2017年08月01日

トレードで儲からない理由 開業時の資金高

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



トレードで食って行くのだから生活費を上回る利益を上げなければならない。 トレードによる年収が三百万円以上、月収が三十万円以上あれば開業する意味があるというもの。 これを満足する開業時の資金高は、売買ルールのパフォーマンス(利回り)から逆算することができる。 少なくとも百万円単位の金額になるのだが、こうして開業した人達は次々と自滅していく。 なぜだろう?

身の丈に合った資金高を越えているため、損切り金額の迫力に耐えられずにルールを破ってしまうからです。 ルールを創る実力とルールを守る実力があり、損切り額の迫力に馴染んでいるからこそ、ルールに従ってトレードを制御することができるのです。 資金を守りたい一心からルールを破り自滅するのだから、人間とはおかしなものである。

やるに値する商売をするのは大切な事です。 しかし、十分な資金があるから収益が確保されるのではありません。 ビジネスを実践する十分な実力があるから収益が確保されるのです。 ここをはき違えて身を亡ぼします。

私も私のお師匠様も、開業時の資金高は十万円です。 何のためらいもなく損切りができ、ルール遵守率95%以上を一定期間持続しているならば、資金を段階的に増やします。 こうして、資金高が百万円の大台に乗り十万通貨単位で取引を始めると、短期デイトレードだけで食って行けるようになります。 個々のトレードから生じる損益額よりも、実力に応じて増えて行った資金がお金を生み出す有り様を見る喜びを味わいます。 これが相場からお金を拾って来る身分になった証しです。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:34 | Comment(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.