2017年03月01日

トレードで儲からない理由 どれが現実か分からない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



現実を客観的にとらえることは大事です。 しかし、人間の脳は現実と妄想の区別をすることが大変苦手です。 何十年も人間として生きてきて、十分な教育を受け、人の道も実践しているのに、自分が見ている現実が妄想であるはずがない。 驚くことに、その反駁が自分が妄想を観ている事の証明です。 なぜだろう?

認識や信念といった心の仕組みを通して物理世界での出来事を解釈しているからです。 車を運転している状況で例えてみましょう。 
● 真黒なベンツを見かけると、やくざな人が乗っていると思う。
● マナー良く走っている車を見ると、まともな人だと思う。
● 軽自動車を見ると、軽くあしらいたくなる。
前述のような見識を偏見だと思っていただいて構わないのですが、問題となるのは、現実の解釈に伴う行動です。
● 真黒なベンツとのややこしい事に巻き込まれるのが嫌なので、
  不用意に車間距離をとったところ追突された。
● マナーが良い車に着いて走った結果、信号無視で捕まってしまう。
● 自車の進行を優先したため、軽自動車と出合頭の衝突をしてしまう。
自動車を「移動障害物」として観察できれば、最も妄想の程度が低い現実解釈となり、自ずから解釈に伴う行動が変化します。 その人の現実の解釈次第で事故率が激変するのです。 ここが大事です。

物理世界での出来事は中立です。 あなたに対して何の悪意もなく善意もありません。 出来事には何の意味も目的もありません。 物理世界での出来事に喜怒哀楽・快不快の味付けをしているのは、あなたの心の働きに因ります。 心の働きを動かしているのは、あなたの認識と価値観によって醸成された信念です。 拘りとよんでもいいでしょう。

トレードの出来・不出来は、あなたの現実解釈に依存しています。 何かに拘っている限り妄想の度合いを下げることはできません。 客観的に現実を捉えたいならば、役に立たない拘りの活力をそいで非活性化すると良いでしょう。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447497078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.