2014年01月27日

FXトレード用パソコン DELL XPS8700を使ってみました。

当ブログをご訪問くださった皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

今日投稿するこの記事は、先日購入したトレード用パソコン、DELL XPS8700で書いたものです。 O/Sは、Windows8.1 64bit です。 パソコン本体の動作確認を兼ねて、先週末からトレードとブログで使ってみました。 このまま本番で使っていいかなって思うぐらい、出来栄えはいいですね。 何にもまして嬉しい事は、稼働音が聞こえないといっていいぐらい静かな事だ。

 *MT4
  FXCM、FXDD、FOREX.com共に問題なし。

 *FXプライム(Chrome & Java)
  Prime Navigator、選べる外貨Webツール、ハイスピード注文、
  ChartNaviPrime、すべて問題なし。

 *マネーパートナーズ(IE & Java)
  クイック発注ボード、WEB取引サイト、MPチャートnano、
  HyperSpeed NEXT、すべて問題なし。

 *SeeSaaブログ
  Chrome、IE共に問題なし。

 *World Clock 問題なし。

 *Office 2007 問題なし。

 *Forex Tester2 問題なし。(2014/2/1 追記)

本番トレード中と全く同じ使い方をした場合、CPU平均ビジーレートは10%を超えることはなく、メモリの使用状況も当初予想の5GB前後、ディスクへの書き込みも瞬殺、ブログを書いている最中にキー入力が遅延することもなくなりました。 トレードで使うアプリをすべてインストールした時のハードディスクの使用量は60GBです。 パソコンの起動時にサインオン画面が表示されるまでの所要時間は30秒以下です。

ビデオカードやそのドライバーのバグでJava画面表示がおかしくなることはありません。 GeForce GTX 645にはモニターを3台接続できるので、4通貨ペアの一分足と五分足チャートとFX業者の取引画面を表示するには十分です。

Windows8ではDVDの再生ができませんが、DELLがDVDプレイヤーを供給していますので、Windowsの新しいのエディションを購入して機能を増やすさずに済みます。 

ネットサーフィンしているときに、動画の表示やプルダウンメニューのクリックなどでChromeやIEのバグがぽろぽろ出てハングするが、本業で使う範囲では差し支えないようだ。
2014年5月には自動アップデートで自然沈静化して、何の問題もなく使えています。

Windows XPやWindows7でSKY DriveにアップしたファイルをWindows8.1で読めないものがポロポロあるのには恐れ入った。 「ファイルが壊れている」という趣旨のエラーが出てダウンロードはおろかプロファイルを見ることもできない。 ほんとかと思い、7やXPマシンからアクセスしてみると何の問題もない。 使えないものは無視すればよい、Googleドライブで十分間に合う。
2014年5月には自動アップデートで自然沈静化して、何の問題もなく使えています。 折り悪く、マイクロソフト社のSKY DriveからOne Driveへの移行期に当たったようです。

DELL2340Tと三菱RDT23iWM-Xをパソコンに接続してデスクトップを拡張表示しています。 DELLタッチモニターS2340Tの表示は格段に綺麗です。 三菱RDT23iWM-Xの表示は色あせていて暗くじゃぎじゃぎで不自然です。 白が青っぽくくすんで汚いのには驚きました。 当時、三菱のモニターは結構な値段だったのでちょっと寂しい感じがしますけれども、表示技術も日進月歩ということなのでしょう。 液晶のバックライトもLED照明に進化しています。 そして、タッチモニターはデスクの手前近くに置くが、通常のモニターはデスクの奥に置くという決定的な使い方の違いに気が付いた。

マルチタッチモニターとマルチメディアに必要なアプリケーションが一式、DELL2340T付属のDVDに入っているので必ずインストールしましょう。 画面輝度調整がクリックでできるので便利です。(2014/02/20追記)

私との感性が合わないだけでしょうが、DELL Display Managerで「自動モード」を選択すると、起動するアプリに応じて画質や音質が劣化する印象があります。(2014/02/20追記)
DELL Audioでは、「スピーカー/ヘッドフォン」の「スピーカー設定」でスピーカーサイズ「小」を選択すると、音質が改善される。 加えて、イコライザーで高音域と低音域のレベルを上げると、さらに音質が改善される。 これらのアプリはタスクバーにインジケーターとして隠れているので見つけにくい。 常にインジケーター表示しておくようにタスクバーのプロパティを変更するとよいだろう。 自動アップデートにより廃止されました。

私のトレード用パソコンは、待望の第4世代新CPU搭載デスクトップ---XPS8700です。 ミッドシップモデルにしては、出来過ぎです。
モニター接続インターフェースは、DisplayPort, HDMI, DVIの三個です。



FXデイトレードなら、DELLにおまかせください。
デル株式会社



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝





posted by 南部藩札 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386273585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.