2017年04月10日

トレードで儲からない理由 進歩を感じられない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



学校の勉強は楽である。 なぜならば、得点で進歩を如実に測ることができるからだ。 ちょっとした記憶力と根気さえあれば、得点はみるみる上昇する。 頭打ちになったところが能力限界で、他人との得点差が能力差となる定義である。 これを進歩の形式と信じている私たちには、修行半ばでトレードを投げ出してしまう人が少なくない。 なぜだろう?

自分が変化することが進歩なのですが、得点という現実が変化することを進歩だと信じているからです。  ここをはき違えているので、トレードが上達すれば、「儲けが大きくなる」、「勝ちが増え、負けが減る」、「商機が増える」などといった外部要因の変化を進歩を測る尺度にします。 トレードは数字と確率のゲームですから、どんなに上達しても、これら三つの要因が変化することはありません。

「思い通りの現実にならない。」 直面している現実から生じる感情、失望、不満などを基準にして現実に反応しいる間は、あなた自身が変わっていないので、何も変化しない現実が突きつけられます。 自分をちょっとだけ変化させて、それが現実に反映されるのを待ったり期待すると、やはり、何も変わっていないあなたを現実が映し出します。 これが、進歩を感じられない仕組みです。

あなたが進歩することと、現実のでき事は全く関係ありません。 
あなたが進歩するという事は、現実が変わろうと変わるまいと、
あなたの思考と行動が変わることです。
あなたが変わると、どんな現実が起きるかが気にならなくなります。 
あなたが変化をし続けると、やがて現実がそれを反映し始めます。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448869107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.