2017年01月09日

トレードで儲からない理由 改善活動

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



成績向上のために改善活動をするのは、世の常識であろう。 日本の工業製品は、1ミリ、1円、1グラム、1秒、1ミリ平方を競い合うことにより、世界に抜きんでてきた。 今や、「KAIZEN」は世界の共通語である。 トレードにおいても改善活動を適用することによりパフォーマンスを向上できると考えるかもしれないが、これには大きな落とし穴が待ち受けている。 トレードにおいては、売買ルールを改善してはいけない。 なぜだろう。

改善活動によりトレードの期待値と確率的優位性が揺らぎ、トータルでプラスにならなくなるからです。 大数の法則を利用しているのですから、一度使い始めた売買ルールは少なくとも千トレードするまで変えずに使い続けます。 売買ルールを作った時にバックテストをしてトータルでプラスになるのが分かっているのですから、売買ルールはずっとそのままで良いのです。

使用中の売買ルールを改変する基準は、パフォーマンスが倍以上に改善される場合に限るほうがよいでしょう。 なぜならば、それ以下の改善率は確率の揺らぎに飲込まれてしまい、苦労に見合った収益が得られないからです。

売買ルールを改善するよりも、新しい売買ルールを追加する方が賢明でしょう。 例えば、押し目買い一本だった売買ルールに、綾押し目買いを追加するのです。 自身が行うトレードを、複数通貨、複数時間軸、複数ルールに段階的に近づけて行くのは、とても好ましい結果を伴うでしょう。

新しい売買ルールを追加する場合は、運用に先だって、ルール間の競合問題を解決しなければなりません。 たとえば、綾押し目買いのサインと押し目買いのサインが重複しないように、明確に線引きをしなければなりません。 ダブルトップ逆張り売りのサインと、押し目買いのサインが重複してはいけません。

今使っている売買ルールが相場に合っていない事を改善の理由とする場合は、ルールを作成した時に判明しているドローダウンを遥かに超えて損失を生み出していることを根拠としてください。 この場合は、即座にトレードを休止して、新たな売買ルールを作成する作業に取り掛かります。 

今使っている売買ルールが気に入らない、機能しない、パフォーマンスが低いといった不平不満の改善箇所は、売買ルールではなくトレーダー自身にあります。 売買ルール遵守技能が未熟であることを現しており、解決のためにはメンタルトレーニングとトレード実習が必要です。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

トレードで儲からない理由 時は金なり

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



人が遊んでいるときに働くから金持ちになれる。 時間当たりの生産性を高めれば、収益性が向上する。 「時間を無駄にするな」と教えられて私たちは育つ。 しかし、この習性が相場で金儲けするときの大きな障壁となる。 なぜだろう?

「相場にはマネーを産まない時間があるのさ (ジェシー・リバモア)」 この事実を理解できない、もしくは、受け入れたくないから、トレードを仕掛けるタイミングを待てないのである。

待てない理由は単純です。 「何か生産的な事をしなくては。 何もせずに過ごしてはいけない。」と信じているからです。 利益を得るためにできる事をしようと思い、方向性が不明瞭な相場でポジションをとってしまいます。 そして、日平均エントリー1回の売買ルールよりも、2回の売買ルールの方が優秀だと信じてしまいます。


タイミング・イズ・マネー


継続して儲けているトレーダーは、どんな値動きであっても利幅を採れる技能を持っているのではありません。 自分の間合いが来た時に限ってトレードを仕掛けます。 自分の間合いでない時には、黙ってチャートを観察し、無為無策に過ごしています。 全くトレードを仕掛けない日は珍しい出来事ではありません。

自分の間合いを待つ理由は確率的優位性があるからです。 いかにも上がりそうなチャートや下がりそうなチャートが現れたとしても、優位性が無い時にトレードを仕掛けるのは自殺行為です。

プロ・トレーダーはパソコンの前に座って時間を無駄に過ごしているのではありません。 蝋燭足が出来上がる度にサインを選別する作業を黙々と繰り返しているのです。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

トレードで儲からない理由 多角的視点

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



物事を多角的に観察することにより客観性を維持し、そこから得られた情報を総合的に分析することにより、次に打つべき手を論理的に考える。 当たり前ではないか。 これを自然にできなくては競争社会で生き残っていくことは難しい。 愚か者にはみじめな人生が待っているはずなのだが、相場の世界ではこれが通用しない。 なぜだろう?

相場では、値動きに理由がないため因果律が通用しない。 このフレーズを耳にした瞬間に、優秀な人ほど猛然と理路整然と反論して来るだろう。 世界が違えばそこで通用する常識も違うのだが、世界が違うことを認めない。 だから、ダメなのである。

相場で金儲けをしたい人間に求められる能力は経済理論ではない。 変動感覚と確率と自制心である。 理屈なく動き回るものを相手に複雑で高度な売買方法で挑めば、建玉と手仕舞いの判断基準が増えて迷ってしまう。 これでは儲けることが難しい。

血のにじむような努力をしても、5割である勝敗の確率が変化することはない。 トレードの勝率は3〜4割の間にあればめっけものである。 儲けるためにトレーダーがやるべき事は、売買方法を単純にすることにより、ぶれなくトレードを実行できるようにすることである。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

トレードで儲からない理由 相場の心理を読む

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



勝負の世界では、相手の心理を読むことは重要な戦術だという。 そして、自分の心理を相手に悟られないようにすることは、さらに重要な戦術だという。 トレード相手の心理を読めれば、高い確率で勝つことができるに違いない。 しかし、値動きをチャートの左から追いかけ、相場の心理変化を知ろうとすればするほど儲からないくなる。 なぜだろう?

そんなものは存在しないからである。 チャートを左から右に順に追いかけるのは、トレーダーが自ら育んだ変動感覚に値動きをインプットするためである。 相場心理の変化を暴露しているのではない。 相場の特徴は、取引相手の姿と行動が見えないことである。 そんな中で、自分を信じ切って売買ルール通りに取引を制御していくのだ。

自分が仕掛ける取引を邪魔する人もいない。 だます人もいない。 助けくれる人もいない。 相場では本当に独りぼっちである。 巨大な利益を上げられる局面が目の前にあったとしても、自分にその器量がなければ気づかずに見送ってしまう。 自分の器量に応じた収益がもたらされる、完全自己責任の世界である。

本当に心理を読むことが必要だとしたら、それは相手のものではない。 自分の心理である。 トレードにおける最大の敵は自分自身である。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

TPP離脱

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。
最も重要なのは、
絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。

ジェシー・リバモア




◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

−5分足チャート概観
安値を更新できないチャートです。 141.0におっかなびっくり触れては慌てて戻ります。 ロンドン勢の手仕舞い時間帯を挟んで120Pipsの下げが発生していますが、一発下げではどうにもなりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません



−週足概観
昨年8月9日週に195.0から反転急落しているレートが、4月17日週から152.0から162.0で綾戻しを描いていましたが、6月19日週の英国EU離脱騒ぎで急落しています。 下落するレートは7月10日週に130.0で反発を始め、12週間500Pips幅で調整を続きています。 10月7日週に、突然、安値調整の安値抵抗線を1000Pips下抜けましたが、さらなる安値更新を躊躇しています。 11月6日週の米国大統領選をきっかけにした反発は、EU離脱騒動で付けた安値ラインを2000Pips上抜けていますが、今週終値は先週終値を上抜けず、145円と言う心理ラインで上値を抑えられています。


£$ GBPUSD ポンドドル £$

−5分足チャート概観
めっちゃクチャ、やりにくいチャートです。 結果的には高値を当日高値を抜けて行くのですが、変動率が低すぎてお話しになりません。 こんなチャートは採れなくていいのです。


−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません



−週足概観
昨年6月21日週に戻り天井1.60から再巡行した下げトレンドが、今年2月28日週に1.39で目先底をつけて以来、600Pips幅で安値調整が続いていました。 7月の英国のEU離脱騒動をきっかけにレートが急落し、2009年1月以来の安値をつけてからの安値調整が12週間続いていましたが、10月7日に、突然、1000Pips下落し1.200付近に到達しています。 現在のチャートの形は、1.210を下限にして3週間続いていた安値調整からの反発です。 米大統領選をきっかけとした上昇エネルギーは強くありませんでしたが、反発の値幅は9月4日週から10月2日週までの下げ幅の50.0%に到達しています。 今週はRetracement50%高値を更新できず小幅な反落となり、Retracement38.2%で終わっています。


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

−5分足チャート概観
ロンドン勢の手仕舞い時間帯を挟んで100Pipsの下げが発生していますが、一発下げなので何ともしようがありません。 どうしても利幅を採りたいなら、1分足トレードですね。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません



−週足概観
昨年6月21日週に戻り天井140.0から再巡行を始めた下げトレンドが、20週移動平均線に沿って順調に下落を続けていました。 2016年6月19日週にあった英国のEU離脱騒動で1000Pips急落したレートが110.0から800Pips弱反発し、7月31日週から116.0から112.0の間で安値調整を継続しています。 大統領選のサップライズ後5週目にレンジを1500Pips上抜けています。 今週高値はRetracement38.2%に到達しましたが、蝋燭足は両端の髭が長く陽線同士が高なぐれている感じが悪い相場となっています。


€$ EURUSD ユーロドル €$

−5分足チャート概観
トランプが吠えていますが、50Pips幅で揺れ動いているだけです。 商売になりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません


−週足概観
2014年5月4日に1.40で発生した下げトレンドが、2015年3月18日に1.05で目先底をつけて以来、1000Pips幅で安値調整が続いています。 調整局面中の2015年11月28日週にダブルボトム的なチャートを描き1.05から値が反発しましたが、上げトレンドは発生しませんでした。 2016年6月19日週にあった英国のEU離脱騒動や米国の利上げ懸念にも拘らず、2年間の値動きの8割以上が1.080から1.140の間に収まる安値調整が続いています。 大統領選のサップライズ後3週目にレンジ下限1.050に到達しましたが、2週たった今週も下抜けていません。 今週の蝋燭足は上髭が700Pipsぐらいある陰線で、買い方が強くなかったことを表しています。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝

posted by 南部藩札 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

トランプ相場一巡... 相場に順番はない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです


良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。
最も重要なのは、
絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。

ジェシー・リバモア


◆雑感
今日のポンド円は負けっぱなし。 トレードとは本当によく負けるものである。 勝率が5割を超えることはない統計的事実があるのが分かっていても、よくもここまで負けるものだと感心する。 勝率が4割あったとしても、実にトレードの半分以上は負けているのだ。 勝率が3割ぐらいだと常に負けている感じだ。 「やるだけ無駄じゃないか」と、思えてくるのは自然だろう。

日頃から負けっぱなしなので、たまに勝っても嬉しさすら感じない。 「どうせ、また、負けるんだろう」と思いながら、注文のボタンをぽちっとクリックする。 自虐的な光景にすら思える。 何が面白いのだろう? 実に何も面白くない。 しかし、ルールに忠実に従っている限り、結果は「どうせ、トータルでプラス」なのだ。

勝負の世界で60敗40勝の戦績ならば、年齢や意気込みに関わらず引退したほうがよいだろう。 トレードの笑えるところは、戦績が70敗30勝でもトータルではプラスになり儲かっている事だろう。 「トレードで勝てるようになりたい。」 これは愚者の白昼夢である。


◆当日のイベント
ありません


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

−5分足チャート概観
190Pipsの上げです。 反対トレンドが連続する、やりにくいチャートのうえに、売買ルールの呼吸がまったく合いません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 07:45 16:45 逆張り買い  ダブルゼロ
 11:30 20:30 押し目買い  反転パターン
 17:00 26:00 綾押し目買い 移動平均反発



−週足概観
昨年8月9日週に195.0から反転急落しているレートが、4月17日週から152.0から162.0で綾戻しを描いていましたが、6月19日週の英国EU離脱騒ぎで急落しています。 下落するレートは7月10日週に130.0で反発を始め、12週間500Pips幅で調整を続きています。 10月7日週に、突然、安値調整の安値抵抗線を1000Pips下抜けましたが、さらなる安値更新を躊躇しています。 11月6日週の米国大統領選をきっかけにした反発は、EU離脱騒動で付けた安値ラインを2000Pips上抜けていますが、今週終値は先週終値を上抜けず、145円と言う心理ラインで上値を抑えられています。


£$ GBPUSD ポンドドル £$

−5分足チャート概観
140Pipsの上げです。 Retracement38.2%の価格帯をレートが揺らいでいます。 チャート全体としては反対トレンドが連続する、やりにくいチャートです。 しかし、ロンドン時間開始間もなく現れるダブルゼロ逆張り買いサインは急所です。


−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 07:15 16:15 逆張り買い ダブルゼロ



−週足概観
昨年6月21日週に戻り天井1.60から再巡行した下げトレンドが、今年2月28日週に1.39で目先底をつけて以来、600Pips幅で安値調整が続いていました。 7月の英国のEU離脱騒動をきっかけにレートが急落し、2009年1月以来の安値をつけてからの安値調整が12週間続いていましたが、10月7日に、突然、1000Pips下落し1.200付近に到達しています。 現在のチャートの形は、1.210を下限にして3週間続いていた安値調整からの反発です。 米大統領選をきっかけとした上昇エネルギーは強くありませんでしたが、反発の値幅は9月4日週から10月2日週までの下げ幅の50.0%に到達しています。 今週はRetracement50%高値を更新できず小幅な反落となり、Retracement38.2%で終わっています。


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

−5分足チャート概観
動きませんね。 休みにすればいいでしょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません



−週足概観
昨年6月21日週に戻り天井140.0から再巡行を始めた下げトレンドが、20週移動平均線に沿って順調に下落を続けていました。 2016年6月19日週にあった英国のEU離脱騒動で1000Pips急落したレートが110.0から800Pips弱反発し、7月31日週から116.0から112.0の間で安値調整を継続しています。 大統領選のサップライズ後5週目にレンジを1500Pips上抜けています。 今週高値はRetracement38.2%に到達しましたが、蝋燭足は両端の髭が長く陽線同士が高なぐれている感じが悪い相場となっています。


€$ EURUSD ユーロドル €$

−5分足チャート概観
トランプが吠えていますが動きませんね。 商売になりません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません


−週足概観
2014年5月4日に1.40で発生した下げトレンドが、2015年3月18日に1.05で目先底をつけて以来、1000Pips幅で安値調整が続いています。 調整局面中の2015年11月28日週にダブルボトム的なチャートを描き1.05から値が反発しましたが、上げトレンドは発生しませんでした。 2016年6月19日週にあった英国のEU離脱騒動や米国の利上げ懸念にも拘らず、2年間の値動きの8割以上が1.080から1.140の間に収まる安値調整が続いています。 大統領選のサップライズ後3週目にレンジ下限1.050に到達しましたが、2週たった今週も下抜けていません。 今週の蝋燭足は上髭が700Pipsぐらいある陰線で、買い方が強くなかったことを表しています。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝

posted by 南部藩札 at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.