2017年04月01日

トレードで儲からない理由 反省する

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



人間は反省するから進歩する。 反省とはPLAN-DO-SEE改善活動のSeeでもある。 自分の行いを振り返らないのは、愚か者の証しである。 しかし、この反省がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

相場に因果律が働かないからである。 トレードの勝敗原因は常に不確定だが、習慣的反省が在りもしない原因を創り出してしまう。 人間は欠点だらけ、反省ネタには事欠かない。 見当違いの原因で自分を責め苛め、的外れな努力に向かわせる。 懸命に行えば行うほど、物事がうまくいかなくなる。

世の中には人智を超えた物事が少なからずある。 そのひとつが相場の値動きである。 トレーダーを志す者には、「理解不能な物事が存在する事実」を認めて受け入れ、「値動きは分からなくといい」という信念を醸成する過程が必要になる。 「相場の値動きがさっぱり分からない自分」、それがあるべき姿だ。

色即是空
空即是色

大宇宙は謎だらけ。 因果関係が解明されてるものの方が少ないのだが、「考えたら分かる」と信じて疑わない自分の心の働きが厄介なのである。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

トレードで儲からない理由 不可能を認めない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



不可能への挑戦は人間のサガだろう。 私が生きている50年ほどの間に、運送方法は馬車からスペースシャトルまで進歩した。 素晴らしいことである。 しかし、相場では不可能への挑戦がトレーダーの足元をすくう。 なぜだろう?

克服不能な不可能だからだ。 相場で確実に勝ちたければ、将来を見通す能力が必要である。 しかし、人間が関わることができる時間は現在だけなので、将来を前もって知ることはできないし、過去を覆すこともできない。 将来と過去、それは神の領域である。

克服不能な不可能を認めないと、勝率50%を超える売買ルールを作ろうとしたり、トレンドの末端を知る法則を探求したり、レートの反転ポイントを指摘する理屈を作ろうとする。 何らかの形で売買ルールに予想を持ち込んだうえに、数量を最適化・最小化・最大化しようと苦悩する。

将来を知ることが不可能だから確率を利用して儲けるのだが、不可能を認めない気持ちが心のどこかに残っていれば、必ず、法則性を探求したい気持ちが湧き上がりトレードをダメにしてしまう。 不可能を認めるのは負けではない。 事実を受け入れた人間にのみ勝ちの道が開ける。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

トレードで儲からない理由 ないものねだり

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



「今日、晴れだったらよかったのに」 「海がある所で暮らしたかった」 「イタリアンレストランだとよかった」 人間はないものねだりが好きである。 ちょっとしたボヤキや感傷に過ぎず、言っていることには大した意味はない。 しかし、この習慣がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

現実を受け入れない心の下地を作り上げるからである。 潜在意識と言えば大げさだろうか。 相場の値動きを観ている時や、トレードを制御している最中にも、この手のボヤキや感傷が自動的に湧き上がってくる。 しかし、目の前にある現実は否定できない事実だ。

「これは自分が期待した現実と違う」と感じると、誤った現実を導いた原因は何かと思考が光の速度で進んでしまう。 否定できないものを否定する自分を正当化することにより、ありもしない現実(妄想)に対峙してやるべき事を考え出してしまう。 これでは上手くいくわけがない。

現実を創り上げているのは自分自身の行動である。 何かをやった結果を前もって知ることはできないのだから、起きたことは素直に認めて受け入れるしかない。 現実に対峙してやるべき事を考えて実行する。 それ以外に事を為す方法はない。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

トレードで儲からない理由 間違った選択を尊重しない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



思い通りの現実が訪れなかった時、人間は決まってこう言う。 「あれを選んだのは間違いだった。」 「失敗した。」 「あの時に間違えていたか。」 不快な結果を導いた自分の行いを後悔する。 一見体験から学んでいるようであるが、この思考様式がトレーダーの成長の道を閉ざす。 なぜだろう?

自己ベストを行った自分を尊重しないからである。 結果は不確定であり予測できないから、人間は現在に向きあい一番良いと考えたことを実行するしかない。 しかし、もたらした結果が気に食わないからという理由で、自己ベストを実行した自分を全否定してしまう。 これが、間違った選択を尊重しない事により、成長の機会を自ら奪ってしまう仕組みです。

一見間違ったと思える選択の積み重ねが、成功につながっているのです。 プロトレーダーに為る過程には、くぐり抜けなければならないたくさんの関門があます。 それが、どんな順序であらわれ、どんな姿であらわれ、どのようにくぐり抜けるかは、個人個人によって異なります。 なぜならば、価値観と認識が異なるからです。 しかし、全てのプロトレーダーが全く同じ関門を通り抜けてきているのです。

望まない現実には、望む現実を創り出すために必要な情報や経験が満載されています。 ところが、「どうせ、思うとおりの現実にならない」と推測して行動したり、「やっぱりうまくいかなかった」と結果を観察すると、問題や課題に潜んでいる答えが全く観えないため、成功への架け橋を理解することができません。 間違った選択など存在しません。 結果に関わらず、全ての選択は進歩のために必要なのです。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 00:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

トレードで儲からない理由 進歩を感じられない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



学校の勉強は楽である。 なぜならば、得点で進歩を如実に測ることができるからだ。 ちょっとした記憶力と根気さえあれば、得点はみるみる上昇する。 頭打ちになったところが能力限界で、他人との得点差が能力差となる定義である。 これを進歩の形式と信じている私たちには、修行半ばでトレードを投げ出してしまう人が少なくない。 なぜだろう?

自分が変化することが進歩なのですが、得点という現実が変化することを進歩だと信じているからです。  ここをはき違えているので、トレードが上達すれば、「儲けが大きくなる」、「勝ちが増え、負けが減る」、「商機が増える」などといった外部要因の変化を進歩を測る尺度にします。 トレードは数字と確率のゲームですから、どんなに上達しても、これら三つの要因が変化することはありません。

「思い通りの現実にならない。」 直面している現実から生じる感情、失望、不満などを基準にして現実に反応しいる間は、あなた自身が変わっていないので、何も変化しない現実が突きつけられます。 自分をちょっとだけ変化させて、それが現実に反映されるのを待ったり期待すると、やはり、何も変わっていないあなたを現実が映し出します。 これが、進歩を感じられない仕組みです。

あなたが進歩することと、現実のでき事は全く関係ありません。 
あなたが進歩するという事は、現実が変わろうと変わるまいと、
あなたの思考と行動が変わることです。
あなたが変わると、どんな現実が起きるかが気にならなくなります。 
あなたが変化をし続けると、やがて現実がそれを反映し始めます。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

トレードで儲からない理由 結果が全て

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



世の中結果が全てである。 どんなに努力をしても、どんなに苦心しても、結果が出なかった過程には何の価値もない。 結果が出るならば、どんな手を使ってもかまわない。 結果を出せない人間には存在価値がないといえるぐらいに、経済社会は結果に偏重している。 しかし、相場の世界では結果主義がトレーダーの足をすくう。 なぜだろう?

結果が常に不確定なトレードの世界では、トレードの結果よりもトレードを実行する過程に大きな価値があるからだ。 個々のトレードの勝敗とはコイン投げで裏表を当てるのとなんら変わりないのだから、トレーダーは結果責任を取りようがない。 トレードで大事な事は、ルールに完璧に従ってトレードを制御している事と、ルールが統計と確率によって作られている事、この2点である。

トレードは確率と数字のゲームである。 確率的優位性があるルールに従わなければ、トレードはトータルでマイナスになる。 ルールに確率的優位性が無ければ、トレードではなく博打になる。 コイン投げで儲けるためには、常に表に、または、常に裏に、賭け続けるように自分を制御しなければならない。 連敗にも連勝にも儲けた金額にも意味がない。

結果は過程ほど重要ではない
グレッグ・カペラ

もし、それでも、なお、結果が全てだというならば、あなたが見つめなければならない結果とは、確率的優位性があるルールを作った事、ルール遵守率を95%以上に維持し続けている事、この二つになります。 この二つを達成できれば、あなたは相場からお金を拾って来る身分になれます。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.