2014年02月19日

クロス円、20週移動平均線上のダンス、GDP悪化の日

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心に溢れるリピーターの皆様、ブログランキングをクリックして下さった皆様、広告をクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。

概況
昨日のGDP悪化に相場は反応しました。 今日は黒田君が発言する日です。 週足を見ると、ユーロ円とポンド円共に2週前にいったん目先底を付けたようなチャートになっており、20週移動平均線にサポートされてレートが上昇し始めているように見えなくもありません。

EURJPYは110Pips下落した後、70%戻しました。
東京時間の垂直上昇を取ることはできません。 その後はソーサートップになるので、ルールがあてはまる人は少ないでしょう。 ニューヨーク時間の上昇は値幅が狭いので押し目買いで利幅を取るのは難しいですね。 ダブルゼロ逆張りは蝋燭足が汚くて決め手に欠けます。

GBPJPYは150Pipsの行って来い相場でした。
東京時間の垂直上昇を取ることはできません。 その後はソーサートップになるので、ルールがあてはまる人は少ないでしょう。 ロンドン時間の下げトレンドは順張りができます。 本日安値付近でダブルボトム逆張りができた方はおめでとうございます。 包み足逆張りルールがある人はニューヨーク時間の下げトレンドでおいしい思いをしたでしょう。

EURUSDは80Pips上昇しました。
東京時間のダブルゼロ近辺のうだうだには手を出さない方が無難です。 ロンドン時間に出現する順張りサインを待つのが順当です。 たった一回のエントリーでお腹一杯になれます。

GBPUSDは90Pipsの行って来い相場の後、60Pips下落しました。
上下のトレンドが交互に現れるうえに値幅が中途半端です。 一般的にはチョーやりにくいチャートですが、時間と値幅の関係に忠実にチャートを追うと、ロンドン時間の戻り天井ではダブルトップ、その後の、本日二番底はダブルボトムになっています。 蝋燭足パターンが合えば、この二回のエントリーで出来過ぎの一日になります。


ちっ(怒った顔) 投資家の習い がく〜(落胆した顔)
2Pipsはみ出しただけだから、OKしちゃおう


わーい(嬉しい顔) トレーダーの教え 手(チョキ)
1Pipsはみ出してもルール違反


1Pips, 2Pipsの差で蝋燭足パターンがエントリーサインにならなかったり、利確できなかったり、損切りできなかったりすることは少なくない。 「ちょっとぐらいなら」という温情が働いてしまうのは人のサガだ。 そして、「ちょっとぐらい」を許してたまたま利幅が取れると、ルールに「許容幅」を儲けてしまう。 本当は10Pipsなのだが、

ちっ(怒った顔)状況に応じて前後2%の幅を取っていいがく〜(落胆した顔)

とやり始める。 しかし、これは歯止めが利かないルール違反を許す温床になってしまう。

許容幅を設けることにより、検証したルールの確率的優位性と実際のトレードの確率的優位性が不一致になる。 つまり、検証していないルールでトレードをするのと同じことになるのだ。 良かれと思ってかけた温情が損を増産するのが現実だ。 しかも、この温情は自分を甘やかしているだけだから、温情の本質にも逆らっている。(爆笑)


東京時間
営業時間外なので、外野から野次を飛ばします。 09:10にダブルゼロ逆張りですね。 その後に出現する上げトレンドは観ているだけです。 他の通貨ペアは観ているだけです。


ロンドン時間のユーロ円:
上げトレンドの調整局面で開店しました。 押し目買いのサインを見逃さないように気を付けますが、下げトレンドになってしまいました。
18:35、戻り売り

オッと、ゆっくりレートが上昇していくではないか。 前もってわかっていたことではないので、気にする必要もない。 このトレードが勝とうが負けようが、期待値分の利幅が積み重なるだけだ。 勝っても負けても儲かるのだから、ありがたい、ありがたい。

ポンド円は、16:45に戻り売りです。 18:20の戻り売りのサインはイベントが近いので見送りです。 19:05の小さな切り上げダブルボトムは、左足と右足のかい離がわずかに規定を超えているので見送りです。


ニューヨーク時間のユーロ円:
上げトレンドの調整局面でニューヨーク時間になった。 押し目買いのサインが出ないまま、レートがダブルゼロに到達した。 蝋燭足パターンが合わないので、ダブルゼロ逆張りは見送りだ。 動意がはっきりしないまま閉店時刻になった。 ポンド円は観ているだけです。


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)
お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


トレーダーが一生使い続けるアプリ Forex Tester2 FT2Long.jpg
FT2体験記事は、こちらを参照して下さい。



昨日までのスリッページは0件です。

FXプライム(アプリS) 468×60
FXプライムもすべりませんね〜



−−−−−−−− 上達するために −−−−−−−−−
継続して収益を上げている現役トレーダー(お師匠様)に教わるのが上達の早道です。 松下誠先生は、開始から2年で個人資産1500万円を失いましたが、シンプルな投資方法を発見してから利益を上げ続けている方です。 私も一時期お世話になり目の覚める思いをしました。
松下先生の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっております。 トレードで成功したいは、一度松下先生の教えに接して下さい。


売買ルールはシンプルだが、実践するのは簡単ではない
私がトレーダーとしての価値観と認識を築きルール遵守技能を体得できたのは、ドクターモルツのおかげだと言って過言ではない。 セルフイメージとサーボメカニズムを活用して、自分の成功を創り出していくサイコサイバネティクスを利用したのだ。 ドクターモルツ自身がサイコサイバネティクスを語る無料ビデオは、こちらでご覧になれます。 また、分かり易く取りまとめた無料レポートはバナーをクリックしてお読みいただけます。
無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
ルール遵守できない方、ルール作りで泥沼にはまっている方、トレーダーとしての自信が持てない方、収益が不安定で伸び悩んでいる方は、サイコサイバネティクスを検討して下さい。 






posted by 南部藩札 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389117682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.