2016年07月17日

なぜ勝てたのだろう



絶対に利益を出せない人の特徴
怠惰な人、感情をコントロールできない人
それに、手っ取り早く儲けようなどと思っている人

ジェシー・リバモア


また、夏の高校野球の季節がやってこようとしている。 高校野球の魅力は、一球一球に無名の選手たちの運命が乗っているところであり、ペナントレースをシーズンいっぱい繰り広げるプロ野球とは違っている。

特定の私立高校が優秀な選手を集める現在と違い、私が野球部に在籍していた当時は、どのチームが甲子園に行ってもおかしくない実力伯仲の世界だった。 優秀な指導者に導かれ、全力で練習をこなしてきたチーム同士の勝敗の行方は、試合をやってみるまで分からなかった。

ミドルエイジになった自分が仕事で悩んでいた頃、どうして野球の試合で勝てたのかを繰り返し考えていた時期があった。 「相手が勝手に負けてくれた!」 これが辿り着いた答えだった。 自分たちのチームは惜しくも決勝で敗れたが、やはり、試合中盤で勢いを無くした感が否めなかった。 

何がきっかけか分からないが、試合をしている最中に自信を失ってしまい、相手に勝ちを譲ってしまう。 これが、敗北のメカニズムだった。 自分に負けない。 この最低レベルの事を実行できれば、程度やカッコ良さはどうあれ、勝ちが必然的についてくる。


相場に勝つ必要はない
勝つべき相手は自分自身である。

ジェシー・リバモア



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです

お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝

posted by 南部藩札 at 23:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
南部藩札さん

いつも気になる(?)記事をありがとうございます。

この「諦めた時点で負け確定」の教訓は、何かを達成しようともがいている時に目にすると、毎度心に鐘が鳴りますね。「ごーん」と。

良いタイミングでブログにお邪魔して良かったです。まだまだがんばれそうです。

またお邪魔させて頂きます。
Posted by 白樹 at 2016年07月20日 01:22
白樹さん、ご愛読ありがとうございます。

言うのは簡単、やるのは大変です。
自分に負けたのを認めるまで、何十年も過ぎ去ります。
かくある私も、その一人です。(笑)

また、ごひいきに。


Posted by 南部藩札 at 2016年07月20日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.