2017年04月17日

トレードで儲からない理由 試す

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



試してみる。 これは誰もが日常的に行っている。 ヤバければすぐにやめればよい。 結果がどうなるか確信が持てない場合は、ちょっと試してみるとよい。 やりたくない時の言い訳にも使える。 しかし、トレーダー修行では、試してみる習慣が成長を妨げる。 なぜだろう?

体験によって成長する機会を失うからである。 試すとは自分に何かを実行する許可を与えているに過ぎない。 試して上手くいかなかったら許可を取り消してしまうので、上手くいかなかったという事実に潜んでいる問題の答えを得る事ができない。 試すとは恐ろしい行いである。

なぜ試したいのだろう? 失敗したくないからである。 また、将来に確証が欲しい気持ちもあるだろう。 「試しならば失敗が許されるか」と、自問してみてはどうだろう。 お試しと本番の違いに価値を見出しているのは、この世で自分ただ一人ときづくだろう。 自己欺瞞である。

進歩とは、自分を変える事です。 自分を変える方法は、行動することです。 思ったり、考えたり、悟った気分になるだけでは自分は変わりません。 考え、実行し、結果を素直に受け止める。 この繰り返しが自分を進歩させます。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449098968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.