2017年02月06日

トレードで儲からない理由 客観性への執着

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



「宇宙のどこかにある惑星で木が倒れた時に音はするのだろうか?」 これは、アインシュタインに投げかけられた質問である。 「音がする」と彼は答えた。 森羅万象の全てに意味や普遍的な法則性があると考えるのは個人の自由であるが、その宇宙観は主観(認識)の産物に過ぎない。 類稀なる天才はこれを理解できなかった。

宇宙物理学とは主観を共有する道具だが、宇宙そのものではない。 宇宙を知るために様々な方法で天体を観測をするのだが、そこで用いられる方法は人間が理解でき使いこなせるものに限られる。 つまり、有限の観測方法を駆使して、大宇宙に関する新たな気付き(学術的発見)を得るのである。

ここで勘違いしてはいけないのは、得られた気付きはもともと目の前にあったということだ。 そこにあることに気が付かなかっただけで、どこからか忽然と出現したのではない。 有限の観測方法から得られる発見は有限である。

トレードの世界ではこれと同じ事が起こる。 チャートを観察する方法は有限であり、値動きから得る気付きはもともとそこにあったものであり、単に気が付かなかっただけのことである。 ダブルゼロはトレードチャンスだと言われても、ダブルゼロ近辺のどんな値動きがトレードチャンスなのか気づくことができない。

今の自分に観えないトレードチャンスは、目の前でチカチカ光っていたとしても決して見えない。 かったるい蝋燭足の羅列に過ぎない。 しかし、変動感覚が醸成して行くにつれ、かったるい蝋燭足の羅列の中にチカチカ光るトレードチャンスが見えてくる。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446727375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.