2017年04月24日

トレードで儲からない理由 同じだ・似ている

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



同じ過ちを繰り返すな。 立派なスローガンである。 物事の類似点を見つけ出し、傾向分析をし、記憶と結びつけ、将来を確証付ける。 過去の延長線上に確定的な将来が存在すると考える習慣である。 この習慣が、トレーダーの足元をすくう。 なぜだろう?

同じ事は二度と起こらないからである。 多くの人は信じられないだろうが、これは物理学的事実である。  似たような出来事・同じ出来事と感じているのは、過去の体験から連想して現在を観察している当の本人ただ一人である。 多くの人が「同じ」と感じている出来事は、プロパガンダのなせる業である。

同じチャートが現れたら・類似した値動きが起きたならば、それをサインとしてトレードを仕掛ける。 立派なスローガンだが、実現不能である。 違う所は具体的に指摘できるが、どのように値が動けば、同じなのか類似しているのかを具体的法則として書き下すことができない。 値動きとは似て非なるものである。

どのトレードチャンスも唯一無二のものである。 相場に参加しているたった一人のトレーダーが仕掛ける取引によって、値は上がりもすれば下がりもする。 そのトレーダーが取引を仕掛けた理由を知ることはできない。 知ることができたとしても、既にトレードチャンスを逸している。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.