2017年08月04日

トレードで儲からない理由 資金管理計画

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



投資・投機はれっきとした金融ビジネスであり、起業者が成功に至る鉄則が存在する。 フランチャイズ商売のマクドナルドのように、ビジネスモデルを遵守して商売を制御することにより、ビジネスモデルが持っている利回りを獲得し続けるのだ。 ギャンブルの聖地であるラスベガスのカジノ場においてもこの鉄則が通用している。 しかし、経営が軌道に乗らないことが多々ある。 なぜだろう?

事業計画がお粗末、または、存在しないからである。 トレーダーの事業計画は資金管理計画によって定めることができるが、これを立案し実現するためには確率的優位性があるビジネスモデル(売買ルール)を使ってトレードをし、遵守率95%以上を維持する事が大前提となる。 下の表は、初期投資額十万円から開始する、月利30%のビジネスモデルを使用した事業計画の一例です。

資金計画 月利30% リスク2%.jpg

所定の月利を得るために必要な利幅は僅か300Pipsです。 適正な複利投資により資金が素早く自己増殖していく様子が分かります。 これをより現実的な計画にするためには、縦軸の経過月数をトレード回数に変更します。

残念な事に、裁量度が高いトレードを得意とする自称トレーダーは、このような資金管理計画を作ることができません。 なぜならば、トレードの再現性が低いため、売買ルールの期待値、リスク、パフォーマンスを測定することができないからです。 勝率も不確定であるためリスク・リワード比を定めることもできません。 トレードを250回行った時に、自分のトレードビジネスがどのような収益状況にあるのかを思い図ることは不可能です。 値動きと感性の相性で万事が決まるため、毎瞬の収益が黒字にあるように建玉を制御する以外に相場で儲ける方法はありません。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 01:38 | Comment(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.