2017年07月22日

トレードで儲からない理由 リスクをとる

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



投資にリスクはつきものである。 ある程度の損を覚悟の上で投資をしているのだから、どの投資家もリスクをとっているといえよう。 いさぎよくリスクをとっているのだが収益はいつもぱっとしない。 なぜだろう?

リスクをとるとは「危険に立ち向かい大きな利益を得る」ことではない。 「危険から逃げ回り損失を極小にする」ことである。 トレーダーは不確定な投資結果から投資資金を守らなければならない。 正しいリスクのとり方は次のようになる。 過去事例から逆行値幅を事前に測定し、自分が受け入れられる損失額(1%ルール、2%ルール)に収まるならば投資をする。 収まらないならば、それはリスクをとれない危険な投資なので見送る。 投資をした場合は、評価損が自分が受け入れられる損失額を超えた時に全ての建玉を手仕舞う。

最も悪いリスクのとり方の例は、次のようなものだろう。 アメリカの大統領選挙(イベント)でトランプの勝ち(サプライズ)を見込んで、百万円儲ける目論見を立てる。 短期間で大儲けできるから三十万円ぐらいの評価損は我慢する。 投資額は二百万円である。 目論見が当たればいいのだが、価格が逆行すると評価損が五十万円を超えても我慢し続け最終的には塩漬けしてしまう。 ありふれた行動様式だろう。

アメリカ大統領選におけるリスクをとったトレードは、次のようになる。 どちらが勝っても負けてもどうでもよく、勝敗が決した直後の価格の急変動をやり過ごす。 急変動が終わりトレンドを形成した時点で、値が動いている方向に所定の金額を投資する。 タイミング悪く逆行した場合は所定の損失額で損切りする。 値が順行した場合は、最大利益を追求せずに所定の値幅で利確する。 損切りしようと利確しようと、値が動いている方向にさらに投資する。




相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.