2017年09月04日

トレードで儲からない理由 千人に一人もなれない職業

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



世間では、「トレーダーに成れるのは千人に一人もいない」と言われているようだ。 また、トレーダーに成るための勉強を理解できるのは、やはり「千人に一人いればいい方」と言われているようだ。 トレーダーに成るのがこれほど困難な理由は何だろう? 

学習不能な裁量性トレードを学ぼうとするからです。 こうして多くの人はトレード技術を体得できずに諦めてしまうか、相場に打って出て討ち死にします。 他方、体系的に学習できる確率的優位性を使用するトレードを学ぶ人達は、悪くても百人に一人以上はトレーダーになっているだろう。 私のお師匠様やそのお師匠様を辿っていくと、ほぼ50%以上の確率でトレーダーとして成功している。 学び体得できるトレード技術かどうかのカギは、「トレードの再現性」にある。

裁量性の高いトレードの特徴は、ルールを編み出した本人にしかトレードを操れないことだ。 ルールを編み出す方法も個人の人生感や志向性に依存するため、真似をすることができない。 集める母集団は、自分が気が付いた売買法則の勝率と損益であって値動きではない。 気合と根性で平均利益を極大にし、ダマシとフェイントを見破って建玉する能力を鍛え上げる。 つまり、同じチャートを出されたら、前回よりもいい成績を出さなければならない。 トレードが再現してはいけないのだ。

確率的優位性がある売買ルールの特徴は、ルールを作った本人でなくてもトレードできることだろう。 時間と値幅の尺を使ってチャートを計測した値動きを統計母数としているので、個人のチャートの見立ては万人が理解できる。 売買ルールは小学生にでも実行できる簡潔明瞭で具体的な書き下しになっている。 どんなコンセプトでどのように儲けたいのかが一目瞭然である。 裁量度が極限まで小さい売買ルールを使ったトレードの再現性は100%といって過言ない。 トレーダーに為れるかどうかは、ひとえに、ルール遵守能力の体得にかかっている。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:26 | Comment(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.