2015年03月01日

トレード用モバイル通信の選び方

当ブログを初めてご訪問くださった皆様、向上心溢れるリピーターの皆様、広告やブログ・ランキングをクリックして下さった皆様、たいへんありがとうございます。 Hello, readers in worldwide.


モバイル通信の一般的な選び方は非常に簡単です。 お手持ちのケータイやスマホの会社の系列のモバイル通信を使用すると、通信品質が良いうえに「セット割り」が利き、トータルでお得になります。  お手持ちのケータイやスマホが、
● Docomoならば、フレッツ光モバイルパックLTE
● auならば、UQ WiMAX

● SoftBankならば、Y!mobile
のポケットWiFiルーターを購入します。 どの通信会社でも、カタログにある最大通信速度が出ることはありませんから、これに拘ると選択を誤ります。 月間データ量を家族や通信機器間でシェアできるうえに各種割引がありますので、全てのデータ通信契約を一社にまとめるのがコツです。


しかし、モバイル・トレードをする場合は、トレードスタイルにより選択肢が変わります。

● スウィングや日足
時間軸が長いトレードをする方、長期間ポジションを保有なさる方は、チャートを常時表示する必要がありませんから、格安スマホや格安SIMを利用することができるでしょう。 通信品質が気がかりならば、通信会社のWifiルーターやスマホ(テザリング)を使うと良いでしょう。

● デイトレード
営業時間中にチャートを継続表示していますから、速度制限がかかりにくい通信会社のWifiルーターを利用すると良いでしょう。 タイミングが全てのデイトレードには、一定以上の通信品質と大きなデータ容量が求められますから、低速大容量の格安SIMは無理があるでしょう。

余談

ポケモンGOに熱中している方は、スマホをWifiルーターにWifi接続して使うと、パケット代を大きく節約できます。



モバイル・デイトレードに必要なデータ容量

私はデスクトップを使って1日10時間トレードしています。 トレード中は、複数時間軸・複数通貨ペアのMT4チャートと業者の取引画面を表示していますが、MT4のデータ通信量(日量)は1チャートでも8チャートでも大差ありません。 食事などでトレードデスクを離れる際には、WindowsタブレットにMT4チャートと業者の取引画面を表示します。 そのほかに、1日3時間ほどをブログ投稿や調べ事に費やしてています。 ネットの動画や音楽を楽しむことはありません。 大事なデータはクラウドに毎日自動バックアップされていますが、データの更新は極めて少ないうえに差分バックアップなので、データ容量は知れています。
こういった使い方でのデータ容量は、WiMAXによる実測値で1週間で約7GBでした。 そうすると、必要な月間データ容量は30GB前後となります。


モバイル・デイトレードの実現方法


◆スマホでのテザリング
− 格安SIMを使わない
お金の力に任せます。 コストを遥かに上回る純利益があるから通信費用は気にしません。 月間データ容量30GBの料金は押しなべて月額2万5千円以上です。

− 格安スマホを使う
たとえば、音声対応SIMカード5GB月額2千3百円を契約し、残り25GBを1GBあたり千円で買い増しする方法がありますが... 悪趣味でしょう。 月額利用料は安くなる方向に変化していますが、通信品質が安定していなければトレードに支障をきたします...

◆ポケットWiFiルーターUQ WiMAX
UQ Flat ツープラス ギガ放題」は月額5千円ほどです。 ヘビーユーザーの方には、直近3日間のデータ容量が3GBを下回れば通信速度制限が解除される配慮があります。 ポケットルーターの中では平均通信速度がコンスタントに高速なので、一般道を走っている車の中からデイトレードができます。 かりに思ったほどの平均速度が出なかったとしても、ハイスピードモードのレベル(WIMAX 2+)で問題なくトレードできましたから、現時点で最も実用的なモバイル通信でしょう。


格安スマホへの乗り換え方

スマホユーザーの6割の方々がこの廉価サービスの恩恵にあずかる事ができます。 しかし、「かけ放題プラン」を活用している方と平均月間データ容量が7GB以上の方には利用価値がありません。

何にもまして大事な事は、格安SIM業者に乗り換えるタイミングを正しく選ぶことです。 通信会社から請求される高額な違約金とスマホ月額料金の二重払いを防ぐタイミング(契約終了月、月初、月末)を正確に選ぶことにより、初めて、格安SIM業者に乗り換える意義が生じます。 乗換にかかる各種事務手数料総額とSIMカード代だけでも8千円から1万円前後になることを肝に銘じ、費用節約に励んでください。

−本当に大変なのはデータ移行とID変更
SIMを入れ替えただけで、いつもの自分のスマホとして使えると思ったら大間違いです。 データ移行、ID変更、App設定と契約変更、個人情報変更作業、これが終わって初めていつもの自分のスマホとして使えます。 あまりに面倒なので1万円で作業代行してくれる専門業者まで現れる始末です。

データ移行できない通信会社のメールと連絡先への対処が頭痛の種になるでしょう。 通信会社のクラウドに保存してあるデータは消えてなくなりますので、乗換前にパソコンなどにダウンロードしてからGoogle Photo、Google Drive等の新たな預け先を探さなければなりません。

最も厄介なのは、Apple ID変更でしょう。 お手持ちのiPhoneのApple IDが通信会社のメールアドレス、@ezweb.ne.jp、@docomo.ne.jp、@i.softbank.jpになっている場合、iPhoneバックアップとApple ID変更という難作業が待っています。 iPhoneを完全にバックアップするためにはパソコンとiTuneとそれを使う知識が必要になります。 iCloudを利用する場合は、無料で使える容量は5GBしかありませんし、完全バックアップはとれません。

−乗換に失敗しないコツ
自分の使い方に不都合や不利益が生じない事を格安SIM会社に直接問い合わせて確認してください。 スマホの機種とスマホ販売元と格安SIM業者の組み合わせにより、できる事と程度が変わってきます。 これらは刻々と変化していきますので、通信会社から格安SIM会社に乗り換える(MNPする)場合は、乗換えにかかる総費用、どのデータを引き継げるのか、どの機能を引き続き使えるのかなどを直接問い合わせることが必要です。 ネットの情報を見て格安スマホの雰囲気を知るのはいいですが、それを信じて実行すると痛い目にあうでしょう。 


格安SIMのご紹介


◆ 最低契約期間縛りがなく初月基本料も無料なので、お気軽にお使いいただけます。→ スマホのパケ代月々月額972円(税込)から!安心の「OCN モバイル ONE」


◆ 低価格、無制限なベーシックプラン、動画やネットもスムーズなパックプランなど 利用するデータ通信量に合わせて、自分に合ったプランが選べます。→ 【楽天モバイル】


◆ 使い方に合わせて選べる豊富なプランで、選べる容量は20GBまで自由自在!→ DMM mobile データSIMプラン 1GB


◆ 通話もメールも電話も使い放題!→ Y!mobileのスマートフォンなら2,980円!


◆ LTE 3GのSIMいちねん割・スマホにねん割 特典がスタート! さらに、2月1日からスタートした、おトクな2つの特典を利用すれば最大9,800円の値引き→ 「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?


◆ 他社に先駆けてLTEの使い放題プランを提供 → 格安スマホ、SIMをお求めなら「U-MOBILE」


◆ au端末もドコモ端末も使える対応端末数No.1 → たくさん使う人も あまり使わない人も【格安スマホはmineo】



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414819761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.