています。
目先底は、-130、14時10分です。 利確のためかレートは50Pips弱反発し、その後安値調整モードに入っています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱後にレートが再下落しています。 目先底は、-60のダブルゼロ突き抜け、ニューヨーク時間14時35分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 上げ  90 3.0
10:10 調整  30 2.0
12:00 瞬変 170 0.0 BOE政策金利
12:50 下げ 120 1.5
14:10 上げ  50 1.0
14:55 下げ  80 4.5
19:35 調整  30 1.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
採れなくても構わないチャートではないでしょうか。 順張りには値幅が足りず、逆張りも決まりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
16:05  25:05 逆張り買い  ダブルゼロ

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに、横這いしていたレートが上昇を始めています。 目先天井は、+70、イベント1時間前です。 イベントをかわした後にレートが再上昇しています。

−ロンドン午後
チャートはダブルトップを描き下落を始めていますが、逆張りサインは現れていません。 この下げトレンドの目先底は、-80のダブルゼロ、16時0分です。

−ロンドン手仕舞い後
逆張りサインとともにレートが反発し、アメリカ勢の手仕舞い時間に向かってレートが上昇しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
07:55 上げ  70 1.0
09:00 調整  40 4.5 小売売上高
13:20 下げ  80 2.5
16:00 上げ  50 5.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 イベントによる一発下げです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
動意がありません。 営業時間外から横ばいが続いています。

−ロンドン午後
BOE政策金利イベントによりレートが-130瞬間変動した後、12時40分から下げトレンドが発生しています。 目先底は、-70、14時15分です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯にかけて、チャートは戻しを描いています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢の離脱とともにレートが再下落しています。 目先底は、-60、ニューヨーク時間13時10分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 5.0
12:00 瞬変 130 0.5 BOE政策金利
12:40 下げ  70 1.5
14:15 上げ  40 2.0
16:00 下げ  60 2.0
18:10 調整  10 3.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 狭い値幅を揺らいでいるだけです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに一過性の上げトレンドが発せした後、動意を失っています。

−ロンドン午後
動意がありません。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 1.0
07:55 上げ  60 1.0
09:00 下げ  40 1.5 欧小売売上高
10:20 上げ  50 3.0
13:30 調整  40 7.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

月に一度のお祭り日

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

今日も昨日に引き続き、トレードにおける正誤対象の誤りを書いてみよう。 プロトレーダーの卵がやらかす誤りは、「ルールが機能しない」であろう。 

よく聞くフレーズである「ルールが機能しない」とは、具体的にどのような状況を示すのだろうか。 簡単に言えば、ルール通りにトレードをしたら損したのです。 ルールが値動きの読みを間違っているから損をしているのです。 しかし、ルールが機能しない状況はトレーダーの卵がルール違反をすることによって起こります。

ルールに従ってトレードしている限り、ルールは常に正しく機能しています。 確率的優位性があるルールとは、値動きを高い確率で当てられるルールではありません。 同じ行動を数多く繰り返すことにより大数の法則が働き、スコアがトータルでプラスになる期待値を持っているルールです。


強気か弱気かではない。 正しいか否かということなのだ。
明白なのは、上げ相場では買い方につけ、
下げ相場では売り方につけということだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
18:30【英国】鉱工業生産指数、貿易収支、製造業生産指数
22:30【米国】失業率


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスですが、イベントが間に挟まっているため思うような利幅が採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:55  19:55 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに、ダブルゼロゾーンを横這いしていたレートが下落を始めています。 イベントによる瞬間変動が起きずにレートが一方的に下落を続けています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-100、雇用統計イベントの1時間前です。 イベントにより90Pips幅の瞬間変動を起こした後、レートが上昇を始めています。 目先天井は、+90の瞬間変動高値、14時40分です。 一旦40Pips下げた後、ロンドン勢の週末手仕舞い時間帯にレートが再上昇しています。 まるで、売り方が損切りをして踏み上げているように観えます。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+90、ニューヨーク時間11時15分です。 買いが続かず反落しているレートの目先底は、-70の当日始値、12時40分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
08:05 下げ 100 4.5 製造業生産指数
12:25 調整  30 1.0
13:30 瞬変  90 0.0 雇用統計
13:45 上げ  90 1.0
14:40 下げ  50 0.5
15:00 上げ  90 1.5
16:15 下げ  70 1.5
17:40 調整  30 3.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 イベントによる一発下げの後の上げに取り付く島がありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
16:05  25:05 逆張り買い  ダブルゼロ

−ロンドン午前
動意がありません。 雇用統計イベント待ちでしょう。

−ロンドン午後
イベントによる-90の瞬間変動が目先底を形成して、レートが反転上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、イベントによる下落を帳消しにする+90、ニューヨーク時間11時30分です。 その後、レートは押し目を描き順張りサインが現れていますが、勝負は既に終わっていたようです。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 6.5
13:30 瞬変  90 0.5 雇用統計
14:05 上げ  90 2.5
16:30 調整  30 4.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスですが、イベントが間に挟まっているため思うような利幅が採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:55  19:55 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが下落を始めています。 英国のイベントによる瞬間変動がないまま、一方的に下落が続いています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-100、雇用統計イベントの1時間前です。 イベントにより-130の瞬間変動が起きた後、13時45分からレートが+60反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともにレートが下落しています。 目先底は、-60の直近目先底、ニューヨーク時間13時0分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
04:00 下げ 100 7.5 製造業生産指数
12:25 調整  30 1.0
13:30 瞬変 130 0.0 雇用統計
13:45 上げ  60 2.5
16:00 下げ  60 2.0
18:05 調整  30 3.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 イベントによる一発下げの両端が調整です。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
動意がありません。 雇用統計待ちモードでしょう。

−ロンドン午後
雇用統計イベントによりレートが-160瞬間変動しています。 利確のためか、14時10分からレートが+40ほど反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
勝負はすでについたようです。 動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 6.5
13:30 瞬変 160 0.0 雇用統計
14:10 上げ  50 1.0
15:10 調整  30 6.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

月曜はお祭りの後始末

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

人間とは貪欲な生き物である。 今ある儲けに飽き足らず、さらに儲けようとする。 儲けるために常に現状分析をし改善策を考え実行する。 1ミリ、1グラム、1秒、1円を競い合う。 成長のプロセスと言えば聞こえはいいが、実のところ本質的な変化は何も起こっていない。 利益率と成長率の低いビジネスモデルが無限ループしているのだが、改善活動は善き行いとされておりこれに異論を挟む者は少ない。

確率的優位性を利用しているプロトレーダーは一般的な改善活動とは無縁の存在だろう。 資金計画表を見れば明らかですが、トレードの期待値を25%向上させるために時間を費やすよりも、現状の期待値でトレードを続けたほうが儲かります。 利益率と成長率が高いビジネスモデルなので、期待値が2倍か4倍以上になることが明らかでない限りルールを変更する効果を感じません。 自分が使っている売買ルールの出来栄えは、自分のチャート認識能力と釣り合っています。 したがって、トレーダー本人のチャート認識能力に革新的な変化が訪れない限り、現状の倍以上の期待値を持つルールを創ることは不可能です。 かっこよく言えば、自己ベストである。

「あなたは相場からお金を拾って来ることができるのに、何が不満なんですか?」 これが根源的な謎である。 数の上から見たらこのような事ができる人間は圧倒的に少ない。


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。
最も重要なのは、
絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が中途半端なので順張りは決まらず、逆張りの決め手もありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに一本調子で上昇を続けているレートの目先天井は、+80、11時55分です。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともにレート下落を始めているレートの目先底は、-50、13時35分です。 チャートは戻りを描いていますが、順張りサインが現れないまま、下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-60のダブルゼロ―10、15時25分です。 利確のためか、レートが40Pis弱反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
06:15 上げ  80 5.5
11:55 下げ  50 1.5
13:35 戻し  30 0.5
14:15 下げ  60 1.0
15:25 調整  40 5.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 一発下げです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
133.00越えを試す値動きとなっています。 3時間半ほどダブルゼロゾーン上側で揉み合っています。

−ロンドン午後
アメリカ開場とともに下落を始めたレートの目先底は、-90、15時0分です。 利確のためか、レートが30Pips弱反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:50 上げ  50 3.5
09:20 調整  20 3.5
12:45 下げ  90 2.0
15:00 調整  40 6.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 値幅が狭いため順張りは決まらず、逆張りをする糸口もありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
10:50  19:50 逆張り売り  ダブルゼロ

−ロンドン午前
9時半頃からレートが上昇を始めています。 目先天井は、+60のダブルゼロ+10、11時50分です。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入と共に押し目を描き、ロンドン勢の手仕舞い時間帯に上げトレンドが再巡行しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+50、ニューヨーク時間11時25分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 2.5
09:35 上げ  60 2.5
11:55 押し  40 1.5
13:35 上げ  50 3.0
16:25 調整  20 4.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
値幅が中途半端なチャートなので、採れなくてもいいのではないでしょうか。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
15:05  24:05 逆張り買い ダブルボトム

−ロンドン午前
動意がありません。

−ロンドン午後
アメリカ開場とともに下落を始めたレートの目先底は、-60、14時30分です。 チャートはダブルボトムを描きレートが反発しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+60、ニューヨーク時間11時25分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 5.0
12:10 下げ  60 2.5
14:30 上げ  60 2.0
16:25 調整  30 4.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 13:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.