2017年04月13日

トレードで儲からない理由 臨機応変

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



物事を杓子定規にとらえて違う事を許さない。 馬鹿のひとつ覚えよろしく例外など認めない。 お役所仕事などが分かり易い例だろう。 進歩し続ける人の世には思考停止などあってはいけない。 状況の変化に向き合い、英知を振り絞り最善の対応をとる。 しかし、臨機応変な行動様式はトレーダーの足元をすくう。 なぜだろう?

確率的優位性を利用したトレードでは、同じ行動を何千回も繰り返すことによって儲けるからだ。 トレードの制御に裁量が入り込むとトレードの再現性が失われ、同じ行動を繰り返すことができなくなる。 したがって、相場の状況に応じて臨機応変にトレードしていると、トータルでマイナスになってしまう。 

例えば、損切りラインを20Pips前後と規定するだけでトレードは再現性を失う。 その時の値動きの雰囲気を感じて、危なそうなら15Pipsで損切りするだろうし、いけそうなら25Pipsで損切りするだろう。 利確ラインに幅を持たせるのも同様である。 時間と値幅の尺に余裕度を持たせると、最悪のトレードになってしまう。

トレードのルールとは極めて具体的に記述されたものであり、それに従うトレードの制御は杓子定規な行動である。 売買ルールとは無限の可能性を有限に絞り込んだものであるから、絞り込みの範囲に余裕を持たせても始まらない。 オンかオフか二者択一を容易にするために絞り込んだ境界線を明確に規定し、ルール遵守判定が揺らがないようにすることが大事である。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.