2017年02月24日

トレードで儲からない理由 展開を読む

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



相場に長じている者は、相場の展開を先読みすることができるという。 当の本人が言うのだから、その能力を否定するのは無意味であり、「へぇ〜、君凄いね」と個人特性を尊重するしかない。 残念な事に、相場の展開を先読みできても相場で大儲けできるわけではない。 なぜだろう?

トレードで儲けるためには次の5つの情報が全て必要で、さらに、この情報に従って躊躇なくトレードを仕掛ける実践能力が必要だからです。
   ● 何年何月何日の何時何分に
   ● 何円で
   ● 何を
   ● どれだけ
   ● 買うのか、売るのか

「押し目つけて、さらに上昇していくな〜。」 「素人が買い始めたから、そろそろ天井だな。」 こんな読みは、トレーダーにとって何の意味がないどころか有害です。 展開を先読みできても思ったほど儲からないから、統計的事実(確率)を利用してトレードしている事を忘れてはいけません。

相場の展開が読めなくても、経済の仕組みが分からなくても、売買ルールを遵守していれば儲かるのが相場の現実です。 やらなくていい事に物・金・時間をつぎ込むから、いつまでたっても儲からないのです。 神秘的な能力に磨きをかける暇があるなら、統計のひとつでもとりましょう。 


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

トレードで儲からない理由 計画を立てる

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る


計画を立てられない者は愚か者のそしりを受けます。 思い描く将来を現実化するために計画を立て行動するのは、経済社会生活では当然のことです。 しかし、計画を立てる能力はトレーダーの進歩を阻害します。 なぜだろう?

人間は将来を知ることができない事実を認めないからです。 これは、トレーダーに欠くことができない「値動きは意のままにならない」信念が根付くのを阻害します。 「意のままにならない」ものを相手に計画を立てることはできませんが、計画を立てるから意中の将来が得られると反駁します。

もっと手厳しい事を言えば、人間は、「自分が今何をしているのか」を知りません。 裏目に出ることを期待して良かれと思う事をしているのではありませんが、してみないと結果は分かりません。 どのような結果も偶然の賜物ですが、自分の力で結果を導いたと思ってしまうところが笑えます。

将来を知ることができない人間にできることは、「今この瞬間にベストを尽くす」ことだけです。 そのためには、妄想にとらわれず現実を受け入れてしっかりと向き合うことが必要です。 あなたは過去に生きてるのではありません。 未来に生きているのでもありません。 

今生きている、現在が全て



相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

トレードで儲からない理由 無限の自由

無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
FXトレードで儲けたいなら、これがおすすめです。 体験記事はこちらです



相場で傷を負いたくなければ、
事実、現実、論理から1ミリたりとも離れない事だ。

ジェシー・リバモア 息子に語る



人間の社会生活は規則に縛られている。 あれはだめ、これもだめ。 大凡のやりたい事には何らかの制約がかけられている。 もっと自由に考えて、もっと自由に行動できたら、もっと人生が楽しく、もっと素晴らしくなるのではないか。

他方、相場で行うトレードには全く制約がない。 全てを自分一人の意志で行え邪魔だてする人はいない。 完全に自由な世界なのに、ほとんどの人がお金を失い人生の苦渋をかみしめる。 なぜだろう?

自由との接し方を知らないからである。 トレード仲間の一人がこうつぶやいたことがあった。 「相場には規則がないので、何をすればいいのか分からなかった。 規則があれば、その枠組みの中で自分の行動を決められる。」 おかしな内容の発言だが、課題を正確にとらえているだろう。

トレードは博打と似たところが多いが、本質的な違いがあります。
● どれぐらい損するか
● どれぐらい得するか
● いつ、どれぐらい賭けるか
この三つを全て自分で決められる自由を、どのように取り扱うかにトレードの神髄があります。 「相場は自己責任の世界」と言われる由縁は、ここにあります。

自由と上手に接する方法は、自由を制約することです。 人間のおつむは無限の組み合わせを処理できるほど高性能ではないので、可能性を有限に絞り込むことにより自分独自の行動様式を創り上げて対処します。 これは人間が獲得した生活の知恵です。

たとえば、千円でリンゴを何個買えるかは簡単に分かります。 しかし、リンゴとミカンになると答えが複数あり、落とし処をどうするかで悩みます。 どんな果物の組み合わせでもよく、お金もいくら使ってもよいとなると、何をどれだけ買えばいいか途方に暮れます。 週に一回、リンゴを2個、ミカンを5個、時価で買うと行動様式を定めると、一日一個果物を食べて健康を維持する習慣が生まれます。

無限の自由を有限に絞り込んだ産物、それが、トレーダーが使う売買ルールです。 売買ルールに従っている限り、トータルで儲けることができます。 トレーダーの技とは、効果的な売買ルールを編み出すこと。 トレーダーの心とは、売買ルールに忠実にトレードを制御できる姿勢にあります。


相場の上達の本筋は、自分自身にある

心理的な訓練と向上
売買技術の練習と上達

林 輝太郎




わーい(嬉しい顔) どうせトータルでプラス 手(チョキ)



お師匠様に感謝、相場に感謝、ルールに感謝、皆様に感謝、広告主様に感謝


posted by 南部藩札 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | トレードについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
状況が問題なのではない。 自分の在り方が問題なのだ。

Cicumstances do not determine state of being.
State of being determines circumstances.