2013年12月22日

Forex Tester2をどのように仕事に組み込むのか?

FT2Long.jpg

単発でお薦めアプリを買ってみたところで、飽きてお蔵入りすのが関の山と思いませんか?(笑) FT2も御多分に漏れませんから、トレードビジネス全体における位置づけと役割を図に現しました。 このような方式に持っていく理由は、FX業者の個別事情から売買ルールの優位性を保護するためです。 

Overview of FX System.jpg


FX業者は、顧客獲得競争に勝ち抜くために業者間の差別化を図っていますので、それぞれの取引システムには特徴があります。
◆独自のチャートシステム
◆似て非なるインジケータ仕様と精度と種類
◆現在レートとスプレッドとスワップレート
スプレッドの違いを利用して通貨ペア別に業者を分けたり、時間軸で業者を分けたりすることで収益性の改善を見込めるメリットがあります。 しかし、業者の特徴に合わせて売買ルールを調整し始めるとルール検証結果が崩れてしまう致命的なデメリットがあります。

そこで、FX業者の注文アプリを取引指図に、国際大手取引システムのMT4チャートをトレードの判断に、それぞれ分けて使うアプローチをとります。 業者が示すレートとMT4が示すレートには微妙な違いがありますが、これを誤差ととらえ、MT4が示すレートを基準に建玉と決済をすることにより、自分のトレードが売買ルールに厳密に従うように制御します。

また、売買ルール作成においては、本番トレードで現行レートをMT4に表示させる国際大手取引システムの為替データを使用することにより、システム間差異に振り回されることを防ぎます。 国際大手取引システムが保管している為替データは、FT2のデータセンター機能を使ってダウンローできます。

国際大手取引システムとして利用できる業者は、国内ではアルパリ、FXCM、FXDD、Forex.comの4社です。 その中で私がお勧めするのは、外国為替市場のレートに最も近いFXCMです。

FXCMでは、2014年12月からインターバンク(外国為替市場)のレートをそのままMT4に表示します。(2014年10月21日追記)

百聞は一見に如かず、FT2無料体験版をダウンロードして、使ってみましょう。

売買ルールの検証とトレードに最適なパソコンをお探しの方は、FXトレード用パソコンの選び方を参考にしてください。


デル株式会社
Forex Tester2を動かすなら、DELLのパソコンにおまかせください。



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝

posted by 南部藩札 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Forex Tester2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.