2017年07月11日

トレードで儲からない理由 バックテスト

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



やっとこさの思いで作り上げたルールをバックテストしたところ、期待値(Pips)とパフォーマンス(利回り)が好く、なかなかの出来栄えだ。 喜び勇んでリアルトレードを始めるのだが、思ったような収益が得られないどころか損が積み重なっていく。 バックテストのソフトが役に立たないのか。 売買ルールが機能しないのか。 なぜだろう?

ルール遵守判定技術が未熟だからだ。 売買ルールの確率的優位性を機能させるためには9割以上のルール遵守率が必要なので、未熟なトレーダーがリアルトレードで儲けることは不可能である。 自分の行いの間違いを認める困難を克服する訓練が欠かせない。

確率的優位性を利用して儲けるとは、同じ行動を数多く繰り返すことである。 例えば、コイン投げで「表に賭け続ける」ことである。 これによって大数の法則(表が出る確率は二分の一)が働き、スコアがトータルでプラス(期待値✕回数)になる。 コインの表裏は自明だが、相場ではサインだと信じたくなる値動き(サインもどき)が現れる。

野球に例えれば、得点チャンスでの打撃である。 打とうと気負えば、ストライクゾーンから逃げていく変化球が絶好球に観えてバットを振ってしまう。 凡打を恐れて慎重になると、ど真ん中への失投を見送ってしまう。 あせってクソボールに手を出すとラッキー安打になってしまう。 どれも「打撃ルール違反」だが、わざとやったのではない。 そのうえ、安打になれば「結果オーライ」である。 自分の行動に違反を認めることは、このように困難である。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

トレードで儲からない理由 サイン

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



相場で儲けるためにはポジションをとらなければならない。 世紀の相場師ジェシー・リバモアはサインに反応するトレードをしていた。 酒田罫線法を使う林輝太郎もサインに従ってトレードを制御している。 この二人は、「トレーダーはサインを識別する作業を延々と行っている」と語る。 しかし、われわれがどんなに目を凝らしてもチャート上にサインは見つからない。 何故だろう?

サインは売買ルールを定めた本人にしか見えないからである。 サインとは自分が規定するものであり、トレードコンセプトを統計的事実を利用しながらブレイクダウンしていくことにより見出すことができる。 サインを識別しやすくするためにインジケーターを組み合わせている場合があるが、インジケーター自体はサインではない。 したがって、インジケーターのパラメーターを真似ても儲けることはできない。 

林輝太郎は短期デイトレーダーではないが、彼の押し目買いルールは少なくとも千二百件以上の標本から導き出されている。 本として残っているジェシー・リバモアの売買ルールがどのようにしてつくられたかを知ることはできないが、現在価格からサインを見出す彼のテクニカルトレードに数学的根拠が用いられていたのは知られている。 ルール化されているトレード方法(罫線法と建玉法の組み合わせ)は再現性があるため、当事者以外の人間が学んで練習することによって体得することができる。

他方、大数の法則が働いた統計的事実を利用しないトレード方法では、値動きからサインを見出すことは不可能である。 このトレード方法は確率と無縁なため、評価損益から把握した収支現状に基づいて建玉数を増減することにより、締め日の収支を黒字化するアプローチをとる。 相場の状況見合いで流されていく裁量性トレードを当事者以外の人間が学ぶことは不可能である。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

トレードで儲からない理由 時間軸と確率

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



相場で儲けるためには、統計をとることと確率を利用することが大事だとされている。 何の統計をとればいいのか、何の確率をとればいいのか、具体的な記述がない事がほとんどである。 200個の標本で統計や確率を求めると、大数の法則を利用した優位性があるトレードを仕掛けられるようになるというが、さっぱり儲かる実感がない。 なぜだろう?

標本数が少な過ぎるからである。 大数の法則を働かせた確率を利用したいのであれば、少なくとも千個以上の標本が必要である。 しかし、時間軸が長くなるにつれて集められる標本数が減っていくのが相場の現実である。 30分足以上を対象としたトレードになると標本数が足りないために、確率的優位性を利用した売買ルールを創ることは不可能になる。 したがって、長い時間軸でトレードする場合は、確率に依存しないトレード方法を探さなければならない。

他方、短い時間軸を使う短期デイトレードでは、大数の法則が働くのに十分な標本数を集められるので、確率的優位性を利用した売買ルールを創ることができる。 これは、同じ行動を数多く繰り返すことによりトータルでプラスを狙うトレード・コンセプトの産物である。 このトレード・スタイルの特徴は、ローリスク・ハイリターンであると同時に多額の資金を必要としないことだ。 

駆け出しのトレーダーにとって一番大事な事は、自分の身の丈に合った資金を使うことだ。 次に大事なのは、自分の性格に合ったトレード方法を体得して相場に向かうことだ。 身の丈に合った資金高とは、損切りをしても痛くも痒くもない金額の百倍か五十倍である。 他方、必要とされる資金高は、時間軸が長くなるにつれて大きくなる。 そして、トレードをする目的はお金を儲けることであってビッグになることではない。

世の中には色々なトレード方法があり様々な特徴がある。 どのトレード方法が正しく、どれが間違っているのではない。 長時間軸で儲けている連中もいれば、スキャルピングで月間千Pips以上の利鞘をコンスタントに稼ぎだす連中もいれば、数億円を15分で失う人もいる。 相場とはそういう世界なのだ。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

トレードで儲からない理由 母集団と確率

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



トレードの期待値や勝率を求めるためには、一定数以上の標本が必要である。 これを母集団と呼ぶ。 標本数が多ければ多いほど大数の法則により確率の信ぴょう性が高まる。 しかし、5百トレードを超えるような標本があっても、算定された勝率はトレード実態を表していない印象が否めない。 なぜだろう?

集める標本を間違えているからである。 ルール遵守した再現性があるトレードを標本にして勝率を求めると、標本数の増加につれて勝率が集約していく。 しかし、ルールの裁量幅が大きく再現性に欠けるトレードを標本にすると、標本数の増加につれ勝率が下がっていく。 もしくは、標本を取り直す都度ランダムな勝率が得られる。 トレードの勝率ではなく予想的中率を求めているのだ。 

百聞は一見に如かず。 コイン投げで、常に表に賭けた人、常に裏に賭けた人、それぞれの勝率を求めてみよう。 確率論ではどちらも50%になるはずだが本当だろうか。 実際に5百円玉を千回投げて検証した結果をお知らせしよう。

百回ごとの勝率
  一回からー百回まで、表の勝率52%、裏の勝率48%
ー百ー回から二百回まで、表の勝率58%、裏の勝率42%
二百一回から三百回まで、表の勝率47%、裏の勝率53%
三百一回から四百回まで、表の勝率56%、裏の勝率44%
四百一回から五百回まで、表の勝率49%、裏の勝率51%
五百一回から六百回まで、表の勝率53%、裏の勝率47%
六百一回から七百回まで、表の勝率49%、裏の勝率51%
七百一回から八百回まで、表の勝率46%、裏の勝率54%
八百一回から九百回まで、表の勝率44%、裏の勝率56%
九百一回から一千回まで、表の勝率49%、裏の勝率51%


250回ごとの通算勝率の変化
一回から二百五十回までの通算勝率、表52%、裏48%
一回から五百回までの  通算勝率、表52%、裏48%
一回から七百五十回までの通算勝率、表51%、裏49%
一回から千回までの   通算勝率、表50%、裏50%

千回賭けることにより表も裏も勝率が50%に集約している。 この状況を「大数の法則が働いている」とよぶ。 これは、トレーダーの卵が大数の法則と確率を体得するトレーニングである。 ほんの二時間ほどで終わる簡単な作業なので、確率を利用する技術が血肉骨になるまで繰り返し行うと良いだろう。

「常に表に賭けるルール」はコインの表が出る確率が50%である統計的事実を利用している。 これを「確率を利用した」賭け方と呼ぶ。 個々のコイン投げの勝敗に関わらず、千回賭けた頃には常に表に賭ける「ルールの期待値に応じた収益」が得られている。 この状況を「トータルでプラスになる」と呼ぶ。 コイン投げの結果は個人の意図で制御できない出来事(寓意的)なので確率を求めることができる。

このところの面が出た状況を分析することにより次に出る面を予想して賭けると、個々のコイン投げの勝敗が損益として積み重なり続ける。 ある時点での収支がマイナスになっている状況を「赤字」と呼ぶ。 プラスになっている状況を「黒字」と呼ぶが「トータルでプラスになった」とは呼ばない。 予想は個人の意図で制御できる出来事(恣意的)なので確率も期待値も求めることはできない。

どんなに高度で複雑な予想をしてもコインの表が出る確率は変わらないのだが、50%の確率で起こる出来事に賭け続けることができず、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の予想に走る。 愚かである。



千回コイン投げをした結果

う表表表表う表表う表う表うう表うううう表
表表う表表う表うう表うう表表ううううう表
表うう表表う表表う表表うう表う表う表う表
表う表表ううう表う表表表う表うう表表表表
ううううう表表表表表表表表ううう表うう表
ううう表表表う表う表表表表う表う表う表表
ううう表う表う表表表う表表表う表表う表表
表表表うう表表表う表うう表表表表う表うう
う表表表う表う表表表うう表表うううう表表
うううう表表ううう表表表う表表表表表表う
ううう表ううう表表表表表うう表う表表うう
表表表う表表うううう表うううううう表う表
表うう表うううう表表表うう表表う表表表う
表うう表ううう表表うううう表表表表表表う
うう表ううう表う表表表う表表ううう表表う
表表表表表うう表うううう表表う表表表表う
う表うう表うう表表表表う表うう表表う表う
ううう表う表表うう表表ううううう表表表表
う表うう表う表表表表ううう表表表うう表う
表表表うう表う表表表表表う表表う表表表表
表うう表うう表ううううう表表表表表う表う
ううう表表う表表表表ううう表表ううう表表
うう表ううう表うう表表表表表うう表表うう
う表うう表表うう表表表表表う表う表表う表
表う表うううううう表う表う表う表う表表表
うう表うううう表表表表表表表う表う表表表
表表うう表ううう表表う表表表表表表表う表
う表ううう表表う表う表うううう表表表表う
表うう表表うううううう表表表うう表ううう
表表う表う表表表うう表う表表う表表うう表
うう表うう表表う表表う表表表うう表表表う
表表表うう表ううう表表う表う表表う表うう
ううううう表うう表表うう表う表表表ううう
うううう表表う表表表表表うう表表うう表表
う表う表う表う表表う表表表うううう表う表
う表表うううう表う表ううう表表う表ううう
うう表表表表表う表表う表うううう表表う表
う表表ううう表う表う表表表表うううううう
う表う表ううう表う表う表表表う表う表う表
う表表うう表表ううう表うう表表う表う表表
う表う表う表表表表表ううう表うううう表う
う表うう表ううう表表う表表う表ううううう
うううう表表表うう表う表表表うううううう
表う表うう表う表う表う表う表表うう表表う
表う表う表表表う表表表う表う表うううう表
ううう表表う表うう表表う表表表表表う表う
表う表う表表う表ううう表表表表ううう表う
表うう表表うう表表う表表表う表表表表う表
う表うう表ううう表う表ううう表う表ううう
う表表う表ううう表表うううううう表表表表




相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

トレードで儲からない理由 トレードの期待値

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



大数の法則を利用した売買ルールには、ルール固有の期待値がある。 期待値を求めるには二つの方法、確率を個別に乗じる方法と平均する方法があるが、どちらも同じ値になる。 ルール遵守したトレードを繰り返していけば、個々のトレードの勝敗に関わらず期待値相応の収益が積みあがっていく。 しかし、さっぱり、理屈通りの収益が得られないのが現実である。 なぜだろう?

トレードの損益高 = 獲得Pips数 X 投資高

損益高(円)の期待値を求めているからだ。 どんなくそルールでも投資高に比例した損益高が得られるのだから、期待値を求めること自体がナンセンスである。 トレーダーが求めなければならないのは、獲得Pips数の期待値、すなはち、売買ルールの期待値である。

大方の人は勝ちトレードと負けトレードの平均金額の和から期待値を算定している。 平均金額にする理由は、相場の成り行き次第で損小利大を追求しているため具体的な売買ルールが書けないからである。 裁量幅が大きいトレードは再現性に欠け勝率すら定かではない。 このようにして算出された期待値は願望の産物に過ぎない。 捕らぬ狸の皮算用である。

宝くじの期待値が算出できるのは、宝くじ枚数と各賞当選確率と賞金額が事前に判明しているからだ。 これと同様に、売買ルールの期待値が算出できるのは、統計母数とトレードの再現性が確保されているからだ。 宝くじが何枚か売れる度に各賞当選確率や発行枚数が動的に変化するのでは期待値を求められない。 トレードの再現性がなくても相場で儲けていると主張するなら、統計をとる必要がないし確率を利用する必要もない。 お分かりだろうか? 

「1トレード当たり何円儲かるか」には価値が無い。 しかし、「売買ルールの平均利回り」には一目を置く価値がある。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

トレードで儲からない理由 建玉を工夫する

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



エントリー方法を極めたところで勝率が5割を超えることはない。 視点を変えて建玉方法を工夫すれば、少ない玉数でコツコツ負けて、大きな玉数でドカンと利益を得る事ができるのではないか。 「損小利大」はトレードの鉄則である。 しかし、この着想に目が眩んだトレーダーの卵は成長を遂げることなく脱落していく。 なぜだろう?

玉の操作はエントリーよりも、はるかに難しいからだ。 単一エントリー&単一建玉を満足に実行できないトレーダーが、分割建玉で成功することは絶対にない。 もし、単一建玉がもたらす収益に不満だから玉数を増やすのであれば、それは相場で金を追っているにすぎない。 損切り金額の迫力を克服していないトレーダーが己の器量を超えた資金を相場で運用するのは単なる自殺行為である。

分割建玉方法を具体的に考えてみると良い。 3回分割建玉するならば、エントリータイミングを事前に3個定義しなければならない。 建玉数の比率は、1:1:1なのか1:2:3なのか1:3:9なのか。 レートが順行した場合、どこで何をどれだけ利食いするのか。 レートが逆行した場合、どこで何をどれだけ損切りするのか。 正解が無い問題である。

単一エントリー&単一建玉を体得するだけでお金に不自由しない暮らしが営める。 食って行ければいい程度の収益を目指す10万通貨単位レベルのトレードならば、永遠に分割建玉を体得する必要はないだろう。 分割建玉を体得したいならば、単一建玉が不可能なぐらいに資金が大きく成長してからで遅くない。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.