2017年05月09日

トレードで儲からない理由 不平不満

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



世の中は自分の思い通りにならないことばかり。 文句の一つや二つは常にあっておかしくない。 楽観的な人であっても現実に対する妥協や諦めが暗黙の前提となっている。 不平不満を軽い気持ちで口にする習慣がトレーダーへの成長を妨げる。 なぜだろう?

自己責任を認めない習慣が身に付いているからである。 トレードをする時は、協力する者も、邪魔する者も、敵も、味方もいない。 自分の判断で売買を仕掛け、自分の判断で手仕舞う。 チャートと私、全てが自由だ。 自己責任の世界である。 

経済社会の規則にしたがって行動している限り、自分の責任を問われることはない。 異常事態が起きた場合の責任は常に他者にある。 制約された自由の世界で企画された行動をとっている。 他己責任の世界である。

改善要望や自己正当化という名の不平不満を口にすることは当然の権利である。 値動きが想定外だった。 経済見通しが間違っている。 ルールが機能しない。 インジケーターに騙された。 天変地異、紛争、悪いのは俺じゃない。 この権利を行使し続ける限り、相場の世界に必要な自己責任の習慣が身に付くことはない。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.