2017年09月11日

トレードで儲からない理由 分散投資

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



「ひとつのバスケットに全ての卵を入れるな。」 あまりにも有名な相場格言だろう。 分散投資は投資リスクをヘッジする代表的な方法として、投資家の間に周知されているだろう。 だが、本当に、分散投資することによりリスクヘッジできるのだろうか?

嘘である。 投資先を増やせば増やすほど「全ての投資が同時に外れる確率が小さくなる」といっているだけのことだ。 これは、リスクを定量的に見積もらない素人の行動様式です。 これと違い、プロのトレードでは損切りによって定量的にリスクヘッジをします。 「リスクを定量化したトレードでは集中投資を行う。」 これが儲けの鉄則です。

一口に分散投資というが、FXではどのような投資方法が分散投資になるのだろうか。 例えば、ルールを複数持っている場合は、ルール別に建玉することが分散投資になります。 8種類のルールがあれば、資金が8分散します。 時間軸別に建玉することも、また、分散投資になります。 主要通貨別に投資するのも分散投資になります。 分散投資の最大の欠点は、ポートフォリオを変更できないことだろう。 塩漬けとは違う「死金」を創り出します。

投資損益 = 獲得Pips ] 投資高

順張り4種類、逆張り6種類、4通貨ペア、時間軸2種類、これだけの構えで相場に臨めば、集中投資のトレードチャンスはたくさん出現する。 他方、ドル、円、ユーロに資金を分散することで、主要なトレードチャンスを逃すことなく投資しているつもりになっているかもしれないが、その実、投資スケールは三分の一になっている。 さらにルール別に資金を分散するであれば、悪戯に資金を散逸するだけだ。 愚かである。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:12 | Comment(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.