2017年03月07日

トレードで儲からない理由 能書き

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



能書きは大切である。 物や人を売り込むときには、能書きの出来栄えが決め手となることは少なくない。 事物を評論する時にも能書きをたれる能力は評論の信憑性を高めることに大いに活用できる。 レストランで彼女と食事をする時に、ワインや食事のうんちくを語れればかっこいいに違いない。 しかし、相場で金儲けをする時には、この能力が足を引っ張る。 なぜだろう?

レートは能書きに関係なく好き勝手に動き回っているからだ。 トレード技法やインジケーターの能書きは手前味噌でしかなく、勉強して理解した所で儲けにつながることはない。 能書きに拘りたいなら、トレーダーではなく批評家を目指せばよい。

そんなことはないと反論するのは自由だが、反論する前に、その能書きに惚れ込んだトレード方法やインジケーターを使ってバックテストをすることだ。 例えば、RSIが買われ過ぎになった時に売り、売られ過ぎになった時に買う。 これを最低500回繰り返すことにより、トレード結果が能書きに沿っているか分かってくる。

値動きに理由はなく、将来を前もって知ることはできない。 これを受け入れることを拒んでいるうちは、確率を活用して相場で儲けることは難しいし、確率を使うために統計をとることはさらに困難にだろう。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.