2017年04月05日

トレードで儲からない理由 ないものねだり

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



「今日、晴れだったらよかったのに」 「海がある所で暮らしたかった」 「イタリアンレストランだとよかった」 人間はないものねだりが好きである。 ちょっとしたボヤキや感傷に過ぎず、言っていることには大した意味はない。 しかし、この習慣がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

現実を受け入れない心の下地を作り上げるからである。 潜在意識と言えば大げさだろうか。 相場の値動きを観ている時や、トレードを制御している最中にも、この手のボヤキや感傷が自動的に湧き上がってくる。 しかし、目の前にある現実は否定できない事実だ。

「これは自分が期待した現実と違う」と感じると、誤った現実を導いた原因は何かと思考が光の速度で進んでしまう。 否定できないものを否定する自分を正当化することにより、ありもしない現実(妄想)に対峙してやるべき事を考え出してしまう。 これでは上手くいくわけがない。

現実を創り上げているのは自分自身の行動である。 何かをやった結果を前もって知ることはできないのだから、起きたことは素直に認めて受け入れるしかない。 現実に対峙してやるべき事を考えて実行する。 それ以外に事を為す方法はない。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.