2017年05月15日

トレードで儲からない理由 自分でやろうとしない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



経済社会では人を動かす能力が高い人間が良い評価を受ける。 人に使われる度合いが高いほど給料も安い。 多くの人が理解するリーダーシップとは、人々に仕事をやらせる(指図)能力だろう。 この習性がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう? 

トレード技術を体得できないからである。 この習性があると他人の作業成果を利用して成長しようとする。 玉帳のフォーマット、売買ルール、インジケーター設定、トレーニング過程、トレーニング方法、値動き統計、上げ始めたらきりがない。

ノーハウとプラクティスをアセンブリしたところで相場で儲けられるはずもないのだが、やっている当人は成功のセオリーを突っ走っていると信じて疑っていない。 哀れである。

相場で金を儲ける。 これはれっきとした個人技である。 技を身につけるための訓練と努力は自分自身が行わなければならない。 同時に、相場に立つために必要な心を鍛えなければならない。 本を読んでも、ネットで調べても、考えても、始まらない。 相場で技を使うことで自己研鑽に励む以外に方法がない。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449914315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.