2017年07月04日

トレードで儲からない理由 サイン

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



相場で儲けるためにはポジションをとらなければならない。 世紀の相場師ジェシー・リバモアはサインに反応するトレードをしていた。 酒田罫線法を使う林輝太郎もサインに従ってトレードを制御している。 この二人は、「トレーダーはサインを識別する作業を延々と行っている」と語る。 しかし、われわれがどんなに目を凝らしてもチャート上にサインは見つからない。 何故だろう?

サインは売買ルールを定めた本人にしか見えないからである。 サインとは自分が規定するものであり、トレードコンセプトを統計的事実を利用しながらブレイクダウンしていくことにより見出すことができる。 サインを識別しやすくするためにインジケーターを組み合わせている場合があるが、インジケーター自体はサインではない。 したがって、インジケーターのパラメーターを真似ても儲けることはできない。 

林輝太郎は短期デイトレーダーではないが、彼の押し目買いルールは少なくとも千二百件以上の標本から導き出されている。 本として残っているジェシー・リバモアの売買ルールがどのようにしてつくられたかを知ることはできないが、現在価格からサインを見出す彼のテクニカルトレードに数学的根拠が用いられていたのは知られている。 ルール化されているトレード方法(罫線法と建玉法の組み合わせ)は再現性があるため、当事者以外の人間が学んで練習することによって体得することができる。

他方、大数の法則が働いた統計的事実を利用しないトレード方法では、値動きからサインを見出すことは不可能である。 このトレード方法は確率と無縁なため、評価損益から把握した収支現状に基づいて建玉数を増減することにより、締め日の収支を黒字化するアプローチをとる。 相場の状況見合いで流されていく裁量性トレードを当事者以外の人間が学ぶことは不可能である。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.