2015年12月08日

動かない月曜日

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

動きませんね。 今年はこのまま終わるのでしょうか。 クリスマス休暇に入りたくなるような値動きです。(爆笑)


みんなが僕を儲けさせてくれる
準備をしてくれているのさ

ジェシー・リバモア (フロリダの海に浮かぶヨットにて)


◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
汚いチャートなので、採れなくても構わないのではないでしょうか。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 11:15 20:15 逆張り売り  ダブルゼロ

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが垂直降下しています。 目先底は、-60、8時20分です。 レートは40Pis反発し、ダブルゼロゾーン上側に到達しています。

−ロンドン午後
40Pips幅でダブルゼロ攻防戦を繰り広げています。 レートがレンジ下限をブレークするのは、ロンドン勢の手仕舞い時間帯です。 

−ロンドン手仕舞い後
この下げトレンドの目先底は、-60、17時10分です。 戻しをつけた後に再巡行している下げトレンドの目先底は、-50、ニューヨーク13時55分です。 レートが40Pips反発した後に動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 0.5
07:35 下げ  60 1.0
08:20 上げ  50 3.0
11:15 調整  30 1.5
12:40 下げ  60 3.5
16:10 戻し  30 0.5
16:40 下げ  50 2.0
18:55 上げ  50 1.5
20:15 調整  30 1.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 下げるわけでもなく、上げるわけでもありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが下落を始めています。 目先底は、-70、10時45分です。 レートは戻しを描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢が参入しますが売りが続かず、レートは揺らいでいます。 14時45分ごろから上昇を始めているレートの目先天井は、+50、16時0分です。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:10 下げ  70 3.5
10:45 調整  30 2.0
12:45 上げ  50 3.5
16:00 調整  20 5.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 一発下げた後に動意を失っています。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 09:05 11:05 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに、レートがダブルゼロゾーン上側から垂直降下しています。 目先底は、-60、8時25分です。 レートは40Pips弱戻した後に下落を始めたように観えます。

−ロンドン午後
アメリカ勢が参入すると下落を始めた値動きが止まり、動意を失っています。

−ロンドン手仕舞い後
値動きはありますが、動意があるとは言い難いでしょう。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
07:45 下げ  60 0.5
08:25 調整  40 12.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
ダブルゼロからの反騰がトレードチャンスでしょう。 60Pips幅の行って来いチャートです。

−サイン

ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 10:30 19:30 逆張り買い ダブルゼロ

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともにレートが下落を始めています。 目先底は、−70のダブルゼロ、10時25分です。 レートは戻しを描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢が参入しますが売りが続かず、レートはダブルゼロ上側を揺らいでいます。 14時30分頃から上昇を始めているレートの目先天井は、+60の当日始値付近、16時0分です。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:10 下げ  70 3.5
10:25 戻し  20 2.0
12:25 上げ  60 3.5
16:00 調整  20 5.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

原油安再燃

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

値幅が狭くなると順張りが決まりません。 こうして書いてみると至極当たり前のことですが、トレードをしている最中に、「順張りが決まらない、レートの動きが悪い!!!」などと、憤慨してませんか?(爆笑)


みんなが僕を儲けさせてくれる
準備をしてくれているのさ

ジェシー・リバモア (フロリダの海に浮かぶヨットにて)


◆当日のイベント
18:30【英国】鉱工業生産指数
19:00【欧連】GDP改定値


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
採り易いチャートではないでしょうか。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 08:00 17:00 戻り売り   反転パターン
 15:30 24:30 綾押し目買い 移動平均線反騰

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに戻り天井から下げトレンドが再巡行しています。 イベントを挟んだ目先底は、-80、10時25分です。 そして、チャートは戻りを描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともに、レートは目先底を下抜けて下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-110、13時20分です。 チャートはダブルゼロゾーンでダブルボトムを描いた後、反転上昇を始めています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+80、ニューヨーク時間12時5分です。 その後、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:10 戻し  30 1.0
07:55 下げ  80 2.5
10:25 戻し 110 3.0
13:20 調整  30 0.5
14:00 上げ  80 3.0
17:10 調整  20 4.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
レートが40Pips幅で揺らいでいます。

−ロンドン午後
午前中と変わりありません。

−ロンドン手仕舞い後
レートがゆったりと上昇を続けています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 7.5
14:40 上げ  50 4.5
19:20 調整  10 2.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間の下げがトレードチャンスですが、私のルールははまりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場とともにレートが下落を始めています。 イベントを挟んだ目先底は、-70のダブルゼロ―10、10時30分です。 チャートは戻りを描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともに下げトレンドが再巡行しています。 目先底は、-50、13時10分です。 30分ほど安値調整をしたのちにレートがダブルゼロまで反騰しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+60のダブルゼロ+10、ニューヨーク時間11時45分です。 その後、レートは動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.0
07:55 下げ  70 2.5
10:30 戻し  20 0.5
11:00 下げ  50 2.0
13:10 上げ  60 3.5
16:40 調整  20 4.5


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 方向性に乏しく、値幅が狭いです。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 10:50 19:50 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
40Pips幅でレートが揺らいでいます。 イベントに対する反応もありません。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともに上昇を始めたレートの目先天井は、+60、ダブルゼロ手前です。 その後、チャートはダブルトップを描きますが、逆張りサインは現れていません。

−ロンドン手仕舞い後
ダブルゼロ―40から、再度、ダブルゼロ突破を試しますが、買いが続かずレートが横這いしています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:00 上げ  40 3.5
08:20 下げ  40 2.0
11:05 上げ  60 3.0
14:00 調整  40 7.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

ネタが欲しい、利上げは織り込み済み

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

この日はドルストレート系が好い勢いで上昇しました。 こんな上げトレンドに乗っていれば気分は最高に違いない。 こんな時に順張りサインが現れなければ、がっかりしてしまいますね。

しかし、トレードの目的は最高の気分を味わうことではありませんし、トレンドに乗り続けることにより最大利幅を追求することでもありません。 サインに従ってエントリーし所定の利幅を食いちぎることです。 

トレードビジネスで成功するために胆力や度胸は必要ありません。 どちらかと言えば、自制や自律が必要でしょう。 感情は脇に置いておき、事実を受け入れ、事実に反応する。 シンプルですが簡単ではありません。


相場師が成功を収めるための闘いは、
(自分との)心理的戦いであって知力の戦いではない。
人間らしい気持ちや感情の自由な働きを自らに許すのは取引清算後、
すなわち株や商品に投入された資金がすべて現金化された後である。
金が証券の形を取っている限り
生身の感情を”殺し”続けなければならない。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
汚いチャートなので、採れなくてもいいのではないでしょうか。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 12:15 21:15 逆張り売り  ダブルトップ

−ロンドン午前
ロンドン時間開始とともに上げトレンドが発生しています。 目先天井は、+80、8時25分です。 押しをつけた後、再巡行している上げトレンドの目先天井は、+40、10時10分です。 その後、高値調整モードに入っています。

−ロンドン午後
アメリカ開場とともにダブルトップからレートが下落しています。 目先底は、-80、13時45分ですが、ガセネタに反応した直後のレートのようにレートが反転急上昇しています。 目先天井は、+120、15時40分です。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともに包足陰線が現れてレートが反転久下落しています。 目先底は、-170、ニューヨーク時間14時55分です。 利確のためか、その後、レートが+70反発しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:15 上げ  80 3.0
08:25 押し  40 1.0
09:30 上げ  50 1.5
10:10 調整  40 2.5
12:45 下げ  80 1.0
13:45 上げ 120 2.0
15:40 下げ 170 4.0
19:55 上げ  70 1.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れなくてもいいのではないでしょうか。 

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
値幅30Pipsでダブルゼロを揺らいでいます。

−ロンドン午後
午前中と変わりません。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともにレートが下落しています。 目先底は、-50、ニューヨーク時間12時55分です。 その後、安値調整モードに入っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 3.5
10:30 下げ  50 3.5
14:00 戻し  20 2.5
16:20 下げ  40 1.5
17:55 調整  20 3.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の押し目がトレードチャンスですが、私のルールにははまりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
営業時間外上昇を始めているレートが、ロンドン開場間もなく上げトレンドになりフラットな押し目を描いています。 再巡行している上げトレンドの目先天井は、+50、10時15分です。 そして、チャートは押し目を描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢が参入すると順張りサインが現れないまま、上げトレンドが再巡行しています。 目先天井は、+130、16時0分です。

−ロンドン手仕舞い後
上値を試す展開と言えば聞こえはいいのですが、動意を失っているのが現実です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
04:45 上げ  50 3.5
08:20 調整  10 1.0
09:30 上げ  50 0.5
10:10 押し  20 1.5
11:45 上げ 130 4.5
16:00 調整  40 5.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
やりにくい5段上げチャートです。 一段目の調整は押し目にならず、三段目の押し目と再巡行の出だしはダブルトップにも観えます。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
40Pips弱の値幅でレートが揺らいでいます。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入とともに上昇を始めているレートの目先天井は、+70のダブルゼロ―10、14時5分です。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯にレートは押し目を描いていますが、順張りサインは現れていません。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともに上げトレンドが再巡行しています。 レートが直近目先天井を上抜ける時にダブルトップ的なチャートを描いていますが、逆張りサインは現れていません。 この上げトレンドの目先天井は、+100、ニューヨーク時間14時35分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 5.0
11:50 上げ  70 2.5
14:05 押し  40 1.5
15:30 上げ 110 4.0
19:40 調整  30 1.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

利上げ後の動きに備えての値固め時期?

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

マーケット参加者の皆様はネタを求めています。 変な話ですが、FOMCが月中利上げを見送ればサップライズとなり、レートが大きく動くでしょう。

大方の予想に違わず利上げが行われればそれによって起こる別の何かが新たなネタとなり得るので、マーケットに関与する皆さんは予想に余念がありません。 どんな理由でどんな筋書きで値動き予想をするか、これは各自の自由ですが、前もって値動きを知っている人はこの世に存在しません。

トレーダーは値が動いた方向にポジションをとって利幅を食いちぎります。 この判断が正しくなければ損切りします。 したがって、トレーダーは値が動いている理由に興味がありません。 皆さんがネタにどう反応したか、それが全てなのです。



情報はすべて危険である。
情報はあらゆる形態を装い採用をもちかける。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
18:30【英国】貿易収支
21:00【英国】BOE金利発表
22:30【米国】新規失業保険申請件数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 10:10 19:10 逆張り売り  ダブルトップ
 15:40 24:40 綾押し目買い 移動平均線反騰

−ロンドン午前
ダブルゼロ直前での高値調整モードから、イベントをきっかけにしてレートが下落を始めています。 目先底は、-70、イベント30分前です。 

−ロンドン午後
目先底から40Pips反発した所でイベントによる-50の瞬間変動が起きてレートが再下落しています。 瞬間変動を含めた目先底は、-120、12時30分です。 利確のためか直後にレートが+50反発してイベントを待ち合わせています。 イベントが動意となりレートが再上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+80、ニューヨーク時間11時5分です。 その後同意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
05:40 上げ  50 2.0
07:40 調整  40 1.5
09:25 下げ  80 2.0
11:30 上げ  50 0.5
12:00 瞬変  70 0.0 BOE金利
12:05 下げ  80 0.5
12:30 上げ 110 3.5 新規失業保険申請件数
16:05 調整  30 5.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 09:45 18:45 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに、レートがダブルゼロゾーン下側から下落を始めています。 下落に拍車がかかる直前に綾戻り売りサインが現れています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-120、12時20分で、イベント待ち合わせモードに入っています。 しかし、イベントは動意になっていません。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.0
07:45 下げ -120 4.5
12:20 調整  40 8.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 イベントによりV字にレートが動いています。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
動意がありません。

−ロンドン午後
BOE金利発表イベントによりレートが-60瞬間変動したのちに値をさらに下げています。 瞬間変動を含んだ目先底は、-90、12時30分です。 アメリカイベントの待ち合わせが綾戻しを描いていますが、警戒対象イベントなので順張りサインを見送ります。 イベントによりレートが反転上昇を始めています。 目先天井は、+80、14時50分で、ロンドン勢の手仕舞い時間帯にチャートは押し目を描いています。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱とともに動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.5
08:35 上げ  50 3.5
12:00 瞬変  70 0.0 BOE金利
12:05 下げ  50 0.5
12:30 上げ  80 2.5 新規失業保険申請件数
14:50 調整  40 6.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 09:00 18:00 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場間もなく下げトレンドが発生しています。 この下げトレンドの目先底は、-70、10時35分です。 そして、チャートは戻りを描いています。

−ロンドン午後
アメリカ勢が参入しましたが、イベント待ち合わせモードです。 しかし、イベントは動意にならず、目先底付近で値が揺らぎ続けています。

−ロンドン手仕舞い後
動意がありません。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
04:25 下げ  70 6.0
10:35 上げ  40 3.5
13:55 下げ  50 2.0
15:50 調整  30 5.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

原油安値更新 36.52

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

原油価格が下がり続けているので資源国の通貨が安くなっているらしい。 この値動きは理に適っているので、これから主軸通貨は高くなっていくに違いない。 人間は自分が気に入った理由が見つかると自動的に思考を連鎖させて妄想を膨らませる習性を持っている。

この習慣が最悪なのは、妄想を事実だと確信し疑わなくなってしまう事であろう。 さらに悪い事に、妄想を信じ込む度合いを高めるために更なる裏付け理由を探し出したり創造してしまう。 確信に対する反論は一切聞く耳を持たない。 簡単に言えば自己正当化である。 このようにして、人間は自分が信じたいものを信じています。

レートが動いた方にポジションをとり、正しければ所定の値幅で利食い、間違っていれば損切りする。 たったそれだけのことを繰り返すだけでトレードで儲けることができます。 しかし、レートが動く前に大きなポジションをとり最大利益を追求するから金持ちになれると確信していると、いつまでたっても博徒を卒業することができません。 人間は自分が正しいと信じている事をやり続けます。


強気か弱気かではない。 正しいか否かなのだ。
上げ相場では買い方、下げ相場では売り方になれ。

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
22:30【米国】小売売上高、卸売物価指数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中とアメリカ時間の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 08:30 17:30 逆張り売り  ダブルゼロ
 10:55 19:55 綾戻り売り  移動平均線反落
 16:25 25:25 綾戻り売り  移動平均線反落
 17:50 26:50 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン時間開始間もなく下げトレンドが+50反転上昇しています。 しかし、ダブルゼロを超える買いが入らず、包足陰線が現れてレートが反落しています。 目先底は、-130、11時45分です。

−ロンドン午後
アメリカ勢参入まもなくレートは50上昇していベンを待ち合わせています。 イベントは動意になりませんでしたが、5分辺りの値幅が20Pips前後ある荒い取引が続いています。 ロンドン勢の週末手仕舞い時間帯中程から、レートが下落を始めています。

−ロンドン手仕舞い後
この下げトレンドの目先底は、-100、ニューヨーク時間12時25分です。 その後、チャートはダブルボトムを描き50Pips反発しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
03:35 下げ  50 4.0
07:30 上げ  50 1.0
08:30 下げ 130 3.5
11:45 上げ  60 3.0 小売売上高
14:40 下げ  40 1.0
14:50 上げ  60 0.5
15:30 下げ 100 2.0
17:25 上げ  60 1.5


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートはやりにくいでしょう。 途中で気が変わるのは勘弁してほしいですね。(爆笑)

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 11:40 20:40 綾戻り売り  移動平均線反落
 15:25 24:25 逆張り買い  ダブルゼロ+ダブルボトム
 17:50 26:50 綾戻り売り  移動平均線反落

−ロンドン午前
ロンドン開場まもなくレートが下落を始めています。 アメリカ勢参入間際に綾戻り売りサインが現れています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-80のダブルゼロ、イベント15分前です。 イベント後に50Pips幅でレートが揺らぎ、ロンドン勢週末手仕舞い時間帯にダブルボトム逆張りサインが現れています。

−ロンドン手仕舞い後
しかし、レートは反転上昇せず、ニューヨーク時間12時0分から下落を再開しています。 目先底は、-50、14時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 1.5
08:30 下げ  90 6.0
14:15 上げ  50 0.5
14:45 下げ  50 0.5
15:20 戻し  30 1.5
16:55 下げ  50 2.0
19:00 調整  20 2.0


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン時間午後、イベント後の上げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 14:00 21:00 綾押し目買い 移動平均線反騰

−ロンドン午前
50Pips幅でレートが揺らいでいます。

−ロンドン午後
アメリカ勢のサンユウ間もなく上げトレンドが発生し、イベントの待ち合わせが押し目を描いています。 イベントをきっかけに再巡行している上げトレンドの目先天井は、+80、14時50分です。 30Pips幅の下げがロンドン勢の週末手仕舞いでしょうか?

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 1.5
08:20 下げ  40 2.0
10:20 調整  40 1.0
11:15 上げ  50 1.5
12:45 押し  30 1.0
13:30 上げ  80 1.5 小売売上高
14:50 調整  40 6.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 汚すぎます。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
40Pips幅でレートが揺らいでいます。

−ロンドン午後
アメリカのイベントをきっかけに上昇しているレートの目先天井は、+90、14時50分ですが、ロンドン勢の手仕舞い時間帯開始とともに-70反落して40戻しています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  40 3.0
09:45 上げ  40 2.0
11:45 調整  30 2.0 小売売上高
13:30 瞬変  40 0.0
13:55 上げ  90 1.0
14:50 下げ  80 0.5
15:10 上げ  40 2.5
17:25 調整  30 3.5


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

FOMC週の月曜日

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、リピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

この日のポンド円のレート変動率は高かった。 変動率が高くなると私の「値幅と時間の尺」と「損切り幅」がはまらなくなってしまう。 5分足売買ルールは機能しない。 値が動いているのに指をくわえてみているだけの状況がやってくる。(笑) もったいないと思うのであれば、1分足売買ルールを創るしかない。

収益を安定させるためには、複数通貨ペア、複数時間軸トレードが必要です。 「5分足でざっくりと、1分足でゴリゴリと採る。」 かねてから師匠に複数時間軸トレードを奨められているのですが、未だ、複数通貨ペアトレードにとどまっています。 

この日のポンド円1分足チャートを観てみると、まるで、5分足のように動いています。 本物の5分足よりもチャートがキレイで取引がし易そうに見えますね。


テープ(現在価格)が全てだ

ジェシー・リバモア


◆当日のイベント
19:00【欧連】鉱工業生産


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 私のルールの間尺に全く合いません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場まもなく、上げトレンドがダブルゼロ+40から反転下落を始めています。 目先底は、-90、9時10分です。 レートは50Pips弱したのち、10時40分に再下落を始めています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、-140、13時0分です。 レートは60Pips反発しますが、ダブルゼロを超えずに1時間半ほど調整をしています。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯の中盤にレートが再下落を始めています。

−ロンドン手仕舞い後
この下げトレンドの目先底は、-90のダブルゼロ+10、ニューヨーク時間11時30分です。 反転パターンの出現とともにレートが上昇を始めています。 目先天井は、+90、14時15分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
00:55 上げ  90 6.5
07:20 下げ  90 2.0
09:10 上げ  40 1.5
10:40 下げ 140 2.5
13:00 上げ  60 1.0
14:00 下げ  90 2.5
16:30 上げ  90 3.0
19:15 調整  40 2.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆5分足チャート
−概観
このチャートは採れません。 方向性に欠けるうえに値幅が中途半端です。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
ロンドン開場間もなく、ダブルゼロからレートが下落を始めています。 目先底は、-50、イベント30分前です。 イベントのやり過ごしが戻りを描いています。

−ロンドン午後
戻り天井から再巡行している下げトレンドの目先底は、-50、13時20分です。 その後は売りが続かず、レートが反転上昇しています。 目先天井は、+80、15時35分です。

−ロンドン手仕舞い後
ロンドン勢離脱後、レートはダブルゼロゾーン下側まで下落し、動意を失っています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
08:05 下げ  50 1.5
09:30 戻し  30 2.0
11:40 下げ  40 1.5
13:20 上げ  80 2.0
15:35 調整  50 5.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午前中の下げがトレードチャンスでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 13:35 22:35 逆張り買い  ダブルボトム

−ロンドン午前
ロンドン時間開始まもなく、ダブルゼロゾーン下側を横這いしていたレートが下落を始めています。 目先底は、-50、8時50分、その後、押し目を描いています。 戻り天井から下げトレンドがし巡行しています。

−ロンドン午後
この下げトレンドの目先底は、―70のダブルゼロ+10、12時55分です。 チャートはダブルボトムを描き50上昇しますが、ロンドン勢の手仕舞い時間帯にダブルゼロゾーンまで再下落しています。

−ロンドン手仕舞い後
値は動きていますが、動意があるとは言い難いでしょう。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  10 0.5
07:30 下げ  50 1.5
08:50 戻し  30 3.5
10:20 下げ  70 2.5
12:55 上げ  50 3.0
15:25 押し  40 0.5
16:00 上げ  40 3.0
19:10 調整  30 2.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆5分足チャート
−概観
ロンドン午後の上げがトレードチャンスですが、押し目が汚い。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 売買サインは現れていません

−ロンドン午前
イベントに反応することもなく動意がありませんでしたが、アメリカ勢参入1時間前からレートが上昇を始めています。

−ロンドン午後
アメリカ勢のポジション調整が押し目を描き、上げトレンドが再巡行しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、+80、ニューヨーク時間11時15分です。 買いが続かず反転下落しているレートの目先底は、-60のダブルゼロ―10、16時0分です。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 4.0
11:00 上げ  50 1.5
12:20 押し  30 1.0
13:05 上げ  80 3.0
16:15 下げ  60 6.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


専業トレーダーおすすめのメンタルトレーニング 体験記事はこちらです
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
成功の心理学、ドクターモルツのサイコサイバネティクス






お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.