2017年08月18日

トレードで儲からない理由 トレード記録(玉帳)

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



トレードで儲けられるようになりたければ、実行したトレードの記録をとれと言われる。 何を記録すればよいか分からないので、ネットで玉帳の書式を探して記録をとってみるが、作業が煩わしいだけでトレード技量が進歩している実感は全くない。 なぜだろう?

レビューに適合したトレード記録をとっていないからです。 玉帳とは、あなたがトレードを実行する様子を観察して改善箇所を見出すためにつけるものです。 不確定なトレード結果にトレーダーは責任を持てませんから、勝敗傾向からトレードの改善点を見出すのはお門違いです。

裁量度が高く再現性が低いトレードを行っている自称トレーダーの方々がつけるトレード記録は、値動きと感覚に振り回される記録内容ですから、玉帳ではなくジンクス帳と呼ぶ方がしっくりくるでしょう。 最も無意味な記録項目は、「その値動きを観た自分が何を思い、どう動くと考えたか」でしょう。 負ける傾向を掴んで排除すれば勝てるほど相場は甘くありません。

確率的優位性がある売買ルールを使うトレーダーが玉帳に記録する項目は次のようなものになるでしょう。 記録は、当日に行う部分と1ヶ月後に行う部分に分かれています。 後日行う記録は、Forex Testerで当日のトレードをバックテストすることにより、トレードの再現性を確認するためのものです。 これにより、ルール遵守判定の揺らぎを検出して、自分が行ったトレードの確からしさ観察します。

 ● 取引年月日  2017年7月13日(木)
 ● 通貨ペア名称 GBPJPY 5分足
 ● エントリー
  − 技法    ダブルゼロ逆張り買い
  − サイン   包足
  − 日時    19時45分
  − 玉数    30万通貨

 ● 逆指値
  − 自動指定  した
  − 技法    固定利幅
  − サイン種別 逆行20Pips

 ● エグジット
  − 技法    固定利幅
  − サイン種別 巡行80Pips
  − 日時    23時45分
  − 玉数    30万通貨

 ● トレードレビュー
  − 再現性確認日  2017年8月13日
  − エントリー遵守 Y
  − エグジット遵守 Y
  − 玉数遵守    Y
  − 逆指値遵守   Y
  − 再現性     あり


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:39 | Comment(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.