2015年02月28日

月末金曜日 米国 GDP下方修正

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


この日のポイント

月末金曜日なのでポジションクローズの値動きがもっとあっていいように思いますが、振り返ってみれば、ギリシャ騒動が一区切りしているので、馬鹿みたいなポジションを取っている人達は多くないということかもしれません。

値動きがない日は、どんな時にも値動きに理由をつけなければならないアナリスト連中が、刺激的なセールスコピーを振りまく傾向にあります。 嘘をつかないチャートに照らし合わせれば事実は一目瞭然です。
■ GDP下方修正でニューヨーク株式が下落した
■ リグの稼働率が下がり、原油先物が上昇した

株価が変動する姿にのみ意識を集中させよ。
変動の理由に気をとられるな。

ジェシー・リバモア
トレード中は株価に集中する


◆当日のイベント
16:00【独逸】輸入物価指数
22:00【独逸】消費者物価指数(CPI速報値)
22:30【米国】四半期実質国内総生産(GDP改定値)
23:45【米国】シカゴ購買部協会景気指数
24:00【米国】ミシガン大学消費者態度指数、住宅販売保留指数


£¥ GBPJPY ポンド円 £¥

◆値動き(下げ)
足踏み10日目、昨日は目先の185.00ダブルゼロを超える事ができずに下落しましたが、この日は上抜けに失敗ししています。
終値は、目先天井189.5から-470、買い方抵抗線175.5から+890です。

値動き(アジアを除く)
昨日 始184.8、終184.0、高184.9、安183.6、実-80 、幅130、比-60
当日 始184.0、終184.4、高184.9、安183.6、実+40 、幅130、比+40
目先抵抗線
売方 12/05~ 189.5
買方 02/03~ 175.5 
値幅 -1350 

◆5分足チャート
−概観
反対トレンドが連続するチャートですから、逆張りサインを見逃さないようにします。 サインを見送れば、トレードの勝敗に関わらず、期待値相当の利幅を失うことになります。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
 10:35 19:35 押し目買い  反転パターン

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに始まっている下げトレンドの目先底は、8時55分、ダブルゼロ+50ゾーンです。 反転上昇しているレートは押し目をつけた後アメリカ勢の参入時刻に向けて再上昇しています。 10時35分に押し目買いサインが現れていますので、アメリカのイベント前までに抜かりなく利確します。

−ロンドン午後
イベントの待ち合わせが目先天井を描いています。 アメリカのGDPイベントをきっかけに下落を始めたレートの目先底は、次のイベント直前の14時40分、ダブルゼロゾーン下側です。 逆張りサインは現れていません。 ロンドン勢の手仕舞い時刻に向かって、レートが反転上昇しています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、16時30分、ダブルゼロです。 ダブルゼロの上抜けに2回失敗したニューヨーク時間14時5分から、アメリカ勢の手仕舞い時刻に向かって、レートが60Pips下落しています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  30 1.0
08:05 下げ  70 1.0
08:55 上げ  40 0.5
09:30 押し  20 1.0
10:30 上げ  60 2.5
12:50 調整  20 0.5 米GDP
13:30 瞬変  30 0.0
13:35 下げ  50 1.0 
14:45 上げ 120 2.0 シカゴPMI、ミシガン大学
16:30 調整  30 2.5
19:05 下げ  60 2.0


€¥ EURJPY ユーロ円 €¥

◆値動き(下げ)
この日は、昨日の160Pips下落の安値圏で迷い、値動きがありませんでした。
終値は、目先天井149.5から-3520、買い方抵抗線130.0から+400、2月12日の目先調整天井136.5から-270です。

値動き(アジアを除く)
昨日 始135.2、終133.8、高135.2、安133.6、実-140、幅160、比-120
当日 始133.6、終133.8、高134.2、安133.7、実+20 、幅50 、比-000
目先抵抗線
売方 12/08~ 150.0 
買方 01/23~ 130.0
値幅 -2000

◆5分足チャート
−概観
値幅50のダブルゼロ攻防戦ですが、上抜けに失敗しているチャートです。 この日最長のトレンドの初動がV字なので、逆張りで利幅を採ることはできません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
アメリカ勢の参入時刻に向けてレートが上昇しています。 目先天井は、10時55分、ダブルゼロゾーン上側です。

−ロンドン午後
イベントの待ち合わせとイベントによる値動きが、ダブルゼロでのダブルトップを描いていますが、逆張りサインは現れていません。 下落しているレートの目先底は、次のイベントの14時45分、当日始値近辺です。 シカゴPMIとミシガン大学のイベントをきっかけに、レートとが反転上昇しています。 レートがダブルゼロに到達するまでの値動きで、ロンドン勢の月末手仕舞い時刻を迎えています。

−ロンドン手仕舞い後
この上げトレンドの目先天井は、16時30分、当日高値です。 その後、動意を失い横這いしています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 上げ  60 4.0 独輸入物価指数
10:55 調整  30 2.5
13:30 下げ  70 1.5 米GDP
14:50 上げ  80 1.5 シカゴPMI、ミシガン大学
16:30 下げ  40 4.0
20:25 調整  20 0.5


£$ GBPUSD ポンドドル £$

◆値動き(下げ)
この日は、昨日現れた130Pipsの包足陰線の安値付近で迷っています。 値動きには関係ありませんが、右上がりの移動平均線にサポートされているチャートになっています。
終値は、調整天井1.580から-370、買い方抵抗線1.495から+480Pipsです。 2012年安値、1.480まで570Pipsの位置にあります。

値動き(アジアを除く)
昨日 始1.554、終1.540、高1.554、安1.540、実-140、幅140、比-130
当日 始1.543、終1.543、高1.545、安1.539、実-000、幅60 、比+30
目先抵抗線
売方 10/28~ 1.620 
買方 01/23~ 1.495 
値幅 -1250

◆5分足チャート
−概観
値幅60のダブルゼロ攻防戦ですが、下抜けに再三失敗しているチャートです。 ダブルゼロ逆張り買いのサインを見逃さないように気を付けましょう。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法  サイン
 14:40 23:40 逆張り買い   ダブルゼロ

−ロンドン午前
ロンドン開場とともに始まっている下げトレンドの目先底は、10時0分、ダブルゼロゾーン下側です。 ダブルボトム的なチャートを描いて、レートが反転上昇していますが、逆張りサインは現れていません。

−ロンドン午後
アメリカ勢のポジション調整とイベントの待ち合わせが、上げトレンドの目先天井を描いています。 アメリカGDPイベントをきっかけに始まっている下げトレンドの目先底は、次のイベント直前の14時35分、ダブルゼロです。 綺麗なダブルゼロ逆張りサインが現れています。 シカゴPMIイベントは警戒対象ではありませんから買います。 反転上昇しているレートの目先天井は、ロンドン勢手仕舞い時刻の15時55分、ダブルゼロ+50です。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失って横這い調整しています。

−時間と値幅(アジア時間を除く)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  20 1.0
08:00 下げ  60 2.0
10:00 上げ  60 1.5
13:30 下げ  50 1.0 米GDP
14:40 上げ  60 1.0 シカゴPMI、ミシガン大学
15:55 調整  30 5.0


€$ EURUSD ユーロドル €$

◆値動き(下げ)
昨日、アメリカのコアCPIが予想を上回った事により、160Pipsの大幅下落をしましたが、この日は、アメリカのGDPが下方修正されたためか、値動きがありませんでした。
終値は、戻り天井1.260から-1420、買い方抵抗線1.110から+80で、2月3日の目先調整天井1.150から-310です。

値動き(アジアを除く)
昨日 始1.137、終1.120、高1.137、安1.119、実-170、幅180、比-160
当日 始1.120、終1.119、高1.124、安1.118、実-10 、幅60 、比-10
目先抵抗線
売方 10/15~ 1.290
買方 01/23~ 1.110
値幅 -1800

◆5分足チャート
−概観
60Pips幅のダブルゼロ攻防戦です。 トレンドの初動がイベントなので、利幅を採るチャンスはありません。

−サイン
ロンドン 日本  トレード手法 サイン
売買サインは現れていません

−ロンドン午前
アメリカ勢の参入時刻に向けて、レートがダブルゼロからゆっくりと上昇していますが、動意とは言い難いでしょう。

−ロンドン午後
アメリカのGDPイベントをきっかけに発生している下げトレンドの目先底は、次のイベント直前の14時30分、ダブルゼロゾーン下側いっぱいです。 シカゴPMIのイベントをきっかけに値をダブルゼロゾーン上側まで戻す値動きの中で、ロンドン勢の月末手仕舞い時刻を迎えています。

−ロンドン手仕舞い後
動意を失い、ダブルゼロを中心に横這いしています。

−時間と値幅(ロンドン時刻表記)
時刻  局面 値幅 時間 関連イベント
07:00 調整  50 6.0
13:10 下げ  70 1.5 米GDP
14:35 上げ  50 1.5 シカゴPMI、ミシガン大学
15:55 調整  40 5.0


わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART





お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXトレード日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414804905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.