2017年06月07日

トレードで儲からない理由 サプライズをねらう

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



大方の思いに反する出来事が起きた時を世間ではサプライズと呼ぶようだ。 相場でこれが起こると値が大きく動くといわれている。 サプライズの統計をとると良い仕掛けポイントが分かるに違いない。 しかし、これをやるとドツボにはまる。 なぜだろう?

めったに起きない出来事の統計をとることはできないからだ。 サプライズで儲けるルールを創ることはできない。 そもそも、サプライズ無しで儲けられるチャートの方が圧倒的に多いので、サプライズをスルーした方がパフォーマンスが向上する。 残念な事実である。

では、教科書通りに値が動かなかった時の統計をとるのは有意義ではなかろうか。 サプライズまでとはいかないが多くの人の裏をかけば儲けられるのは道理だろう。 しかし、大方の思いをあざけるように、値はいつも好き勝手に動いている。 そもそも、教科書通りの値動きとはどんなものだろう? 言葉遊びである。

相場で儲ける方法はたったひとつ、値が動いた方向にポジションをとることだ。 チャートに現れたサインに反応する。 それがトレーダーの仕事である。 サプライズを含め、値動き理由を考えるのはトレーダーの仕事ではない。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

トレードで儲からない理由 エントリー統計をとる

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



こんな事をしたらどんな結果になるだろう、どんな傾向が現れるだろう。 有用性をシミュレーションで検証する方法は世の中で是認されている。 しかし、シミュレーション的な着想をトレード修業にとりいれるとドツボにはまる。 なぜだろう?

修業中のトレーダーはシミュレーションに値する特定の行動様式を持続できないからである。 持続能力を獲得できた時点でトレーダー修業が終わると言えるほど、その体得は困難である。 サインをぶれることなく識別できるならば、既にプロである。

例えば、明けの明星で逆張りをするルールを作ったとする。 しかし、あまりにも多様な明けの明星がチャートに現れるため、統計母数に取り込むパターンと取り込まないパターンを区別する基準が作れない。 具体的な基準を作れたとしても遵守能力が未熟である。 インジケーターを応用した場合でも同様な壁にぶち当たる。 

基準を創れないからルールを創れないのである。 したがって、基準を見出すためにやるべき事は、値動き統計をとることである。 値動きの統計的特徴を知っているから、適切なエントリー方法を編み出すことができるのであり、利確・損切りの値幅を調整することもできるのである。 原因と結果をはき違えていて統計をとると、その作業は徒労に終わる。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

トレードで儲からない理由 期待に反する結果

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



何らかのビジネスを始めたのは良いが、当初期待していた結果が得られない場合、その商売を手仕舞うことを考える。 ビジネスの舵取りでは全力を尽くしてきたはずなので、当事者以外の領域に撤退の要因を見出し納得するだろう。 この当然と思える行動様式がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

得られた結果は自分の行動を反映したものだからである。 この物理法則を受け入れると、トレードはもちろん、トレード以外の領域でも物事が好ましい方向に転がり始める。 ただし、その過程で起きることは期待する結果とは一致しないだろう。

思ったほど儲からない。 ルールが創れない。 統計をとれない。 資金が貧弱だ。 ボラが低い。 期待に反する結果が得られたからやめる。 とんだお門違いである。

未来は与えられるものではない。 未来は待ち受けているものでもない。 未来は自分の行動で創り出すものだ。 行動によって得た結果が気にいってもいらなくても、直面した現実を受け入れて自己ベストの行動をとる。 未来を知り得ない人間にできることは、これを黙々と繰り返すことだ。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

トレードで儲からない理由 納得できない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



納得できないから受け入れない。 納得できないものには従わない。 納得できないのだから、自分の何かを変えて適応する必要はない。 騙される恐れすらある。 至極当たり前の行動様式だが、これがトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

納得できないものを受け入れることで人間は進歩するからだ。 相場の世界に初めて足を踏み入れた人間にとって、相場で起きる出来事は非日常的でとても納得できるものではない。 しかし、人間は未知の世界での体験を理屈なく受け入れることで進歩を遂げる。

相場の現実を受け入れない。 これが相場から退場する人達の共通点である。 自分が暮らす日常世界の相似形として相場の世界を捉えているので、自分が培った見識が相場の世界でも通用すると信じて疑わない。 自負心があだとなり、未知の世界がある事実を受け入れない。

この世に関する何の予備知識もないまま人間の子供は産まれてくる。 そして、この世のあるがままを素直に受け入れ、体験から学ぶことで子供は自ら成長を続けていく。 納得できないことを理由に成長を拒む子供は一人もいない。 環境に適応できないものには滅びの運命が待ち受けているからだ。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

トレードで儲からない理由 資金力頼み

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



経済社会では現金をたくさん持っている人間の勝ちである。 資金高が一定額を超えると何もしなくてもお金が勝手に増えていく。 資金力を物理学に例えれば、位置エネルギーや質量に等しいだろう。 しかし、金の力を利用する習性がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう?

トレードはお金を創り出す手段だからである。 したがって、どんなにお金をつぎ込んでも下手なトレードではお金を増やすことができず破産してしまう。 しかし、トレードが上手ければ少額の資金を劇的に増やすことができる。

「資金力がなくて負けた。」 相場が戻って来るまでの逆行に耐えるだけの資金があれば勝っていたという意味である。 損切りをする知識と技量と度量を持ち合わせていなかった、未熟者の捨てセリフである。 

先行きが見えない相場で金儲けをするためには確率を利用するしかない。 勝率が5割を超えることはあり得ない。 トレード方法に応じたリスク・リワード比を遵守することによって資金を増やすことができる。 1トレードにおける損切り額は資金高の2%以下に抑える。 たったこれだけのことができないために、今日も多くの人が相場から退場していく。



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

トレードで儲からない理由 自分でやろうとしない

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



経済社会では人を動かす能力が高い人間が良い評価を受ける。 人に使われる度合いが高いほど給料も安い。 多くの人が理解するリーダーシップとは、人々に仕事をやらせる(指図)能力だろう。 この習性がトレーダーの成長を妨げる。 なぜだろう? 

トレード技術を体得できないからである。 この習性があると他人の作業成果を利用して成長しようとする。 玉帳のフォーマット、売買ルール、インジケーター設定、トレーニング過程、トレーニング方法、値動き統計、上げ始めたらきりがない。

ノーハウとプラクティスをアセンブリしたところで相場で儲けられるはずもないのだが、やっている当人は成功のセオリーを突っ走っていると信じて疑っていない。 哀れである。

相場で金を儲ける。 これはれっきとした個人技である。 技を身につけるための訓練と努力は自分自身が行わなければならない。 同時に、相場に立つために必要な心を鍛えなければならない。 本を読んでも、ネットで調べても、考えても、始まらない。 相場で技を使うことで自己研鑽に励む以外に方法がない。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎



わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)


モバイル・トレードなら UQ Flatツープラス ギガ放題 が最適です




お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.