2017年04月28日

トレードで儲からない理由 主観を軽んじる

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



私たちは成長する過程において客観性の大切さと社会規則への順応を叩きこまれる。 その対極にある主観性は軽んじられるか、あるいは抑圧するように教え込まれる。 その結果、客観的であれば賢く主観的であれば愚かだと信じる傾向が強い。 相場でお金儲けをする際は主観を軽んじる習慣が裏目に出る。 なぜだろう?

トレードは主観で行うものだからである。 多くの人がここをはき違えているので、相場に客観性や論理性を追求して挫折する。 主観という言葉が嫌いならばセンスに置き換えてはどうだろう。 例えば、イチローが一流プレヤーでいられるのは野球理論の大家だからではない。 野球センスが抜群だからだ。 

我思うが故に我在り

大方の人は客観性をはき違えて理解している。 レートが100Pips変動したのは客観的事実だが、地政学的理由による変動だと捉えた瞬間に主観に変貌している事を理解できない。 人それぞれの認識と価値観を通して現実を解釈したのだから、その時点で客観性は消失している。 人は、自分が正しいと信じているものを現実の中から見出しているに過ぎない。

トレードの胆は変動感覚である。 「これから上がるか下がるか」という予測感覚ではなく、売買技法を前提とした実践的で個人的な商機に関するフィーリングである。 同じ上げ相場に乗ったとしても、いつ、どのように売買したかで各々が抜き取った利幅が違う。 この違いがトレーダー各人のトレードセンスなのである。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449422300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.