2017年04月03日

トレードで儲からない理由 不可能を認めない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



不可能への挑戦は人間のサガだろう。 私が生きている50年ほどの間に、運送方法は馬車からスペースシャトルまで進歩した。 素晴らしいことである。 しかし、相場では不可能への挑戦がトレーダーの足元をすくう。 なぜだろう?

克服不能な不可能だからだ。 相場で確実に勝ちたければ、将来を見通す能力が必要である。 しかし、人間が関わることができる時間は現在だけなので、将来を前もって知ることはできないし、過去を覆すこともできない。 将来と過去、それは神の領域である。

克服不能な不可能を認めないと、勝率50%を超える売買ルールを作ろうとしたり、トレンドの末端を知る法則を探求したり、レートの反転ポイントを指摘する理屈を作ろうとする。 何らかの形で売買ルールに予想を持ち込んだうえに、数量を最適化・最小化・最大化しようと苦悩する。

将来を知ることが不可能だから確率を利用して儲けるのだが、不可能を認めない気持ちが心のどこかに残っていれば、必ず、法則性を探求したい気持ちが湧き上がりトレードをダメにしてしまう。 不可能を認めるのは負けではない。 事実を受け入れた人間にのみ勝ちの道が開ける。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.